FXオプション運用関連記事をまとめてあります。一応、「米ドル円三方よし戦略」と呼んでいます。概略は以下のページでまとめています。

 

 

実際に運用記録をここでまとめています。

FXオプション「三方よし戦略」現実の運用記録記事一覧

米ドル円買いポジションの買値を下げる仕掛けをしています。今回は109.50⇒109.00円へと50銭下げられる予定です。この仕掛けが確定するのは8月7日です。この取引は、単純なFX売買によるものではなく、FXオプションを活用したもので、公開運用を続けている米ドル円三方よし戦略によるものです。参考記事:米ドル円三方よし戦略この仕掛けには、「制約」もあります。その部分も含めて解説記事としてまとめてみま...

FXオプション魅力の一つが「含み損抑制効果」です。この効果を活用して手堅く利益を伸ばしていく目的で運用しているのが「米ドル円三方よし戦略」です。参考記事:米ドル円三方よし戦略この効果がどのようなものかの測定のための基礎資料をまとめました。この検証でお見せできるもの含み損抑制効果そのものの測定と確認含み損抑制効果の「限界」皆様のFX取引に有益となる「含み損抑制効果」の理解の一助として頂ければと思って...

米ドル円プットオプションでの新規ポジションを作成しています。その内容と今後の目論見をまとめました。このポジションは、米ドル円三方よし戦略によるものです。参考記事:米ドル円三方よし戦略7月5日時点の概況などまとめています。+46410円 作成ポジション内容今回作成した米ドル円プットオプション売りの約定内容です。この概要は以下のようになっています。米ドル円プットオプション売り 内容作成日:2019年7...

6月27日時点、米ドル円下落が一段落した感がでてきています。私の「FXオプションを使った米ドル円買いポジション」も決済をしています。その内容と既存ポジションの概要などについてまとめました。米ドル円三方よし戦略については下記ページにて詳しくまとめています。参考記事:米ドル円三方よし戦略まずは、決済内容からご覧くださいませ。+3,540円 スワップポイントよりも強力なプレミアム利益サクソバンク証券で本...

米ドル円プットオプション売り3万通貨新規で作っています。「米ドル円三方よし戦略」によるポジションです。このポジション内容とこれまでの運用成績などについてまとまました。参考記事:米ドル円三方よし戦略米ドル円108.48円で作ったFXオプション内容薄赤色部分が今回作成した米ドル円プットオプション売りです。米ドル円値108.48円時点で作成したもので、以下の内容になっています。通貨ペア:米ドル円種類:プ...

FXオプションの権利行使は、経験してみないとわからないところが多い制度です。私のポジションを元に解説させていただきます。FXオプションの権利行使とはFXオプションは、権利行使日という期日が決まっています。このときのポジション清算方法は2つあって、権利行使によってFXポジションへと引き継ぐ方法(スポット)と現金清算する方法(キャッシュ)です。参考記事:FXオプション権利行使方法「スポット」と「キャッ...

そろそろ長期保有前提の米ドル円買いポジションを増やしていきます。こういう時に有効に使えるのが三方よし戦略です。参考記事:米ドル円三方よし戦略「上がって良し、下がって良し、動かなくて良し」この特徴を使って、5万通貨のプットオプション売りポジションを作成しています。その状況をまとめました。無理に買う必要もない。下がるのであれば、現在値よりも安値で米ドル円買いポジションを作る仕掛けを入れておきたい。そん...

少し、大きな変動が落ち着いてきたような気がします。値動きが緩やかになると、FXオプションならではの損益構造が見えてきます。それがどのようなものか、実際の運用記録でご確認下さい。5月17日 米ドル円「下がってもよし」となるカラクリ5月17日の米ドル円三方良し戦略ポジション状況です。含み益30,100円+含み損ー104,200円=74,100円の含み損というこという状況です。。このFXオプションポジシ...

米ドル円が動き出しています。FXオプションで仕掛けてある米ドル円三方よし戦略の状況についてまとめました。「上がって良し」「下がって良し」「動かなくて良し」の想定通りになっているかどうか確認していきます。米ドル円が本当に下がったけれど大丈夫?そんな心配されている方もいるかもしれませんね。今回、「米ドル円三方良し戦略」の記事を始めて読まれる方は、目次の「米ドル円三方よし戦略 概略」からお読みになってく...

今回の戦略は以下の特徴があります。米ドル円が上がってよし米ドル円が下がってもよし米ドル円が動かなくてもよし米ドル円相場がどのように動いても、自分にとっては良い結果になる予定のポジションです。伊藤忠商事の経営理念などで有名な近江商人の「三方よし」にあやかり、「米ドル円三方よし戦略」と呼ぶことにします。FXオプションを使うことで、これが可能になります。

先週の雇用統計で仕掛けたストラドル買い(参考記事:上げ下げどちらでもOK 雇用統計はストラドル買いで勝負)の結果です。仕掛け時の記事を読まれていない方は、最初に仕掛け時の記事を読まれてからの方が良いかもしれません。FXオプションで使っているのはサクソバンク証券です。

本日、米ドル円でコール・オプション売りポジションを作っています。今回の設定は以下のような場合に使えるFXオプション戦略です。米ドル円買いポジションを長期保有している。「●●円になったら決済したい」という決まった水準がある。でも、その水準はまだ数円上で届かない状況だ。既存のFXポジションを活用して少し利益を増やしたいというような時に使えます。

2018年5月1日、日本時間午後1時30頃にRBA(オーストラリア準備銀行)による政策金利発表があります。据え置きはほぼ確定と言われているのですが、今後の方向性に注目が集まっています。この発表の影響を皆様はどう見ているでしょうか?私は、「サプライズで上昇」か「がっかりで下落」のどちらかへの大き目の値動きが起きるのではないかとみています。こういう状況の時に使えるポジションが「ストラドルの買い」です。...

FXオプションを使った疑似スワップ投資の実験経過を記事としてまとめていくことにしました。このやり方で、ある程度の利益率を確保出していけそうだという手ごたえを感じ始めたからです。前回記事:FXオプションでの「スワップ投資の可能性とリスク」についての考察で確認できたFXよりもローリスク・ローリターンで出来るFXオプションの特徴を活かし手堅く増やす研究をしていきます。疑似スワップ投資という呼び名は、仮名...

FXのスワップ投資に似た運用を、FXオプションにて行っています。今回より、「FXオプション プレミアム取り」という呼び名でいきます。今回で3回目の経過検証となります。前回記事:FXオプションを使った「疑似スワップ投資」検証 その2の続きになるので、今回初めての方は前回記事をお読みになってから先に進まれることをお勧めします。

FXオプションプレミアム取りポジションとして保有していた豪ドル円プット・オプション売りポジションを昨日決済しています。昨日記事FXオプションプレミアム取り検証その6を書いた時点では決済の予定はなかったのですが、決済に至った理由とその後の売買などについて記事にまとめました。

昨日、新規のFXオプションポジションを作成しています。今回も「プレミアム取り」で行います。USDTRYの買いを検討していたのですが、一方的な上昇でFXオプションでの新規権利行使価格設定がされなくなってしまいましたので、今回は見送りすることにしました。当面は、のんびりプレミアム取りに専念します。

昨日AUDUSDでのFXオプションポジションを決済してから、FXオプションプレミアム取り対象通貨を再検討しました。検討の結果USDZARに決め、FXオプションプレミアム取りポジションを取った次第です。ここから11月までで最大20万円前後の利益を目指していきます。USDZARを選んだ理由や経緯などについて記事にまとめさせて頂きます。

円高になりそうな雰囲気が出てきました。スワップ投資で長期保有のポジションを保有していると不安になってしまう時でもあります。もしも、手持ちポジションを活かして、実質1日50円の費用で円高対策が出来るとしたらどうしますか?実質コストは1日50円でできるFXポジション+FXオプションでの円高対策を今回はご紹介します。

豪ドル円買いポジションをFXオプションで1万通貨作りました。FXオプションを使って、「FXとほぼ同じ利益が狙えて損失は限定する」という性質の豪ドル円買いポジションにしています。うまく使えばFXよりもリスクを減らした運用ができるかもしれません。そのための実験ポジションです。

豪ドル円82円台なのに、77.5円の買いポジションが発生しています。凄いおいしい話のように思われるかもしれませんが、それなりに裏がありますのでご説明させていただきます。このポジション、レバレッジ64倍並+損失限定の豪ドル円買いポジション1万通貨投下と同じ方法で作ったものです。

世界中が注目している米中首脳会議、どういう流れになるにせよ相場は大きく動きそうです。上げ下げの予測は難しいですよね。こんな時に利益を狙える方法をご紹介します。上げるか下げるかわからないけれど大きく動きそう。FXオプションを使えば、こういう時でも利益を狙えます。

米ドル先高傾向のあった時期に米ドル円売りポジションを撤退させるために作ったFXオプションとの合成ポジションが、本日時点で合計損益プラスとなってきました。無事撤退と出来そうなのですが、当初の予定とは違う形で興味深いものになっています。その辺を今回の記事でまとめてみました。

お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2200回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ