米ドル円コールオプション売り新規【FXオプションからのスワップ投資2020年7月17日】

コールオプション売り 2020年7月17日 2

 

本日、新規のコールオプション売りを追加しています。

 

カバードコール戦略の形での利益を上乗せです。

 

この運用法は以下の特長があります。

 

FXオプションからのスワップ投資 9つの特長

  1. 運用通貨:米ドル円のみのシンプル運用
  2. 30万円くらいから運用可能
  3. スワップポイント投資をFXオプションでパワーアップ
  4. FXオプションで買い平均値を下げて含み損になりにくくする
  5. 利益源@:FXでの売買利益
  6. 利益源A:FXオプションでの売買利益
  7. 利益源B:FXオプションでのプレミアム受取利益
  8. 利益源C:FXでのスワップポイント受取
  9. 利益率目安:年間10〜20%くらい

 

 

コールオプション売り 新規で10万通貨

 

コールオプション売り 2020年7月17日

 

サクソバンク証券のFXオプション口座で仕掛けた、新規ポジションです。

 

今回仕掛けたFXオプションは、以下の内容です。

 

米ドル円コールオプション売り

 

  • 作成日:2020年7月17日
  • FXオプション内容:米ドル円 コールオプション売り
  • 作成時点の米ドル円:107.305円
  • 権利行使価格:108.00
  • 権利行使期日:2020年8月12日
  • 売買数量10万通貨
  • プレミアム:0.259
  • 利益上限:0.259×10万通貨=25,900円
  • 損益分岐点:108.00+0.259=108.259円

 

コールオプション売りは、「上げ相場で損失・下げ相場で利益」で「利益限定・損失限定なし」という性質を持ちます。

 

FXで買いポジションを保有しながらのコールオプション売りですので、「カバードコール戦略」とも呼ばれるポジションの取り方です。

 

 

プレミアム代金を最初に受け取る仕組みになっていて、今回の受取額は25,900円です。

 

これは利益として計上されるものの、権利行使日や途中決済などによって発生する損失と相殺されることで最終利益が確定されることになります。

 

今回のポジションは、米ドル円が権利行使日に損益分岐点の108.259円以上になると損失になります。

 

それ以下であれば最終利益なのですが、最終利益として確保できる上限は25,900円です。

 

最終利益上限25,900円を確保できる条件は、権利行使日8月12日に米ドル円が108円以下であることです。

 

コールオプション売り 今後の方針

 

今回仕掛けたコ−ルオプション売りは、昨日権利行使期日となったポジションと同じものです。

 

 

8月12日の権利行使期日に権利行使価格108円以下であれば、25,900円が最終利益として確定することになります。

 

米ドル円現在値が107.30円近辺で108円を超えなければ全額利益になるので、勝ち易いポジションではあります。

 

米ドル円は、当面大きく動く可能性は薄いとみています。

 

一時的に108円を超えるような上昇はあるかもしれませんが、そのあとは再び下落する展開になる気がします。

 

もしも、大きく上昇するようであれば、このコールオプション売りは最終損失になります。

 

その際は、FX口座で保有中の米ドル円買いポジションの利益で相殺する予定です。

 

ここまでの流れ、まとめておきます。

 

コールオプション売り 今後の予定

 

  • 権利行使日米ドル円108.00円以下の場合⇒最終利益25,900円満額確保
  • 権利行使日米ドル円108.01〜108.259円以下の場合⇒最終利益確保
  • 権利行使日米ドル円108.260以上⇒最終損失・FX買いポジションの利益確定と相殺検討

 

コールオプション売りは、利益となりやすいものの、大きな上げ相場では損失が大きく膨らむ可能性のあるポジションです。

 

でも、FX口座で米ドル円買いポジションを持っていれば上げ相場となったときにはFX口座の利益と相殺できるので、それほど怖いものではなくなります。

 

金利低下で米ドル円のスワップポイントは僅かなものです。

 

30万通貨の買いポジションを保有していても、毎月のスワップポイント発生額は1万円程度にすぎません。

 

今回のコールオプション売りの利益は、26日くらいの保有で25,900円になります。

 

低金利時代でも、FXオプションを使えば勝ち易いポジションでこういう利益を少しづつ乗せていけます。

 

オーバーポジションに注意しながら、コツコツとやっていきます。

 

「売り」「買い」の両方が出来るFXオプション取引を提供しているのは、日本ではサクゾバンク証券のみです。FXオプション口座は、FX口座開設後に手続きできます。

 

 

FXオプションからのスワップ投資 ここまでの成績

 

2020年 月別成績推移

 

2020年の月別の確定利益推移です。

 

  • 2020年運用開始時元金 11,850,114円

 

年月

利益額

2019利益

利益率

2020年1月

345,680円

345,680円

2.92%

2020年2月

125,700円

471,380円

3.98%

2020年3月

29,200円

500,580円

4.22%

2020年4月

-43,100円

457,480円

3.86%

2020年5月

13,600円

471,080円

3.98%

2020年6月

390,770円

861,850円

7.27%

2020年7月

25,900円

887,750円

7.49%

 

年度別成績

 

2019年運用開始からここまでの年度別成績

 

  • 運用原資 12,000,000円
  • 運用開始年月:2019年3月

 

利益額

累計利益

2019年

-149,886円

-149,886円

2020年

887,750円

737,864円

 

米ドル円売買で使用中、くりっく365は米ドル円で長期間高水準提供を続けています。

 

 

「売り」「買い」の両方が出来るFXオプション取引を提供しているのは、日本ではサクゾバンク証券のみです。FXオプション口座は、FX口座開設後に手続きできます。

 

 

FXオプション運用の主要ページ

 

FXオプションの特徴と運用状況

 

 

サイト内他記事

 


2020/07/17


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ