トラリピ運用記録記事一覧

6月成績確定、7月の仕掛け方針などについてまとめました。トラリピの手数料完全無料化が今月より始まっています。これまで手数料負担を意識して躊躇しがちだった保有ポジションの手動決済なども、ストレス少なくできるようになりそうです。手数料完全無料化を、こんごの機動的な運用に繋げていきます。トラリピの特徴などはここでは、下記ページにてまとめています。マネースクエア トラリピ検証中私のトラリピ運用の特徴運用実...

2019年7月からトラリピ手数料完全無料化となることが発表されています。トラリピが更に使いやすくなりますね。トラリピの特徴などはここでは、下記ページにてまとめています。マネースクエア トラリピ検証中私のトラリピ運用の特徴運用実積⇒月1万円利益ペースで2017年3月より運用中運用開始時資金は100万円決済トレールを活用した設定がおおいです。自動売買主力で、たまに手動での豪ドル円売りをいれます。相場急...

メキシコペソ円設定の売買が活発になってきています。ここのところの売買状況と戦略をまとめました。トラリピの特徴などはここでは詳しく書いていません。下記ページにて、私なりの見解をまとめてあります。マネースクエア トラリピ検証中私のトラリピ運用の特徴運用実積⇒月1万円利益ペースで2017年3月より運用中運用開始時資金は100万円決済トレールを活用した設定がおおいです。自動売買主力で、たまに手動での豪ドル...

トラリピ口座、5月までの成績と6月からの運用体制と目論見などについてまとめました。設定内容も入れ替えて、激変も予想される相場に挑んでまいります。トラリピ口座 2019年5月成績概況5月26日までの成績5月27日〜31日までの成績トラリピ口座、2019年5月はシステム変更の影響で5月26日までの成績と、それ以降月末までと報告書が2通に分かれています。合計成績は以下の計算のとおりになります。5月26日...

トラリピで豪ドル円設定を本日投下しています。大局的に、豪ドル円の弱い展開はまだ続くとみています。設定内容と今後の方針などについてまとめました。豪ドル円新規売り設定内容と方針豪ドル円売り設定です。設定値76.10円は設定時点の豪ドル円値76.09円より1銭でも高くなったら入るようにしました。この設定は、設定本数1本だけです。相場状況をみながら1本1本丁寧に仕掛けています。考え方は、以下のページにてま...

トラリピ口座、2019年5月21日までの運用状況です。最後の方で、私のトラリピ運用の基本的な考え方もまとめています。5月トラリピ運用 豪ドル円売り継続5月21日時点の5月成績です。利益確定14100円+スワップポイントー535円=13,565円です。5月20日、久々に豪ドル円売りを仕掛けていて、75.85円で2万通貨のポジションを作っています。5月前半に豪ドル円売りで利益を上げてから、暫くは様子を...

トラリピ運用、現在の状況をまとめました。前月からの大きな変化としては、豪ドル円売り仕掛けを増やしています。トラリピ ここまでの成績トラリピ口座の月別成績です。5月8日現在の今月分利益は3800−484=3316円というところです。デコボコはあるもののここ数ヶ月は月1万円くらいのペースです。10連休中も利益確定があり稼いでくれました。私達が休んでいても稼いでくれる自動売買ならではの利益ですね。5月も...

私のトラリピ運用は、強制ロスカットされにくい安定運用を心掛けています。トラリピの安定運用の目安としてご利用頂ければと思います。トラリピの特徴などはマネースクエア トラリピの特徴と使い方でまとめています。4月23日時点 最近追加したトラリピ設定数日前に設定したトラリピ設定です。売り指値は79.50円です。この設定説明は、トラリピ一本仕掛けにてまとめています。これまでの成績状況経過や考え方などは、この...

トラリピ口座、2019年4月26日の運用状況です。2019年4月損益累計利益含み損益12,810円246,358円-272,600円運用原資ここまでの利益率運用開始年月1,000,000円24.63%2017年3月(25カ月経過)トラリピも運用開始から2年が経過します。これまでの累計成績を表にまとめてみました。運用開始からの累計利益率は24.63%ということで年換算でちょうど12%ペースです。この...

トラリピ口座を提供するマネースクエア社で「10連休対策「入金応援」キャンペーン」が2019年4月1日より始まりました。口座に入金しておけば「マネースクエア ポイント」が貰えます。4月末までのキャンペーンで、取引要件はありませんので、今から口座開設しても十分に間に合います。新規口座開設キャンペーンとダブルで頂けるので、是非活用してください。今回は、「10連休対策「入金応援」キャンペーン」の効果的なポ...

トラリピで仕掛けている豪ドル円売り1本仕掛けによる豪ドル円売りが好調です。この仕掛けを効果的にやっていくためのポイントをまとめました。「豪ドル円が当面弱そうだ」という見通しの場合に有効な戦略です。現在のように下げても大きく下げずに戻ってきてしまう往来相庭ではうまく機能します。

米ドル円売りポジション保有で気になるのがマイナススワップポイントです。トラリピ口座では、そのマイナススワップポイントを低減するキャンペーンを実施中です。スワップポイント差だけであれば、スワップポイントサヤ取りに使えそうな通貨ペアもあります。それらの注意事項などについてまとめました。円高に備えたい方には強い味方です。

トラリピ口座は、手数料無料化以降もポイント制度が存続しています。証拠金残高+取引高でポイントが貯まります。この他に大口投資家向けに「スリーミリオン倶楽部」という会員制度も存在しています。使い方によっては面白そうなので、今回記事中で紹介させていただきます。

トラリピ手数料無料化、遂に始まりました。これによって、今まで通りの売買をしていても単純に利益が増えることになります。私達ユーザーにとっては有難いことです。今回の無料化でうれしいことがもう一つあります。それは、手数料無料なのにマネースクエア ポイントもつくことです。これまでは、手数料の●%という仕組みだったので手数料無料化とともにどうなるかと思っていたのですが、良い方向で継続となっています。投資家に...

トラリピ口座で決済トレール注文内容を変更するため再稼働させて2週間近くが経過しています。米ドル円で大きな動きはないものの、利益確定決済回数が14回くらい発生しています。この段階で、決済トレール効果などをまとめておきたいと思います。

4月21日より始まったトラリピ手数料無料キャンペーン、期間中稼働させた設定はキャンペーン終了後も当面手数料無料となるという今までにないメリットがあります。そのメリットを活かして本日追加入金100万して新設定を稼働させていますので記事にまとめさせて頂きます。

米ドル円・豪ドル円など通貨を問わずトラリピはスワップポイントが低目になっています。でも、スワップの特例を活用することで受け取るスワップポイントを最大3倍程度まで増やすことが出来ます。その条件や注意事項についてまとめました。この方法、トラリピで塩漬け気味のポジションをお持ちの方には特に有効です。マネースクエア トラリピ検証中

とっても地味な話ですが、トラリピのようなリピート系自動売で堅実にやっていくためのコツの一つは「長く続けること」です。せっかく利益がでていても、1回1回の利益額が小さいせいかリピート系自動売買を途中で止めてしまっているケースがよくあります。トラリピ口座では、継続を意識した取り組みとして「トラリピマラソン」というものがあります。やる気のでるユニークな内容なのでご紹介させていただきます。

リピート系自動売買のリスク計算をするのに便利なツールをみつけました。トラリピで提供されている「らくとら運用試算表」です。トラリピ用ですが、ループイフダンなど他のFX口座のものでも基本パターンのものであれば簡易試算ツールとして使えそうですので紹介させていただきます。口座開設者が使えるサービスです。

トラリピ口座で毎日のように利益が発生しています。新設定は20銭とこれまでよりも狭目にしたせいか、利益本数が増えました。小さな利益の積み上げですが、数ヶ月も続ければ数万円・数十万円という金額になっていきます。

南アフリカランド円売りスワップポイントー50円まで引き下げた業者さんが登場しています。南アフリカランド円スプレッドとスワップポイント比較 2016年最新情報で上位常連のくりっく365の140〜150円との差は約100円です。よ〜し、スワップポイントサヤ取り(異業者両建)の大チャンス!こう思った方、ちょっと待って下さいね。利用時の留意点をまとめました。

マネースクエアが、期間限定ではありますが「全通貨ペアのスワップ金額のスプレッドをゼロ」にしています。これだけであれば、くりっく365やDMMFXと同じになっただけなので特筆するほどでもないのですが、実際のレートが興味深いので紹介させていただきます。

トルコリラ円両建てポジションを本日完全決済しました(参考過去記事:トルコリラ円両建て)。トルコリラでの両建ては、今回初めてやったのですが他の通貨ペアとは違うところもあったので記事にまとめておきます。今回両建てで使ったのか、以下の2社です。買い:買いスワップポイント 最高水準常連のくりっく365売り:売りスワップポイント 最低水準常連のマネースクエア

トルコリラ円の売りポジション用口座としてマネースクエア開設から最初のトラリピ設定をしました。マネースクエアのトルコリラ円は売りポジション時のマイナススワップポイント支払負担が少ないという特徴があります。その特徴を活かして利益に繋げていければと考えております。

TOPへ