【2020年7月成績】+263,363円現在の保有ポジション状況【ナスダック鞘取り】

ナスダック NYダウ 鞘取り 2020年7月 2

ナスダック鞘取りを開始して約1ヶ月が経過しました。

 

最初は、あまりに利益が出過ぎるのでちょっとビビっていたのですが、やっと落ち着いた売買ができる体制になってきました。

 

この鞘取りを収益源の一つにできるようにしていくつもりで取り組んでいます。

 

ナスダック鞘取りについて

  • 米国経済の新興企業と老舗巨大企業の相対的衰退の流れを利益に変えていく鞘取りです。
  • 上げでも下げてもナスダック100がNYダウよりもパフォーマンスが良ければ利益になります。
  • 上げ相場:NYダウ上昇率よりもナスダック100の上昇率が高ければ利益
  • 下げ相場:NYダウ下落失よりもナスダック100の下落率が低ければ利益
  • 米国市場の両建てなので、単純にナスダック100買いをするよりもリスク低目です。

 

 

ナスダック鞘取り 保有中ポジション

 

ナスダック NYダウ 鞘取り 2020年7月

 

現在保有中のポジションです。米国30(=NYダウ)売り80枚ー米国NQ100(=ナスダック100)買い20枚あります。

 

含み益は283,207円ということで、順調に増加中です。

 

ここのところナスダック100優位の動きが復活しているので、もうちょっと増やせるかなと思っています。

 

このポジションは、もう少し利益を乗せてから決済する予定でいます。

 

ナスダック鞘取りの2020年7月の運用成績は、+263,363円利益でした。

 

玉帳の写真を乗せようと思ったですが、2ページに渡りうまくお見せできないので止めました。

 

20日くらいまでの途中経過では月間利益40万円に載せたんですけどね。

 

月末にかけては、NYダウの方が優位な動きが続いたので一部ポジションを損きりしています。

 

263,363円の利益は、その損きり分を差し引いた最終成績です。

 

ナスダック100優位の値動きが続いているとはいっても、ナスダック100−NYダウのサヤ変動は拡大したり縮小したりを繰り返しています。

 

8月以降は、この変動を利用しながら機動的なポジション操作を心がけていきます。

 

 

ナスダック鞘取り ここまでの成績

 

2020年6月末より試験的に運用しています。

 

ここまでの損益

 

  • 2020年6月 33,004円
  • 2020年7月 263,363円
  • 合計損益 296,367円

 

ここまでの売買での最大拘束資金約1100万円

 

もう少し運用してから、売買ルールなどの概要を固めていきます。

 

使っているのは、GMOクリック証券CFD取引口座です。

 

 


2020/08/04


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ