日経225 異業者両建てとは

日経225異業者両建て(サヤ取り)とは、CFD口座間の日経225と日経225の価格差変動を利用して利益を出していく方法です。

 

作るポジションは、日経225売りー日経225買いという日経225の両建てとなるため大きな損失は出しにくいという特長があります。

 

この運用法を初めて知ったという方は、まずは下記記事をご覧ください。

 

 

月別成績

 

  • 2019年9月:1,988円
  • 2019年10月:2,788円
  • 2019年11月:976円
  • 2019年12月:8,312円
  • 2019年12月:-30,060円
  • 2019年実験売買成績:−15,996円

 

基本ルール

 

運用資金

 

  • くりっく株365:1枚につき35万円
  • GMOクリック証券:10枚につき50万円

 

くりっく株3651枚の約定代金は、GMOクリック証券CFD取引10枚の約定代金に匹敵するため。必要証拠金も違うので、同じ枚数ポジションを保有しても必要資金は違ってきます。

 

 

日経225異業者両建て 売買記録記事一覧

日経225の両建てで利益を出していく日経225サヤ取りです。ここまで実験売買を続けてきたのですが、今回より本格的に利益増加を目指して取り組んでいきます。次のポジションは、2020年に入ってからと思っていたのですが、昨日12月30日に「仕掛けのチャンス」が到来したと感じたので、ちょっと早目に仕掛けています。日経225サヤ取り 2019年12月31日仕掛け今回の仕掛けは「売:くりっく株365日経225...

低リスクでできる日経225−日経225の異業者両建て(サヤ取り)です。2019年10月〜12月13日までの現実の売買記録をまとめました。私が後で分析するために、ここにまとめておきます。記事中くりっく株365は基本的に「くりっく株365 日経225」を意味します。GMOクリック証券は基本的に「GMOクリック証券 CFD取引 日本225」を意味します。両方とも「日経225先物」の値動きに連動するCFD...

ここのところ日経225のサヤ変動に変化が出てきています。これからの傾向を示す兆候なのかもしれないので記事にまとめておきます。日経225の価格差(サヤ)変動 異変の内容私がやっている日経225異業者両建ては、日経225−日経225の両建てポジションを作って利益を出していく方法です。同じ日経225といっても、口座間の価格差があります。2つのCFD口座間の価格差変動を利用して利益を出していきます。現状、...

日経225の両建てポジションで利益を出していく異業者両建て、2回目も無事利益になりました。今回も、売買の流れをまとめました。日経225異業者両建て事前知識日経225の異業者両建ては、2つのCFD口座の日経225価格差変動を利益に変えていく運用法です。同じ日経225でありなfがら、その値動きは微妙に違っています。その微妙な違いを利益に変えていくといくものです。具体的には、2口座の価格差(サヤ)変動の...

先日、「日経225−日経225」の市場間サヤ取りを久々にやってみました。参考記事:日経225の両建てで利益を出すサヤ取り 2019年9月売買記録日経225の両建てで利益を出す手法なので、相場変動によるリスクはほとんどありません。ポジションを作ったら、両建てポジションを維持していけるよう資金管理に気を付けれることが大切になります。昨日、2回目の仕掛けをいれています。このやり方に興味がある方も多いよう...

2つの口座を使って日経225の両建てをすることで利益を出していくのが「日経225 異業者サヤ取り」です。日経225の両建てで利益を出すサヤ取りは、CFD口座のスプレッド条件の変化などもあり、暫く停止していました。ここのところのスプレッド条件改善により利益を出せる環境が整ってきたかもしれないと思い、実験的に仕掛けたのが今回の売買です。日経225の両建てをすることで利益を出るというのが不思議な気がする...

TOPへ