今回は、乗換技その2「下げ相場で有利なポジションを作る方法」です。

 

 

乗換技その2:下げ相場で有利なポジションを作る方法

 

前回乗換技その1では、「FX⇒FXオプションへの乗換」で含み損を減らす方法をご紹介しました。

 

今回ご紹介するのは、「下げ相場で有利なポジションを作る方法」です。

 

前回とは逆に「FXオプション⇒FXへの乗換」という手順でやります。

 

この方法が有効そうな局面

 

  • 長期的には上げそうだ。
  • でも、ガンガン上げていく局面では無さそうだ。
  • 短期的に下げそうな局面もありそうだ。

 

こんな時に有効です。

 

うまくいくと、FXで単純に買いポジションを作るよりも、数円有利な買いポジションを作れます。

 

調度、現在の米ドル円を私は「この方法が有効そうな局面」とみています。

 

では、手順から始めましょう。

 

下げ相場で有利なポジションを作る方法 手順

 

以下の流れでやります。

 

  1. プット売りポジションを作る
  2. ある程度下げてくるまで待つ。
  3. プットオプション損きり
  4. FX買いポジションを作る

 

プット売りは、「上げ相場で利益・下げ相場で損失」で「利益限定・損失限定なし」という性質を持ちます。

 

ポジションを作った際にプレミアム受取が発生するため、利益の出しやすいポジションでもあります。

 

この手順で、「すぐにFX買いポジションを作る」よりも有利にしていける可能性があります。

 

うまくいかないパターンもありますので、後ほどご説明します。

 

手順1;プット売りポジションを作る

 

私が、このパターンでポジションを作る時は、プレミアムが最低でも1以上のものを狙います。

 

権利行使価格と権利行使日を意識しながら、探していきます。

 

それぞれ以下の傾向があります。

 

  • 権利行使価格:現在値に近いほどプレミアムは高くなる。
  • 権利行使日:期日まで長期であればあるほどプレミアムは高くなる。

 

どれくらいのプレミアムが受取れるかは、相場環境によって大きく違ってきます。米ドル円だと平常時で最大2〜3くらいが目安です。

 

仕掛けた時のプレミアム額が、このやり方で有利になる最大値となります。

 

つまり、プレミアム3で仕掛けられれば最大3有利になり、プレミアム1で仕掛けると最大1有利になるということです。

 

こう書くと、大きいほど良い気がするものですが、実はそうでもないのです。

 

その辺のポイントは、後ほど書かせていただきます。

 

説明の都合上、ここでは以下のような仕掛けをしたとします。

 

プット売り 仮の仕掛け内容

 

  • 米ドル円 現在値135円
  • 権利行使価格135円
  • 権利行使日 3カ月後
  • プレミアム 2
  • 数量10万通貨の受取額:2×10万通貨=20万円

 

仕掛けた段階では、20万円のプレミアムを受取ったという段階です。

 

そして、仕掛け時点ではそのプット売りポジションにはスプレッド0.1程度が上乗せさえれて2.1程度のプレミアム価値がある状況です。

 

つまり、そのまま決済すれば21万円支払わないといけないということです。受取った金額は20万円なので1万円の含み損ということです。

 

でも、米ドル円が135円以上で推移するとプレミアムは3カ月後にはゼロ円となる仕組みとなっています。

 

この時点で、FXで買いポジションを作った場合とプット売りで仕掛けた場合では、以下のようになります。

 

FXでポジションを作った場合

 

  • 米ドル円135円
  • FX含み損益 0円

 

プット売りの損益状況

 

  • 米ドル円     135円
  • プレミアム受取金額    20万円
  • プット売り含み損    ー21万円
  • 差引損益         ー1万円

 

出発点段階では、プット売りの方が1万円くらい不利な状況ですね。

 

この状況を理解したら、手順2へと進みます。

 

手順2:ある程度下げてくるまで待つ。

 

プット売りを作った後は、米ドル円相場が下げてくるのを待ちます。

 

下げ相場となった場合、FXの買いポジションも含み損となるのですが、プット売りポジションも含み損が増えていきます。

 

でも、増え方はFXよりも緩やかなになっています。

 

例えば、参考例として書かせていただくと・・・・・

 

  • 米ドル円が135円⇒134円と1円下げた。
  • 10万通貨の買いポジションで10万円の含み損

 

この場合、プットオプションのプレミアムは・・・

 

  • 2.1⇒2.8に上昇⇒10万通貨で7万円含み損増加

 

・・・という感じになります。

 

下げ相場で含み損増加とくのは同じなのですが、FXよりもFXオプションの方が含み損増加ペースがゆっくりなのです。

 

プットオプションのプレミアムの値動きは、相場環境で大分違ってくるため、正確な予測は出来ません。

 

でも、相場が落ち着いている時はこの参考例のように、為替値1円下落で、プットオプション・プレミアム0.7上昇くらいの割合になります。

 

こうなった場合の収支は・・・

 

1円下げた時のプット売り参考例

 

  • 最初のプレミアム受取額20万円
  • 2.1⇒2.8に上昇
  • プット売り10万通貨の含み損 28万円
  • 差引含み損 8万円

 

つまり、1円くらい下げてくると、FXの含み損増加よりもFXオプションの含み損増加の方が少ないという現象が起きます。

 

この下げが5円くらいに大きくなってくると、オプションを使うメリットが見えてきます。

 

5円下げた時のFX参考例

 

  • 米ドル円が135円⇒130円と5円下げた。
  • 10万通貨の買いポジションで50万円の含み損

 

5円下げた時のプット売り参考例

 

  • 最初のプレミアム受取額20万円
  • プレミアム 5×0.7+2=5.5
  • プット売り10万通貨の含み損 ー55万円
  • 差引損益 ー35万円

 

FXで保有していれば50万円の含み損のはずが、プット売りにしておいたことで35万円くらいの含み損ですむという状況になりました。

 

最初にプレミアムで受取った金額が20万円あるのですが、その内15万円くらいがプット売りの含み損軽減に貢献した感じになっています。

 

この部分を「プレミアム貢献度」とでも、呼ばせて頂きます。

 

プット売りの仕組み上、このプレミアム貢献度は相場が下げれば下げるほど最初に受け取ったプレミアムに近づいていきます。

 

この場合、20万円に近づいていくということです。

 

20万円になることはほとんどないので、私はその7〜8割くらい貢献したところで「OK」としています。

 

これくらい下げたら、FXへの乗換を検討します。

 

ただし・・・

 

権利行使日が2週間後以内くらいに近づいていれば、このまま権利行使日まで待つこともあります。

 

権利行使日まで待てば、プレミアム貢献度は10割になるからです。

 

権利行使日まで1カ月以上あるような時は、そこまで待つと相場がどう動くかわかりませんので、そのまま手順3を実行することが多いです。

 

手順3:プットオプション損きり

 

まず、プットオプショを損きりします。

 

先程の参考例の状況だとすると・・・

 

5円下げた時のプット売り参考例

 

  • 最初のプレミアム受取額20万円
  • プレミアム 5×0.7+2=5.5
  • プット売り10万通貨の含み損 ー55万円
  • 差引損益 ー35万円

 

単純な損きり額は55万円ですが、既に20万円受取っているので差引の損失が35万円となります。

 

FXでポジションを作っていればー50万円というところだったので、15万円有利になっています。

 

この有利さを、自分のポジションに反映するために、手順4を実行します。

 

手順4:FX買いポジションを作る

 

プット売りを損きりした後に、FX口座で米ドル円買いポジションを作ります。

 

135円から5円下げているので、買値130円のポジションとなります。

 

・・・ この流れでいくと

 

FXでポジションを保有していれば50万円の損失となるところなので、15万円ほど有利に出来たということになります。

 

 

なんか、損きりでポジション作るってのが嫌だなぁ。下げるまで待って作ればいいんだよな。


 

ああ、その気持ちわかるね。

 

多分、多くの人がそう思うだろうね。でも、メリットを考えると乗り換えた方が得だと思うよ。

 

この方法、私は結構使っています。

 

長期的に上げていくという自信が、かなりのものであれば「下げるまで待つ」というのが一番良いです。

 

でも、「円安傾向続きそうで、いつ上がりだすかわからない」という感じで、下げにそれほど自信が持てないときも多いですよね。

 

そういう時は、今回の方法が有効です。

 

こうして、FXへ乗換後は上がりだすまで放っておくだけです。

 

長期的に上がるという見通しがズレなければ、上がったときには損きり分を回収して利益を増やしてくれることになります。

 

5円くらいガクンと下げたパターンで説明しましたが、現実にはいろんなパターンがあります。

 

それでも、下げれば下げるほどFXオプションの有利度が上がっていくという仕組みは変わりません。

 

ー−−−

 

次のメルマガで使う画像です。

 

FXオプション 円高になったら有利にする方法

 

ポジションを作った時点の米ドル円値 135.31円

2022/06/20


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ