戦略の入り口 FXとFXオプション 比較

FX FXオプション 6種類の売買 比較

ここまでFXオプションの特徴をいろいろとご説明してきました。

 

ここで、復習がてらこれらの特徴をFXと比較する形でまとめておきます。

 

FXの売買パターン

 

  • 上げ相場狙い:買い 利益限定なし・損失限定なし。
  • 下げ相場狙い:売り 利益限定なし・損失限定なし。

 

お馴染みのFXの売買パターンです。

 

2円動けば2円分の損益が発生する。「買い」でも「売り」でも、その条件は同じです。

 

上げ相場狙いであれば「買い」、下げ相場狙いであれば「売り」で攻めます。

 

過去回で書いてきたように、FXオプションは、この損益パターンが更に増えます。

 

 

FXオプション 上げ相場狙い 2つのパターン

 

FXオプションで上げ相場で利益を狙う場合は、2つのパターンがあります。

 

つまり「コール買い」と「プット売り」です。

 

それぞれの特徴を簡単にまとめておきます。

 

コール買い

 

  • 上げ相場狙い
  • 損失限定・利益限定なし。
  • 小資金でできる
  • 利益となりにくいものの、上げ始めれば、投下資金が数倍〜数十倍となることもある。

 

大きく上げそうな時に、リスクを抑えて攻めたいときに向きます。

 

プット売り

 

  • 上げ相場狙い
  • 損失限定なし・利益限定
  • FXポジションと同等の証拠金必要
  • 利益となりやすいものの、大きく下げた場合には損失が大きくなる。

 

ただ、大きく下げた時でも、FXで単純にポジションを持ったときよりは少な目で済む傾向があります。

 

FXオプション 下げ相場狙い 2つのパターン

 

下げ相場で利益を狙う場合も、FXオプションでは2つのパターンがあります。

 

「プット買い」と「コール売り」の2つです。

 

プット買い

 

  • 下げ相場狙い
  • 損失限定・利益限定なし。
  • 小資金でできる
  • 利益となりにくいものの、上げ始めれば、投下資金が数倍〜数十倍となることもある。

 

コール買いの特徴の下げ相場狙い版ですね。

 

コール売り

 

  • 下げ相場狙い
  • 損失限定なし・利益限定
  • FXポジションと同等の証拠金必要
  • 利益となりやすいものの、大きく下げた場合には損失が大きくなる。

 

合計6種類の攻め方 局面に応じて使い分ける

 

FXだけであれば、上げ相場は「買い」・下げ相場は「売り」と決まっていました。

 

でも、FXオプションでは更に4種類の攻め方ができます。

 

FXと合わせれば、6種類です。

 

  • 上げ相場は「FX買い」「コール買い」「プット売り」
  • 下げ相場は「FX売り」「プット買い」「コール売り」

 

これ、相場の局面に合わせて使い分けていければ効果的ですよね。

 

暴落相場

 

暴落が続いたけど、そろそろ反転しそうだ。まだ暴落しそうな部分もあるので怖いが、少しでも攻めたい。

 

リスクを抑えたコール買い

 

往来相場

 

長期的には上げると思うけど、暫くは往来相場が続きそうだ。でも、FXで細かく取る売買はできそうにない。

 

プット売りでお小遣い稼ぎ

 

などなど、いろんなパターンがあるので、慣れるまでは戸惑う部分もあります。

 

でも、慣れてくると、とても重宝するようになります。

 

私も、毎年100万円くらいの利益をFXオプションで出せるようになってきています。

 

次回より、実用性が高いと感じている戦略をいくつか紹介させていただきます。


FXオプション講座2022 目次

 

 

ここで使っているFXオプション口座はサクソバンク証券です。

 

2022/03/28


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ