米ドル円ここからの一手 2020年2月17日

米ドル円 運用 2020年2月17日 3

 

RSI値が売買ルールに該当したので、売買検討のうえで注文を出しています。

 

その考え方と内容についてまとめました。

 

FXオプションからのスワップ投資 5つの特長

  1. 安値でFXポジションを作るのに有効
  2. FXオプションを使って、FXポジションの買い平均値を下げる
  3. FXオプションでプレミアム受取利益が発生。
  4. FXポジション変更後はスワップ投資でスワップポイント+為替利益を狙う
  5. 月5〜10万円のスワップ+プレミアム受取(2019年11月10〜20万より変更)による定期収入
  6. 米ドル円上昇時はFX買いポジションでの不定期利益

 

 

米ドル円 RSIから見た崩れそうなところ

 

米ドル円 運用 2020年2月17日

 

ここのところの米ドル円日足チャートです。これは、FXオプションからのスワップ投資で使っている定型チャートです。

 

下段の折れ線グラフは、RSIです。

 

薄赤色部分をご覧ください。

 

RSI60を超えたものの、勢いがしぼんできている。

 

そう見えそうな局面です。

 

こういう時には、新規ポジションの検討をしています。

 

 

この中の「FXポジション発生後の運用ルール」⇒「5:上昇後の往来相場」のところに該当します。

 

このルールに基づき、新規ポジションを入れています。

 

作成ポジション

 

米ドル円 運用 2020年2月17日 2

 

ここで仕掛けたのが「コールオプション売り」です。

 

コールオプション売りは、「上げ相場で損失・下げ相場で利益」「損失限定なし・利益限定」という性質を持ちます。

 

利益額は少ないものの、「利益となりやすい」という特長もあります。

 

コールオプション売りについては、下記にても詳しくまとめていますので、FXオプションに慣れていない方はご一読下さいませ。

 

 

新規ポジションの内容はこうなっています。

 

今回のポジション

 

  • 作成日:2020年2月14日
  • FXオプション内容:米ドル円 コールオプション売り
  • 作成時点の米ドル円:109.841円
  • 権利行使価格:110.000円
  • 権利行使期日:3月25日
  • 売買数量10万通貨
  • プレミアム:0.467
  • 利益上限:0.467×10万通貨=46,700円
  • 損益分岐点:110.00+0.467=110.467円

 

このポジションの損値季分岐点は110,467円で、権利行使期日3月25日の米ドル円がこの値よりも下であれば、最終利益が確保できます。

 

ポジションを作った時点の米ドル円値が109.841円でしたので、下げなくても現在値近辺で推移すれば、そのまま利益になるので「利益になりやすいポジション」という訳です。

 

無論、利益が出しやすいといっても、絶対ではありません。

 

想定外に上昇した時の対処法

 

想定に反して、米ドル円がここから大きく上昇することだってあり得ます。

 

110.467円以上の上昇となれば、このコールオプション売りポジションは損失になります。

 

そのための対処法も決めてあります。

 

この「FXオプションからのスワップ投資」では、米ドル円買いポジション10万通貨を保有中です。

 

もしも、米ドル円が想定以上に大きく上昇するようであれば、その米ドル円買いポジションに乗った利益との相殺を検討します。

 

これまでのところ、この基準で同じようにポジションを数回作っていますが、少し損失になったことはあるものの、大きな損失になったことはありません。

 

3月25日までは1ヶ月ほどありますので、今回もうまくいくことを願うこととします。

 

この「FXオプションからのスワップ投資」では、2つの口座を使っています。

 

米ドル円売買で使用中、くりっく365は米ドル円で長期間高水準提供を続けています。

 

 

「売り」「買い」の両方が出来るFXオプション取引を提供しているのは、日本ではサクゾバンク証券のみです。FXオプション口座は、FX口座開設後に手続きできます。

 

 

FXオプション運用の主要ページ

 

FXオプションかわのスワップ投資 関連ページ

 

 

サイト内他記事

 


2020/02/17


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ