米ドル円 RSI30割れ狙いの仕掛け【FXオプションからのスワップ投資2020年7月30日】

RSI30割れ FXオプション 2020年7月30日 3

 

米ドル円の日足RSIが30割れてきています。

 

それに合わせた仕掛けを昨日入れています。

 

この運用法は以下の特長があります。

 

FXオプションからのスワップ投資 7つの特長

  1. 運用通貨:米ドル円のみのシンプル運用
  2. スワップポイント投資をFXオプションでパワーアップ
  3. FXオプションで買い平均値を下げて含み損になりにくくする
  4. 利益源@:FXでの売買利益
  5. 利益源A:FXオプションでのプレミアム受取利益
  6. 利益源B:FXでのスワップポイント受取
  7. 利益率目安:年間10〜20%くらい

 

 

米ドル円買いの理由

 

RSI30割れ FXオプション 2020年7月30日

 

今回の仕掛けのもとになったのは、このチャートです。

 

上段が米ドル円日足で、下段が日足RSIです。

 

下段の右側の薄赤色部分をご覧ください。

 

みにくいかもしれませんが、RSI30を割れてきています。

 

ここまで下がってくるのを待っていました。

 

 

今回のケースは、「FXポジション発生後の運用ルール」の中の「大底圏」の基準に該当します。

 

ここが絶対大底となるものでもありません。

 

それでも、過去のチャートをみるとRSI30割れは大底の目安の一つとして有効だと感じています。

 

もっとも、大きな下げとなる場合、ここから2段・3段のRSI30割れが発生します。

 

その場合は、FXポジションであれば大き目の損きりも覚悟せねばなりません。

 

FXオプションを使えば、損失を限定した仕掛けを作れますので、ここから大きく下落しても今回のポジションの損失が膨らむようなことは考えずに済みます。

 

そんな想定で今回の仕掛けを入れています。

 

コールオプション買い 仕掛け内容

 

RSI30割れ FXオプション 2020年7月30日 2

 

昨日作った米ドル円コールオプション買いポジション10万通貨です。

 

コールオプション買いは、「上げ相場で利益・下げ相場で損失」で「利益限定なし・損失限定」という性質を持ちます。

 

米ドル円コールオプション買い

 

  • 作成日:2020年7月29日
  • FXオプション内容:米ドル円 コールオプション買い
  • 作成時点の米ドル円:105.080円
  • 権利行使価格:106.50
  • 権利行使期日:2020年8月26日
  • 売買数量10万通貨
  • プレミアム:0.336
  • 損失上限:0.336×10万通貨=33,600円
  • 損益分岐点:106.50+0.336=106.836円

 

米ドル円が、ここから104円・101円・100円割れ・・・と下げていっても、最大損失は33,600円が上限でこれ以上増えることはありません。

 

そして、この33.600円はポジションを作ったときにプレミアム代金として既に支払済みです。

 

その代わり、実質的に利益となり始めるのは損益分岐点の106.836円を超えてからということになります。

 

一言で表現すれば「損失は大きくならないが利益はでにくいポジション」という感じにもなります。

 

ただ、もしも米ドル円が110円以上に上昇するような状況となれば、最初に払ったプレミアム代金は10倍以上に上昇することもあります。

 

 

この時は、31,000円が559,100円になりました。

 

毎回のようにこういうことが起きる訳ではありません。

 

それでも、「大底臭い・反転しそうだ」というタイミングでコールオプション買いを使っていけば、たまにこういうおいしい想いができます。

 

権利行使日8月26日まで約4週間状況を見守っていきます。

 

「売り」「買い」の両方が出来るFXオプション取引を提供しているのは、日本ではサクゾバンク証券のみです。FXオプション口座は、FX口座開設後に手続きできます。

 

 

FXオプションからのスワップ投資 ここまでの成績

 

2020年 月別成績推移

 

2020年の月別の確定利益推移です。

 

  • 2020年運用開始時元金 11,850,114円

 

年月

利益額

2019利益

利益率

2020年1月

345,680円

345,680円

2.92%

2020年2月

125,700円

471,380円

3.98%

2020年3月

29,200円

500,580円

4.22%

2020年4月

-43,100円

457,480円

3.86%

2020年5月

13,600円

471,080円

3.98%

2020年6月

390,770円

861,850円

7.27%

2020年7月

-7,700円

854,150円

7.21%

 

年度別成績

 

2019年運用開始からここまでの年度別成績

 

  • 運用原資 12,000,000円
  • 運用開始年月:2019年3月

 

利益額

累計利益

2019年

-149,886円

-149,886円

2020年

854,150円

704,260円

 

米ドル円売買で使用中、くりっく365は米ドル円で長期間高水準提供を続けています。

 

 

「売り」「買い」の両方が出来るFXオプション取引を提供しているのは、日本ではサクゾバンク証券のみです。FXオプション口座は、FX口座開設後に手続きできます。

 

 

FXオプション運用の主要ページ

 

FXオプションの特徴と運用状況

 

 

サイト内他記事

 


2020/07/30


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2600回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ