南アフリカランドを運用通貨に加える実験開始【FXオプションからのスワップ投資2020年10月15日】

南アフリカランド円 FXオプションからのスワップ投資 2020年10月15日 3

 

FXオプションからのスワップ投資の運用通貨に南アフリカランド円を加えてみることにしました。

 

これまでは、米ドル円のみだったのですが、もう少し幅を広げてみます。

 

この運用法は以下の特長があります。

 

FXオプションからのスワップ投資 9つの特長

  1. 運用通貨:米ドル円・南アフリカランド円・USDZAR
  2. 30万円くらいから運用可能
  3. スワップポイント投資をFXオプションでパワーアップ
  4. FXオプションで買い平均値を下げて含み損になりにくくする
  5. 利益源@:FXでの売買利益
  6. 利益源A:FXオプションでの売買利益
  7. 利益源B:FXオプションでのプレミアム受取利益
  8. 利益源C:FXでのスワップポイント受取
  9. 利益率目安:年間10〜20%くらい

 

 

南アフリカランド円 新規ポジション

 

南アフリカランド円 FXオプションからのスワップ投資 2020年10月15日

 

本日南アフリカランド円の売りポジションを新規で10枚作成しています。

 

くりっく365の南アフリカランド円売買は、1枚10万通貨ですので10枚で100万通貨の売りポジションとなります。

 

今回運用通貨に加えたのは、南アフリカランドが米ドルとの関係が分かりやすい通貨だからです。

 

USDZAR(米ドル南アフリカランド)の月足チャート

 

南アフリカランド円 FXオプションからのスワップ投資 2020年10月15日 2

 

ここ20年のUSDZAR月足チャートです。長期的傾向は右肩上がりの通貨ペアです。

 

つまり、米ドルに対して南アフリカランドは下げ続けているということがわかります。

 

ただ、これも周期のようなものがあります。

 

南アフリカランドが強い周期もあり、2020年10月現在は米ドルに対して南アフリカランドが強い状況が続いています。

 

強い時期といっても、その時期は半年程度であることが多く、そのあとは横ばい気味に推移していくというのがいつものパターンです。

 

その形でみると、2020年10月段階は「南アフリカランドの強い時期が終盤戦に入ってきている」とも読めます。

 

こんな流れから、ここからの上昇幅はそれほど大きくはなさそうだなと思っています。

 

こういう局面はFXオプションを絡めて攻めていくと有効です。

 

まずは実験的にやってみます。

 

米ドル円売買で使用中、くりっく365は米ドル円で長期間高水準提供を続けています。

 

 

「売り」「買い」の両方が出来るFXオプション取引を提供しているのは、日本ではサクゾバンク証券のみです。FXオプション口座は、FX口座開設後に手続きできます。

 

 

FXオプション運用の主要ページ

 

FXオプションの特徴と運用状況

 

 

サイト内他記事

 


2020/10/15


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ