権利行使日には何が起きているのか【FXオプションからのスワップ投資2020年7月16日】

FXオプション 権利行使日 最終利益 2020年7月16日 5

権利行使日となったポジションが1本発生しています。今回も無事利益となりました。

 

勝ち易いポジションですが絶対勝つものではないので、最終利益になると安心します。

 

今回は権利行使日にどんな感じで最終利益が確保されるのかについてもまとめてみました。

 

この運用法は以下の特長があります。

 

FXオプションからのスワップ投資 9つの特長

  1. 運用通貨:米ドル円のみのシンプル運用
  2. 30万円くらいから運用可能
  3. スワップポイント投資をFXオプションでパワーアップ
  4. FXオプションで買い平均値を下げて含み損になりにくくする
  5. 利益源@:FXでの売買利益
  6. 利益源A:FXオプションでの売買利益
  7. 利益源B:FXオプションでのプレミアム受取利益
  8. 利益源C:FXでのスワップポイント受取
  9. 利益率目安:年間10〜20%くらい

 

 

コールオプション権利行使日 25,200円最終利益確保という意味

 

FXオプション 権利行使日 最終利益 2020年7月16日 4

 

昨日の権利行使日で1本のコールオプション売りポジションが満期になっています。

 

満期になった米ドル円コールオプション売り

 

  • 作成日:2020年6月22日
  • FXオプション内容:米ドル円 コールオプション売り
  • 作成時点の米ドル円:106.810円
  • 権利行使価格:107.75
  • 権利行使期日:2020年7月15日
  • 売買数量10万通貨
  • プレミアム:0.252
  • 利益上限:0.252×10万通貨=25,200円
  • 損益分岐点:107.75−0.252=108.002円

 

権利行使価格107.75円のコールオプションですので、昨日の権利行使日時点でプレミアムはゼロになりました。

 

ポジションを仕掛けた時に、プレミアム0.252(10万通貨で25,200円)を受け取っています。

 

権利行使日でゼロになったので、25,200円の受取金が最終利益として確定したということになります。

 

今回権利行使期日となったコールオプション売りは、6月22に作成したものです。

 

 

この303,930円利益の中に、今回権利行使期日となったコールオプション売りの利益25,200円は既に含まれているんです。

 

FXオプションやっていないとこの辺はちょっと混乱し易いところです。

 

FXオプション「売り」の損益の仕組み

 

  • ポジション作成時に利益が計上される。
  • でも、その損益が本当に確定する(最終損益)のは権利行使日または途中決済日となる

 

コールオプション売り・プットオプション売りなどの「売り」から仕掛ける場合は、全てこのパターンです。

 

コールオプション買い・プットオプション買いの「買い」から仕掛ける場合は、この逆になります。つまり、「損失」を計上して最終損益で「利益化損失」かが決まるという形です。

 

今回のコールオプション売りは、米ドル円106.810円のときに仕掛けて、米ドル円が108円台にならなければ最終利益が確保できるポジションでした。

 

これって、勝ち易い気楽なポジションですよね。

 

これからも、こんなポジションを仕掛けながら、利益をちょこちょこと上乗せしていきます。

 

「売り」「買い」の両方が出来るFXオプション取引を提供しているのは、日本ではサクゾバンク証券のみです。FXオプション口座は、FX口座開設後に手続きできます。

 

 

以下、現在のポジション状況やこれまでの損益状況と続きます。

 

2020年7月16日 ポジション状況

 

FXオプションからのスワップ投資で保有中のポジション状況です。

 

FXオプション⇒FXの順番にまとめています。

 

FXオプション部分(7月16日)

 

権利行使日 最終利益 FXオプション 4

 

現在保有中のポジションはこちらです。

 

FXオプション 権利行使日 最終利益 2020年7月16日

 

FXオプションポジション、現在2本あります。

 

米ドル円現在値は、106.890円です。

 

 

米ドル円プットオプション売り

 

  • 作成日:2020年6月15日
  • FXオプション内容:米ドル円 プットオプション売り
  • 作成時点の米ドル円:107.365円
  • 権利行使価格:107.00
  • 権利行使期日:2020年11月25日
  • 売買数量10万通貨
  • プレミアム:2.064
  • 利益上限:2.064×10万通貨=206,400円
  • 損益分岐点:107.00−2.064=104.936円

 

プットオプション売りは、「上げ相場で利益・下げ相場で損失」で「利益限定・損失限定なし」という性質を持ちます。

 

利益になりやすく相場が不利な動きとなっても含み損が増加しにくいというメリットがある反面、利益上限が限定されるところがデメリットです。

 

プレミアム現在値は1.975です。

 

本日のポジション損益状況

 

項目 損益
プレミアム受取利益 206,400円
含み損 −197,500円
差引損益 8,900円

 

差引損益がプラスになってきています。これは、日数経過とともにプレミアム構成要素の一つ時間的価値が減少してプレミアムが下がってきたことが大きいです。

 

損益分岐点は104.936円です。米ドル円が現水準から2円程度円高となっても最終利益は確保できるポジションです。

 

FXポジション部分(7月16日)

 

FXオプション 権利行使日 最終利益 2020年7月16日 2

 

くりっく365口座で、米ドル円買いポジション30万通貨を保有中です。

 

FXポジションをくりっく365で保有するのは、「くりっく365の米ドル円スワップポイントが長年高水準を継続している実績」があるためです。

 

参考:7月16日のスワップポイント

 

  • くりっく365 25円(3日分)⇒1日分8.33円
  • サクソバンク証券 4.00円

 

くりっく365の方が4.33円高いですね。

 

私は、有利な方を使っていきます。

 

FXオプションからのスワップ投資 ここまでの成績

 

2020年 月別成績推移

 

2020年の月別の確定利益推移です。

 

  • 2020年運用開始時元金 11,850,114円

 

年月

利益額

2019利益

利益率

2020年1月

345,680円

345,680円

2.92%

2020年2月

125,700円

471,380円

3.98%

2020年3月

29,200円

500,580円

4.22%

2020年4月

-43,100円

457,480円

3.86%

2020年5月

13,600円

471,080円

3.98%

2020年6月

390,770円

861,850円

7.27%

2020年7月

0円

861,850円

7.27%

 

年度別成績

 

2019年運用開始からここまでの年度別成績

 

  • 運用原資 12,000,000円
  • 運用開始年月:2019年3月

 

利益額

累計利益

2019年

-149,886円

-149,886円

2020年

861,850円

711,964円

 

総合損益状況

 

FXオプション 権利行使日 最終利益 2020年7月16日 3

 

2020年7月16日時点の各項目の損益

 

項目 損益
FXオプション損益 732,446円
FX損益(確定分) −20,482円
FX+FXオプション(含み損益) −357,420円
総合損益(含み損益考慮) 354,544円
米ドル円現在値 106.890円

 

  • 運用開始日:2019年3月21日
  • 運用通貨:米ドル円
  • 買いポジション最大40万通貨(FX+プットオプション売り合計
  • 運用資金1200万円(1万通貨あたり30万円)

 

総合損益354,544円です。

 

円高気味に推移しているので、前回の471,194円から減少しています。

 

米ドル円買いポジション中心に運用なので、この辺は覚悟しているところでもあります。

 

米ドル円買いポジション30万通貨+FXオプションプットオプション売り10万通貨の合計40万通貨の買いポジション相当を保有しています。

 

大雑把にみて、米ドル円があと1円程度下げて105円台後半に突入しても総合損益はプラスを維持できる見通しです。

 

この手の長期保有前提のスワップポイント投資系運用では、「総合損益をプラスに維持できる状態」を作ることが大切です。

 

今回満期となったコールオプション売りの収益などを上乗せしながら、少しづつ「総合損益をプラスに維持できる状態」を作っているところです。こんなことを続けていくことで米ドル円上昇期となれば利益を大きく増やす時期がいずれ到来します。

 

その時期が到来するのを楽しみに、コツコツやっていきます。

 

米ドル円売買で使用中、くりっく365は米ドル円で長期間高水準提供を続けています。

 

 

「売り」「買い」の両方が出来るFXオプション取引を提供しているのは、日本ではサクゾバンク証券のみです。FXオプション口座は、FX口座開設後に手続きできます。

 

 

FXオプション運用の主要ページ

 

FXオプションの特徴と運用状況

 

 

サイト内他記事

 


2020/07/16


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ