92,300円利益 FXオプションからのスワップ投資 2020年6月4日

FXオプションからのスワップ投資 2020年6月4日 5

2本の権利行使発生とFX新規ポジション発生がありました。

 

米ドル円上昇により総合損益も増加中です。

 

ここからの動きが楽しみになってきています。

 

この運用法は以下の特長があります。

 

FXオプションからのスワップ投資 9つの特長

  1. 運用通貨:米ドル円のみのシンプル運用
  2. 30万円くらいから運用可能
  3. スワップポイント投資をFXオプションでパワーアップ
  4. FXオプションで買い平均値を下げて含み損になりにくくする
  5. 利益源@:FXでの売買利益
  6. 利益源A:FXオプションでの売買利益
  7. 利益源B:FXオプションでのプレミアム受取利益
  8. 利益源C:FXでのスワップポイント受取
  9. 利益率目安:年間10〜20%くらい

 

 

2020年6月4日 権利行使とポジション移動

 

FXオプションからのスワップ投資 2020年6月4日

 

昨晩6月3日に保有中の2本のFXオプションポジションの権利行使が発生しています。

 

それぞれ以下のようになっています。

 

2020年6月4日 権利行使結果

 

  • プットオプション売り(権利行使価格107円)⇒プレミアムゼロとなりプレミアム受取47,700円の満額利益確定
  • コールオプション買い(権利行使価格108円)⇒米ドル円上昇によりFX口座で108円の米ドル円買いポジション発生

 

これにより発生したFXポジションがこれです。

 

92,300円 FXポジション一旦利益確定

 

FXオプションからのスワップ投資 2020年6月4日 2

 

昨日時点で米ドル円は108円台後半でしたが、権利行使で発生するポジションは権利行使価格108円での買いポジションです。

 

なので、最初から含み益が乗った買いポジションになっています。

 

今後は、FX口座の買いポジションとしてスワップポイントを受け取りながら利益確定時期を待つことになります。

 

この運用法の方針として、FX口座の米ドル円買いポジションは「スワップポイントが高目であるくりっく365口座に移す」ことにしています。

 

なので、サクソバンク証券のこのポジションはこのまま92,300円の利益確定をしています。

 

くりっく365で新規ポジション作成

 

FXオプションからのスワップ投資 2020年6月4日 3

 

薄赤色部分の108.940円の買いポジションが本日作成したものです。

 

この30万通貨は、米ドル円上昇期を待って利益確定を検討していきます。

 

調度米ドル円は、上げの勢いがついてきているところです。

 

利益確定は、案外早いかもしれません。

 

「売り」「買い」の両方が出来るFXオプション取引を提供しているのは、日本ではサクゾバンク証券のみです。FXオプション口座は、FX口座開設後に手続きできます。

 

 

新規ポジションは、今後米ドル円が下げるようなところをまってから検討していきます。

 

現在保有中のポジション状況

 

FXオプションからのスワップ投資で保有中のポジション状況です。

 

FXオプション⇒FXの順番にまとめています。

 

FXオプション部分(6月4日)

 

高ボラティリティ 円高相場 攻略 FXオプション 4

 

現在保有中のポジションは、ありません。

 

FXポジション部分(6月4日)

 

FXオプションからのスワップ投資 2020年6月4日 3

 

本日10万通貨買いポジションが増えて、合計20万通貨になっています。

 

FXポジションをくりっく365で保有するのは、「くりっく365の米ドル円スワップポイントが長年高水準を継続している実績」があるためです。

 

参考:6月4日のスワップポイント

 

  • くりっく365 26円(3日分)⇒1日換算8.7円
  • サクソバンク証券 −5.99円

 

くりっく365の方が14,69円高いですね。

 

私は、有利な方を使っていきます。

 

FXオプションからのスワップ投資 過去の成績

 

2020年 月別成績推移

 

2020年の月別の確定利益推移です。

 

  • 2020年運用開始時元金 11,850,114円

 

年月

利益額

2019利益

利益率

2020年1月

345,680円

345,680円

2.92%

2020年2月

125,700円

471,380円

3.98%

2020年3月

29,200円

500,580円

4.22%

2020年4月

-43,100円

457,480円

3.86%

2020年5月

13,600円

471,080円

3.98%

2020年6月

92,300円

563,380円

4.75%

 

年度別成績

 

2019年運用開始からここまでの年度別成績

 

  • 運用原資 12,000,000円
  • 運用開始年月:2019年3月

 

利益額

累計利益

2019年

-149,886円

-149,886円

2020年

563,380円

413,494円

 

総合損益推移と今後の方針

 

FXオプションからのスワップ投資 2020年6月4日 4

 

2020年6月4日時点の各項目の損益

 

項目 損益
FXオプション損益 341,346円
FX損益(確定分) 72,148円
FX+FXオプション(含み損益) 19,330
総合損益(含み損益考慮) 432,824円
米ドル円現在値 108.915円

 

  • 運用開始日:2019年3月21日
  • 運用通貨:米ドル円
  • 買いポジション最大40万通貨(FX+プットオプション売り合計
  • 運用資金1200万円(1万通貨あたり30万円)

 

総合損益が40万円を超えてきています。

 

現在保有中のポジションはFX口座での米ドル円買いポジションのみです。

 

FXオプションポジションがないのはちょっと寂しい気持ちではあります。

 

米ドル円の上昇に勢いがついてきているので、ここはFXオプションは控えめに使っていくところとみています。

 

ここでプレミアム利益を取ろうと「コール売り」などを入れてしまうと、大きく上昇したときに利益増を小さくしかねないからです。

 

しかし、米ドル円上昇がどこまでも続くともみていません。

 

ある程度上昇したら、いずれは米ドル円下げの流れがくる気がします。

 

当面の予定はこうしています。

 

ここからの方針

 

  • ある程度上昇するまではこのままいく
  • そろそろというところで「米ドル円売り」または「プットオプション買い」を検討する

 

急激に流れが変化することもあるかもしれません。

 

気持ち的にはゆったり構えていますが、流れの変化についていけるよう心の備えだけは怠らないようにしています。

 

まずは、上げの勢いがどこまで続くかをみていきます。

 

米ドル円売買で使用中、くりっく365は米ドル円で長期間高水準提供を続けています。

 

 

「売り」「買い」の両方が出来るFXオプション取引を提供しているのは、日本ではサクゾバンク証券のみです。FXオプション口座は、FX口座開設後に手続きできます。

 

 

FXオプション運用の主要ページ

 

FXオプションの特徴と運用状況

 

 

サイト内他記事

 


2020/06/04


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ