FXオプションの仕組みと効果

FXオプションとは

FXオプションは、様々な使い方ができます。

 

FXオプションだけで使うもよし、FXポジションを強化あるいは防衛するために使うという方法もあります。

 

現在「買」「売」の両方できるFXオプションを扱っているのはサクソバンク証券だけです。

 

FX運用安定のためにぜひ活用して欲しいサービスです。

 


FXオプションとは

 

為替相場をもとに売買するという点では、FXとFXオプションは同じです。

 

ただ、FXオプションの売買では2つの権利があります。

 

  • コール・オプション(買う権利)
  • プット・オプション(売る権利)

 

このコールオプション・プットオプションをそれぞれ「買」「売」を行います。

 

豪ドル円85円のコールオプションであれば「豪ドル円を85円で買える権利」ということです。

 

豪ドル円85円のプットオプションであれば「豪ドル円を85円で売る権利」ということです。

 

FXオプションは、この権利を売買します。

 

ここでの85円を「権利行使価格」といいます。

 

豪ドル円が90円や80円になれば、FXオプションでも損益が発生するのですが、単純なFXポジションとは損益の出方が違います。

 

オプションで売買される権利行使価格には値段がついていて、これを「プレミアム」といいます。

 

オプションを買うと、「コール・オプション買い⇒FXで買いポジションを保有した状況」あるいは「プット・オプション買い⇒FXで売りポジションを保有した状況」とそれぞれ同じようなポジションがでてきます。

 

ただ、同じようなだけで同じではありません。

 

その違いは、4つの売買形態の特徴をみていただくとわかります。。

FXオプション 4つの売買

 

FXオプションの基本的な売買形態は、4つあります。

 

  • コール・オプションの買い:買う権利の買い
  • コール・オプションの売り:買う権利の売り
  • プット・オプションの買い:売る権利の買い
  • プット・オプションの売り:売り権利の売り

 

オプショントレーダーは、これら4つを様々に組み合わせながら複雑なポジションを組みます。

 

オプションの世界はとても深く、様々な使い方ができます。

 

私もオプションの存在は知ってはいたのですが、FXでオプションが出来る口座があることは最近知りました。

 

私は、FXポジションを守りながら利益を増やすことを目的に単純な仕掛けをしています。

 

まずは、この4通りそれぞれの特徴をご説明します。前提条件は下記で行います。

 

  • 権利行使価格:85円
  • プレミアム(オプションの代金):1円

 

本来のFXオプションはプレミアムにスプレッドが存在します。FXと同様に「ASK」と「BID」があり、私達投資家はその値で売買をします。

 

このスプレッドがFX業者の収益源という仕組みです。

 

実際の取引画面はこんな感じです。

 

FX積立 FXオプション

 

初めてみた方は、不思議な感じがするかもしれませんね。

 

馴染みのある数字が並んでいるものの、それぞれに「売」と「買」があって期限もあります。でも、基本部分を理解してしまえば、その魅力も段々と見えてくるはずです。

 

今はわからなくても気にしないでください。

 

ここでは、便宜上、プレミアムのスプレッドはゼロで設定条件を上記に統一します。

 

コール・オプションの買い:買う権利の「買い」

 

コールオプション買い

 

豪ドル円が上昇すれば、利益が大きく出るポジションです。仮に90円まで上昇すれば、「90円ー85円ープレミアム代金1円=4円」の利益となります。

 

FXで買いポジションを保有していて手数料を1円分(プレミアム代金)取られているような状況とも言えます。

 

逆に下げたときは損失が限定されます。

 

豪ドル円が80円まで下落しても、損失はプレミアムの1円のみです。

 

このポジションでは、含み損増加で苦しむことはありません。

 

まとめると「上げ相場で利益は大きく出る可能性あり、下げ相場での損失は限定」これがコール・オプション買いの特徴です。

 

コール・オプションの売り:買う権利の「売り」

 

コールオプション売り

 

豪ドル円が下落あるいはプレミアム代金以内の上昇にとどまれば、利益が出るポジションです。

 

ただ、利益額はプレミアム代金に限定されます。そして、豪ドル円上昇した場合損失が大きく出るリスクがあります。

 

この状況は、先程の「コール・オプションの買いの場合」の正反対となります。

 

仮に豪ドル円が90円となれば、「90円ー85円ープレミアム代金1円=4円」の損失となります。

 

この場合、豪ドル円上昇が86円までであれば為替上昇による損失がプレミアム代金以内に収まるため、合計収支はプラスとなります。

 

その代わり、豪ドル円が80円まで下落したとき、利益はプレミアムの1円で増えることはありません。

 

まとめると「上げ相場で損失が大きくでる可能性あり、下げ相場での利益は限定」これが、コール・オプション売りの特徴です。

 

プット・オプションの買い:売る権利の買い

 

コールオプション買い

 

豪ドル円が下落すれば、利益が大きく出るポジションです。仮に80円まで下落すれば、「85円ー80円ープレミアム代金1円=4円」の利益となります。

 

下げ相場が大きければ、その利益額は大きく膨らむこともあります。

 

逆に下げたときは損失が限定されます。

 

豪ドル円が90円まで上昇しても、損失はプレミアムの1円のみです。

 

「コール・オプション買い」同様に、このポジションでも、含み損増加で苦しむことはありません。

 

まとめると「下げげ相場で利益は大きく出る可能性あり、上げ相場での損失は限定」これが、プット・オプション買いの特徴です。

 

ーーー

 

プット・オプションの売り:売る権利の売り

 

トルコリラ円両建て 累計成績

 

豪ドル円が上昇あるいはプレミアム代金以内の下落にとどまれば、利益が出るポジションです。

 

利益額はプレミアム代金に限定されます。そして、豪ドル円がプレミアム代金よりも下落した場合損失が大きく出るリスクがあります。

 

仮に豪ドル円が権利行使日に80円となれば、「85円ー80円ープレミアム代金1円=4円」の損失となります。

 

この場合、豪ドル円下落が84円までであれば為替上昇による損失がプレミアム代金以内に収まるため、合計収支はプラスとなります。

 

その代わり、豪ドル円が90円まで上昇しても、利益はプレミアムの1円で増えることはありません。

 

まとめると「下げ相場で損失が大きくでる可能性あり、上げ相場での利益は限定」これが、プット・オプション売りの特徴です。

 

今後の値動きでどうなるかを列挙するとこうなります。

 

  • 期日までは、豪ドル円上げなら下がり(利益増あるいは損失減))、豪ドル円下げなら上がる(利益減あるいは損失増)
  • 日数が経てば時間的価値減少とともに下がりやすい(利益増または損失減)
  • 利益が取りやすいものの利益上限は限定される。
  • 大きな円高となれば、相応の含み損となる。
  • 豪ドル円が期日に権利行使価格よりも上がればプレミアム分の利益を受け取れる。
  • 豪ドル円が期日に権利行使価格よりも下がればプレミアム分の利益を受け取って買いポジションが発生する。

 

尚、要注意は下げ相場です。

 

豪ドル円プットオプション売りは、豪ドル円買いポジションと同じ宿命を負っています。つまり、豪ドル円下げ相場では含み損となるということです。

 

この含み損も、現在値で豪ドル円買いポジションを作ったよりは少なくて済むのですが、10円・20円の円高となればそれなりの含み損となりえます。

 

このリスクは、資金管理や損きりで臨機応変に対応していきます。

 

この戦略での大切な条件は、プットオプション売りの権利行使価格を現在値よりも安値を選ぶことです。

 

こうすることで短期的に円高になりそうだと思ったときには、「現在値よりも安値で豪ドル円買いポジションを作る布石」としてFXオプションが使えることになります。

 

まあ、この説明は実際にポジションを作って、その推移を見ていかないとわからない部分もあります。

 

実際の売買は以下などでまとめていますので、興味が持てたらご一読ください。

 

 

運用通貨は違いますが、考え方は同じです。

 

FXオプション⇒FX買いポジションに変身させることも可能

 

ちなみに、プットオプション売り保有で豪ドル円が下落した場合、損きりせずに豪ドル円買いポジションとする方法もあります。

 

この清算方法は「スポット」と呼ばれています。

 

この清算方法を使った場合、豪ドル円が下落したときには「豪ドル円85円買いポジション+プレミアム1円受取」という状況も作れます。

 

以上、オプション4つの基本形の収支の出方です。

 

多分、オプションに馴染みのない方は大いに混乱しているだろうと思います。でもあ、すぐに慣れるはずですので、ご心配は要りません。

 

FXオプションサービスは、サクソバンク証券が提供しています。

 

トルコリラ円での高スワップポイントと相場変動時のスプレッド力に定評のあるFX業者です。FX口座開設後にバニラオプション口座開設のための書類を出すことで取引ができるようになります。

 

 

次に、基本構造をしっかりと理解しておきましょう。

FXオプション 基本構造

 

「コール・オプションの買い=買う権利の買い」といった、オプション独特の呼び方は、当初は凄く混乱するところです。

 

私も、注文を出すときは利益の出方を図に書いたりして頭を整理しながらやっています。

 

いずれ、使っているうちに慣れてきますので心配はいりません。

 

幸い、FXオプションは中長期売買に向きます。1銭や10銭程度の値動きに反応する必要性はほとんどないので、じっくりと考えられます。

 

 

なんで?


 

期限が長いものほど、為替の値動きに対してプレミアムの変動が鈍目なのです。

 

使い方にもよるのですが、今のところ私は「数週間・数か月先をゆっくりと考えて注文を出せばよい」と感じています。

 

こういう性質なので、私のようなノンビリFX運用をしているタイプにはFXオプションは合っているようです。

 

特に最初のうちは、瞬時の値動きを気にしないようにして、戦略をきっちりと練ってから注文を出すようにされてください。

 

FXポジション+Fxオプションの活用は、これまでよりもストレスを減らして利益を増やしていける可能性を秘めています。

 

復習がてら、4つのポジションの利益の出方を簡単にまとめておきます。

 

コール・オプションの買い:上げ相場で利益

 

  • 利益計算式:為替値ー権利行使価格ープレミアム=利益額
  • 損失計算式:最大でプレミアム分に限定

 

権利行使価格+プレミアム分以上の上昇があれば、どんどん利益が大きくなります。下げた場合は、プレミアム分の損失のみで済みます。

 

コール・オプションの売り:下げ相場で利益

 

  • 利益計算式:最大でプレミアム分に限定
  • 損失計算式:為替値ー権利行使価格ープレミアム=損失額

 

権利行使価格+プレミアム分以上の上昇があれば、どんどん損失が大きくなる。下げた場合は、プレミアム分の利益を得る。

 

プット・オプションの買い:下げ相場で利益

 

  • 利益計算式:権利行使価格ープレミアムー為替値=利益額
  • 損失計算式:最大でプレミアム分に限定

 

権利行使価格+プレミアム分以上の下落があれば、どんどん利益が大きくなる。上げた場合は、プレミアム分の損失に留まる。

 

プット・オプションの売り:上げ相場で利益

 

  • 利益計算式:最大でプレミアム分に限定
  • 損失計算式:為替値ー権利行使価格ープレミアム=損失額

 

権利行使価格+プレミアム分以上の上下落あれば、どんどん損失が大きくなる。上げた場合は、プレミアム分の利益を得る。

 

 

なんとなく、FXオプションの基本パターンが見えてくるのではないでしょうか。

 

それぞれのオプションの「買い」と「売り」は、正反対の立場にいます。

 

  • 「買い」で大きく利益がでるときは「売り」は大きく損失となる。
  • 「買い」で限定された損失のときは「売り」で限定された利益となる。

 

私は、これらのFXオプションの特長を使って「FXオプションからのスワップ投資」という運用法を実践しています。

 

FXオプションサービスは、サクソバンク証券が提供しています。

 

トルコリラ円での高スワップポイントと相場変動時のスプレッド力に定評のあるFX業者です。FX口座開設後にバニラオプション口座開設のための書類を出すことで取引ができるようになります。

 

FXオプション連載記事

 

FXオプションからのスワップ投資 理論

 

 

FXオプション攻略 2018年版 目次

 



記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

FXオプションを使った戦略記事一覧

FXとFXオプションの両方を活用した「FXオプションからのスワップ投資」(旧運用法名:「米ドル円三方よし戦略」)を実践中です。その運用記録とともに考え方などの記事をまとめています。FXオプションからのスワップ投資の概略は以下のページでまとめています。参考記事:【FXオプションからのスワップ投資】 スワップ投資を進化させたやり方とルール旧米ドル円三方よし戦略は以下にてまとめています。参考記事;旧運用...

FXオプションからのスワップ投資 理論編第1回:FXオプションを使ってスワップポイント投資の安全性を高めた運用法第2回:スワップポイント生活 低リスク+含み損減とできる方法実行中第3回:FXオプション注文画面の見方「権利行使価格」「権利行使期日」「プレミアム」の仕組み最後まで読んでいただきありがとうございます。FXオプションで使っているのはサクソバンク証券です。

お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2500回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ