FXオプションからのスワップ投資 2021年3月11日

FXオプションからのスワップ投資2021年3月11日 FXオプション

 

米ドル円で新規のFXオプションポジションを入れています。

 

その内容と全体の状況についてまとめました。

 

この運用法は以下の特長があります。

 

FXオプションからのスワップ投資 9つの特長

  1. 運用通貨:米ドル円
  2. 30万円くらいから運用可能
  3. スワップポイント投資をFXオプションでパワーアップ
  4. FXオプションで買い平均値を下げて含み損になりにくくする
  5. 利益源@:FXでの売買利益
  6. 利益源A:FXオプションでの売買利益
  7. 利益源B:FXオプションでのプレミアム受取利益
  8. 利益源C:FXでのスワップポイント受取
  9. 利益率目安:年間10〜20%くらい

 

 

米ドル円 プットオプション売り

 

FXオプションからのスワップ投資2021年3月11日 FXオプション

 

米ドル円の上げに一服感がでてきています。

 

とはいうものの、まだまだ強い展開は続きそうです。

 

といっても、ここから大きく上げる展開の可能性は薄い気がする。

 

そんな見通しで入れたポジションがこちらです。

 

米ドル円 プットオプション売り

 

  • 作成日:2021年3月11日
  • FXオプション内容:米ドル円 プットオプション売り
  • 作成時点の米ドル円:108.44円
  • 権利行使価格:108.00円
  • 権利行使期日:2021年8月25日
  • 売買数量10万通貨
  • プレミアム:1.8100
  • 利益上限:1.8100×10万通貨=181,000円
  • 損益分岐点目安:108.00ー1.8100=106.19円

 

プットオプション売りは、「利益限定・損失限定なし」で「上げ相場で利益・下げ相場で損失」という性質を持ちます。

 

ポジションを作った際に利益を受取る仕組みで、今回の利益は181,000円です。

 

今後、権利行使期日までの途中で決済したりすれば、その時に損失を計上することになります。

 

このまま保有した場合、権利行使期日の8月25日に、権利行使価格108円以上であればこの181,000円の満額受取が確定するという仕組みです。

 

米ドル円の今の勢いであれば、このまま持っていれば8月25日には108円以上を維持している気がします。

 

もしも、108円未満になるときは、2つの選択肢があります。

 

権利行使日 2つの選択肢

 

  • ポジションを決済して清算する
  • FX口座で108円の米ドル円買いポジションとして保有し続ける

 

損益分岐点は106.19円です。

 

ポジションを決済して清算する場合は、損益分岐点よりも米ドル円が下がれば最終損失となります。

 

もう一つの選択肢は、181,000円の利益を確定したままFXポジションとして保有していくというものです。

 

どちらにするかは、権利行使期日の状況を見て決めます。

 

焦らず、タイミングをみながら、やっていきます。

 

 

2021年3月4日 ポジション状況

 

FXオプションからのスワップ投資で保有中のポジション状況です。

 

FXオプション⇒FXの順番にまとめています。

 

FXオプション部分(3月11日)

 

FXオプション 保有ポジション 2020年11月12日 5

 

本日作ったポジションを1本のみ所有、同じ説明になるので割愛させていただきます。

 

 

FXポジション部分(3月11日)

 

FXオプションからのスワップ投資2021年3月11日 FX

 

売り30万ー買い30万通貨の完全両建てとなっています。

 

ここから米ドル円が下げるようであれば、売りポジションの利益確定などを予定しています。

 

FXポジションをくりっく365で保有するのは、「くりっく365の米ドル円スワップポイントが長年高水準を継続している実績」があるためです。

 

3月11日 米ドル円買いスワップポイント(1万通貨)

 

  • サクソバンク証券 ⇒1日分ー13円
  • くりっく365 20円(3日分)⇒1日分6.7円

 

くりっく365の方が、1万通貨あたり19.7円受取が多いです。

 

ここから米ドル円が更に上昇するようであれば、「新規売りポジション」「コールオプション売り」「プットオプション買い」の検討をします。

 

下落に転じるようであれば、「売りポジションの決済」「プットオプション売り」「コールオプション買い」などを考えることになります。

 

現状、10万通貨買い越しくらいですので、米ドル円が上げても下げても、全体の含み損益にはそれほど影響がない状況です。

 

現状のバランスを維持しながら、次の一手を考えていきます。

 

 

FXオプションからのスワップ投資 過去の成績

 

2021年 月別成績推移

 

2021年の月別の確定利益推移です。

 

  • 2021年度運用資金 12,358,145円

 

年月

利益額

2021利益

利益率

2021年1月

21,478円

21,478円

0.17%

2021年2月

-2,042,035円

-2,020,557円

-16.35%

2021年3月

181,000円

-1,839,557円

-14.89%

 

年度別成績

 

運用開始からここまでの年度別成績

 

  • 運用開始年月:2019年3月
  • 運用開始時資金 12,000,000円

 

利益額

累計利益

2019年

-149,886円

-149,886円

2020年

508,031円

358,145円

2021年

-1,839,557円

-1,481.412円

 

米ドル円売買で使用中、くりっく365は米ドル円で長期間高水準提供を続けています。

 

 

「売り」「買い」の両方が出来るFXオプション取引を提供しているのは、日本ではサクゾバンク証券のみです。FXオプション口座は、FX口座開設後に手続きできます。

 

 

FXオプション運用の主要ページ

 

FXオプションかわのスワップ投資 関連ページ

 

 

サイト内他記事

 


2021/03/11


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ