米ドル円10万買い 円高期にこつこつやっている事

FXオプションからのスワップ投資 円高

先日仕掛けた米ドル円20万通貨の売りポジションにすんなりと利益が乗ってきています。

 

本日、この下げによる利益を温存するためのポジションを作っています。

 

この運用法は以下の特長があります。

 

FXオプションからのスワップ投資 7つの特長

  1. 運用通貨:米ドル円のみのシンプル運用
  2. 米ドル円下落期:FXオプションを使い安値でFXポジションを作る
  3. 米ドル円上昇期:FX買いポジションで利益獲得
  4. 通常時:FXオプションでのプレミアム受取利益の獲得
  5. 通常時:FXポジションではスワップポイント受取
  6. リスク減:FXだけの運用よりも含み損は少な目になる
  7. 以上の利益で年間10〜20%くらいの利益率を目安に運用中

 

 

米ドル円10万通貨買い追加

 

FXオプションからのスワップ投資 米ドル円買い

 

今回は、米ドル円買いポジション10万通貨新規で投下しています。

 

このポジションは、記事冒頭でも触れた3日前に作った米ドル円売りポジションに対応したものです。

 

 

この記事で作ったのは、FX分が10万通貨+FXオプション分が10万通貨で合計20万通貨の売りポジションです。

 

この内FX分の10万通貨に対応する形で作ったのが今回の10万通貨買いポジションです。

 

正直なところ、米ドル円はもう少し下げるような気がしています。

 

ただ、ここ数日で2円50銭と米ドル円にしては大きな下げになっています。

 

ここまでするりと下げてきたので、そろそろ「反動の上げ」もありそうという読みで今回の買いポジションを入れたというところです。

 

これで、「FXオプションからのスワップ投資」全体の米ドル円ポジションは「売り20万通貨ー買い40万通貨」となっています。

 

このポジションは、今後状況に応じて変化させていきます。

 

米ドル円ポジション 今後の操作方針

 

  • 下げ継続:今のポジションのまま様子を見ていく
  • 下げ一段落:追加ポジション検討
  • 上げ転換:売りポジション決済

 

まずは、米ドル円がどこで下げ止まるかをみていきます。

 

米ドル円売買で使用中、くりっく365は米ドル円で長期間高水準提供を続けています。

 

 

 

「売り」「買い」の両方が出来るFXオプション取引を提供しているのは、日本ではサクゾバンク証券のみです。FXオプション口座は、FX口座開設後に手続きできます。

 

 

新規ポジションは、今後米ドル円が下げるようなところをまってから検討していきます。

 

現在保有中のポジション状況

 

FXオプションからのスワップ投資で保有中のポジション状況です。

 

FXオプション⇒FXの順番にまとめています。

 

FXオプション部分(6月11日)

 

高ボラティリティ 円高相場 攻略 FXオプション 4

 

現在保有中のポジションはこちらです。

 

FXオプションからのスワップ投資 FXオプション

 

1本のFXオプションポジションがあります。

 

米ドル円プットオプション買い

 

  • 作成日:2020年6月8日
  • FXオプション内容:米ドル円 プットオプション買い
  • 作成時点の米ドル円:109.460円
  • 権利行使価格:109.00
  • 権利行使期日:2020年7月15日
  • 売買数量10万通貨
  • プレミアム:0.681
  • 損失上限:0.681×10万通貨=68,100円

 

プットオプション買いは、「上昇すれば損失・下落すれば利益」で「損失限定・利益限定なし」という性質を持ちます。

 

上げ相場となっても最大損失は68,100円で、それ以上損失が増えることはありません。

 

下げ相場となった場合は、利益はFXでの米ドル円売りに近い形で増加していくことになります。

 

プレミアム現在値は2.250です。

 

本日のポジション損益状況

 

項目 損益
プレミアム支払損失 ー68,100円
含み利益 225,000円
差引損益 156,900円

 

権利行使日は7月15日と約1ヶ月あります。米ドル円下げ相場が痛苦用であれば、最後まで追いかけさせたいポジションです。

 

FXポジション部分(6月11日)

 

FXオプションからのスワップ投資 FX

 

只今、売りポジション10万通貨ー買いポジション40万通貨を保有中です。

 

FXポジションをくりっく365で保有するのは、「くりっく365の米ドル円スワップポイントが長年高水準を継続している実績」があるためです。

 

参考:6月11日のスワップポイント

 

  • くりっく365 26円(3日分)⇒1日換算9.33円
  • サクソバンク証券 −13.00円

 

くりっく365の方が22.33円高いですね。

 

私は、有利な方を使っていきます。

 

FXオプションからのスワップ投資 過去の成績

 

2020年 月別成績推移

 

2020年の月別の確定利益推移です。

 

  • 2020年運用開始時元金 11,850,114円

 

年月

利益額

2019利益

利益率

2020年1月

345,680円

345,680円

2.92%

2020年2月

125,700円

471,380円

3.98%

2020年3月

29,200円

500,580円

4.22%

2020年4月

-43,100円

457,480円

3.86%

2020年5月

13,600円

471,080円

3.98%

2020年6月

92,300円

563,380円

4.75%

 

年度別成績

 

2019年運用開始からここまでの年度別成績

 

  • 運用原資 12,000,000円
  • 運用開始年月:2019年3月

 

利益額

累計利益

2019年

-149,886円

-149,886円

2020年

563,380円

413,494円

 

総合損益推移と円高期にやっている事

 

FXオプションからのスワップ投資 総合損益

 

2020年6月11日時点の各項目の損益

 

項目 損益
FXオプション損益 273,246円
FX損益(確定分) 72,148円
FX+FXオプション(含み損益) −322.650
総合損益(含み損益考慮) 247,744円
米ドル円現在値 106.895円

 

  • 運用開始日:2019年3月21日
  • 運用通貨:米ドル円
  • 買いポジション最大40万通貨(FX+プットオプション売り合計
  • 運用資金1200万円(1万通貨あたり30万円)

 

円高進行により、総合損益は減少しています。

 

この運用ではFXでもFXオプションでも「米ドル円買いポジション中心にポジションを保有」しています。

 

そのため、米ドル円下落期には含み損が増加傾向となり、総合損益が減少するのは宿命のようなところがあります。

 

それでも、現在米ドル円106円後半で総合損益247,744円を確保できていて、下げ相場でも含み損になりにくいポジションとして足場を固めてきていると感じています。

 

2ヶ月ほど前までは、108円後半で総合損益ゼロ円という状況だったのです。

 

 

総合損益がマイナスになりにくくなれば、米ドル円買い中心のポジションを安心して長期保有し続けられます。

 

長期保有し続けられれば、いずれくるであろう米ドル円上昇期には大きな利益を得ていけます。

 

上昇期に良い想いをするためにも、現在の円高期の対応が大切になります。

 

今後もこういう円高期に丁寧にポジション操作をして、円高期にも損失となりにくいポジションとして育てていくつもりです。

 

大きな流れを見ながら、ゆっくりとポジション操作をしていきます。

 

米ドル円売買で使用中、くりっく365は米ドル円で長期間高水準提供を続けています。

 

 

「売り」「買い」の両方が出来るFXオプション取引を提供しているのは、日本ではサクゾバンク証券のみです。FXオプション口座は、FX口座開設後に手続きできます。

 

 

FXオプション運用の主要ページ

 

FXオプションの特徴と運用状況

 

 

サイト内他記事

 


2020/06/11


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2600回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ