ナスダックーNYダウ 次の動きはどっちか?

ナスダック鞘取り 場帳 2020年12月28日

 

ナスダック鞘取り、2020年12月28日の場帳状況です。

 

動きが少ないので、焦らずにやっています。

 

ナスダック鞘取りについて

  • 米国経済の新興企業と老舗巨大企業の相対的衰退の流れを利益に変えていく鞘取りです。
  • 1枚のポジションを持つのに必要な資金は約40万円です。
  • 上げでも下げてもナスダック100がNYダウよりもパフォーマンスが良ければ利益になります。
  • 上げ相場:NYダウ上昇率よりもナスダック100の上昇率が高ければ利益
  • 下げ相場:NYダウ下落失よりもナスダック100の下落率が低ければ利益
  • 米国市場の両建てなので、単純にナスダック100買いをするよりもリスク低目です。

 

 

ナスダック鞘取り場帳状況

 

ナスダック100ーNYダウ サヤ場帳

 

月日

ナスダック100

NYダウ

価格差(サヤ)

12月21日

12688

30097

649

12月22日

12709

29908

745

12月23日

12640

30028

628

12月24日

12699

30094

661

 

  • サヤ計算式:ナスダック100−(NYダウ×0.4)・・小数点以下切り捨て
  • NYダウとナスダック100はもともとの値に開きがあるので、その差を調整するためNYダウの0.4を掛けてサヤ計算しています。

 

600〜700台でちょこちょこと動いています。

 

この状況、ポジションゼロで様子を見ています。

 

12月22日に決済しているので、ポジションゼロ日数は6日目ということろです。

 

ナスダック100とNYダウのサヤは、長期的には拡大傾向にあるとみています。

 

とはいっても、いつでも拡大するわけではなく、急縮小する局面もあります。

 

今が縮小局面なのか拡大局面なのかを場帳で感じながら、次の仕掛け時を探していくのがこの鞘取りです。

 

今年から始めた組み合わせですが、良い感じで利益が出せるので、来年も収益源とできるよう頑張ります。。

 

 

ナスダック鞘取りについて

 

上げ相場でも下げ相場でも、ナスダック優位の値動きが続く場合に利益を出していけるのが「ナスダック鞘取り」です。

 

この運用法は、以下の場合に利益となります。

 

ナスダック鞘取り 利益の出る2つのパターン

 

  • 下げ相場:NYダウよりもナスダック100の方が下げ方が小さい
  • 上げ相場:NYダウよりもナスダック100の方が上げ方が大きい
  • つまり、サヤが拡大すれば利益増となります。

 

逆にみれば、この流れが変わると「上げ相場」でも「下げ相場」でも損失になるというのが、リスクでもあります。

 

年間運用状況

 

運用規模・資金配分概要

 

  • 2020年7月運用開始(損益計算開始月)
  • 運用資金1200万円
  • ナスダック100 最大ポジション30枚

 

ここまでの損益

 

年度

損益額

累計損益額

2020年

1,443,373円

1,443,373円

 

 

ナスダック鞘取り 関連ページ

 

ナスダック鞘取り 主要ページ

 

 

サイト内他記事

 


2020/12/28


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ