マネースクエア トラリピ検証中

トラリピ 堅実運用

 

マネースクエアは、トラリピサービスを提供しています。

 

トラリピは、リピート系自動売買とも呼ばれていて、一度設定しておけば自動売買を繰り返してくれる便利なサービスです。

 

「お金はあるけれど時間がない」方に選ばれているFXサービスとしても有名です。

 

私は、2022年3月よりナスダック100でのトラリピ運用を始めています。

 

FXとCFD両方でのトラリピ運用ご検討の方の公式ページはこちらです。

 

 

CFD(くりっく株365)のみでのトラリピ運用ご検討を方はこちらです。

 

 

 

運用成績と最近の設定内容は下記ページにてまとめています。

 

 

このページでは、私の目線でみたトラリピの特徴などについてまとめています。


 

 

トラリピの特長

 

トラリピの大まかな特徴はこうなっています。

 

  • 取扱通貨数 14通貨ペア
  • 売買単位 1000通貨より
  • 手数料無料
  • ポイント制度あり。預り金でランク決定

 

私が魅力を感じているのは、以下の3点です。

 

「決済トレール」注文が使える

 

「トラリピを使ってみたい」と思わせてくれた存在がが「決済トレール注文」でした。

 

参考:当時の私の記事:トラリピ 決済トレールの効果に驚く

 

この効果が、たまたまなのかどうかを確認するため自分の口座でも動かして検証してみました。

 

参考:トラリピ決済トレール リアル口座での効果

 

この実験で、決済トレールによって利益額が通常設定時の2倍くらいまで伸びることも珍しくないことも確認できました。

 

この「決済トレール」が使えるのは、リピート系自動売買ではトラリピだけです。この注文機能を使うだけでもトラリピ口座を保有する価値があると感じています。

 

新規仕掛け開発がさかん

 

トラリピは、新規の仕掛け開発も盛んです。

 

私にとっては、トラリピの戦略モデルは貴重な事例研究材料となっています。

 

ポイント制度

 

トラリピは、続けていくための意欲をかきたてる仕組み作りも揃っています。例えば、ポイント制度です。

 

リピート系自動売買は、長く続けていくことがとても大切になります。

 

その意味でも継続することで楽しめる仕組みは最終的に投資家の利益に繋がっていく有意義な取り組みと言えます。

 

トラリピでのポイント制度は、3つのランクに分かれています。

 

ランク

1ヶ月の平均現金残高

発生ポイント

トリプルスター

1000万円以上 1万通貨あたり20ポイント

ダブルスター

200万円以上1000万円未満 1万通貨あたり10ポイント

シングルスター

200万円未満

1万通貨あたり5ポイント

 

手数料無料ですが取引に応じてポイントが貯まります。

 

トラリピポイントは、そのまま賞品に交換もできるのですが楽天ポイントに変えることもできます。

 

ポイントを沢山貯めるためには上のランクを目指すというのは続ける動機になります。

 

ただ注意すべきこともあります。

 

それは「このステータス表をあまり意識し過ぎないこと」です。

 

こういうのは意識し過ぎると無理な設定に繋がりやすいものだからです。

 

 

 

お金はあるけれど時間がない」方にトラリピが選ばれる理由

 

トラリピ 2019年7月

 

トラリピ利用者の状況を他社と比較した分布図です。

 

この図から大まかに2つのことがわかります。

 

  • 500万円以上を運用する人が多い
  • 資産運用に時間を割けない・割きたくないという人の比率が高い

 

運用資金が大きく手間をかけないでFX運用しているユーザーに選ばれ続けている。

 

この事実は、「実際に利益を出している利用者が多い」からこそ選ばれているということでもあります。

 

利益が出るからこそ多額のお金を預けられます。

 

手間をかけずにできる自動売買がそれを可能にしています。

 

派手に稼ぐのには向きませんが、着実な運用に向くのがトラリピです。

 



記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

キヨヒサのトラリピ検証中 【お金はあるけれど時間がない方にトラリピが選ばれる理由】記事一覧

売買ルール(仮)最大レバレッジ3倍以内買い中心で1設定5〜8本くらいで行う買いポジションが最大本数となったら一旦停止、少し日数を置いてから次の設定を投下検討する放置となったポジションが発生したら売りのトラリピを入れてもよい。

TOPへ