豪ドル手円書きグラフ

豪ドル手書きグラフ

毎日描いている豪ドルグラフの画像を定期的にアップしています。これは、亀千人投資術+場帖・グラフの内容にもとづいて記入を続けているものです。

 

亀仙人投資術NEO 詳細説明

 

ここに掲載してあるのは、2013年7月15日以降の分です。それ以前のものは別ブログにて掲載してありました。

豪ドル円見通し 手書きグラフからの一味違う見方記事一覧

目標利益率の功罪 豪ドル円見通し2017年1月20日

手書きグラfによる2017年1月20日の状況です。

≫続きを読む

豪ドル円成功 売買記録

土曜日のメルマガ「相場生活入門 [まぐまぐ!]」で報告した豪ドル円10万売りポジションを本日決済しています。約定状況と決済理由についてまとめました。

≫続きを読む

豪ドル円見通し 天井圏突入の模様

豪ドル円の流れがはっきりと出始めています。来週から年始にかけて荒れた動きになるかもしれません。

≫続きを読む

豪ドル円見通し 2016年12月

豪ドル円手書きグラフからの見通しをまとめました。亀仙人投資術に基づく見通しです。

≫続きを読む

豪ドル円推移 手書きグラフ 2016年11月状況

豪ドル円の場帖・グラフ記入、毎日続けています。やっと動きが出てきたようですね。

≫続きを読む

豪ドル円見通し 2016年9月

豪ドル円の手書きグラフと場帖による見通しです。前回の見通しから変化がでてきています。

≫続きを読む

豪ドル円見通し2016年9月30日 ここからの下げは激アツかも?

サヤすべり取りで使っている、豪ドル円手書きグラフ状況です。良い感じで揉んでいます。ここから狙っているポイントなどについてまとめてみました。

≫続きを読む

豪ドル円見通し グラフ10枚目突入 利益を出して残せるようになったという意味

豪ドル円手書きグラフからの豪ドル円見通しです。毎日コツコツ記入しながら、豪ドル円売買をやっています。

≫続きを読む

豪ドル円見通し 豪ドル円の夏はいつくるのか

豪ドル円のグラフは毎日2mm感覚で描きた足しをしています。地味な作業ですが、これをするだけで安心して利益を出していけます。豪ドル円専門になって10年以上続けているのですが、これからも基本を守りながら続けていきます。現在の場帖・手書きグラフからみた見通しについてまとめました。

≫続きを読む

大底確認はできたのか? 豪ドル円手書きグラフからの見通し 2016年7月29日

毎日記入している豪ドル円手書きグラフからの豪ドル円見通しについてまとめました。

≫続きを読む

なかなか面白い局面になってきた。  豪ドル円見通し2016年7月状況

豪ドル円手書きグラフ 2016年7月状況です。待ち続けた買い場が着実に近づいてきていると感じています。なかなか面白い局面になってきました。

≫続きを読む

豪ドル円手書きチャート見通し 為替相場と根競べ・・かな(笑)。

豪ドル円手書きグラフによる見通しです。毎日記入しながら微妙な変化を楽しんでおります。

≫続きを読む

豪ドル円ー南アフリカランド円 チャート状況 2016年3月25日

毎日記入している豪ドル円手書きグラフと売り用に観察している南アフリカランド円の状況です。どちらも比較的狭い範囲での往来相場が続いています。そろそろ、動きそうなんですけどねぇ。

≫続きを読む

豪ドル円グラフ状況 豪ドル円買いのヘッジに南アフリカランド円を使う

豪ドル手書きグラフ状況です。このカテゴリーの記事を書くのは久しぶりとなります。実は、デジカメの調子が良くなく買い換え、操作に慣れるまで時間がかかってしまいました。

≫続きを読む

「相場の90%は技術であり、頭脳を使うのは残りの10%」 相場技術とはなにか

日々の場帖・グラフ記入は、相場技術を磨き続けるためのものです。毎日数分の単純作業のために、時折この目的を確認しています。薫習とFXでも、書いたのですが目的を忘れず情熱を持って作業をするというのも大切なのです。まあ、相場の情熱というのは言葉にすれば「もっと儲けたい」というものなので失うという心配は要ら...

≫続きを読む

小布施新三郎に学ぶ FX買い派の哲学

FXのスワップ投資・株式の配当金重視投資は、ともに投資家に人気の運用法です。こういう運用法で最後まで成功し続けるために大先輩でもある小布施新三郎の考え方を紹介させていただきます。

≫続きを読む

「奇跡に賭けるな」山崎種二 FXで奇跡にかけたくなった時に読む記事

豪ドル円手書きグラフ状況です。ちょっと状況に変化がでてきています。

≫続きを読む

「割をとる」 FX投資 私の視点

スワップ投資の基本は、「割をとる」ことにあると考えています。いつもの通り、豪ドル円手書きグラフを描きながらサヤすべり取りの復習をしておりました。

≫続きを読む

「為替ニュースの三猿」・・・利用可能性のバイアスと師の言葉

私は、林輝太郎先生の運用法を学び続けています。利益を出すところまでいかねば「学ぶ」という意味はありません。そして、利益を出せるようになって「上には上がいる」ものです。林輝太郎先生の理論と運用法は、しっかりと学び実践していけば利益が出せるようになるという意味で、他の運用法とは一線を画すものとなっていま...

≫続きを読む

相場師ほど精神修養の大切な職業はない。 FXトレーダーにとっての「心・技・体」と...

豪ドル円が下げ気味に推移しています。私の豪ドル円ポジションは3分の2程度が両建て状態となったまま様子をみているところです。そんな中で描き続けている手書きグラフについて感じていることをまとめました。FXトレーダーにとって大切と感じている部分についても後半でまとめてみました。

≫続きを読む

「相場に度胸はいらない」 FX売買判断で理想とする境地

相場格言の一つに「相場に度胸はいらない」というのがあります。これは達人の境地でもあり、私の目指すところでもあります。豪ドル円手書きグラフを描きながらそんなことを思い出しておりました。

≫続きを読む

豪ドル強弱2つの見方 audusd0.5まで落下と底打ちの兆し

豪ドル円は、前回記事3段下げの可能性を考慮以降、少し落ち着いた値動きが続いています。ただ、下げやすい地合いに変化はなありません。ズルズルと下値を更新するような流れがでてきそうなので警戒しているところです。

≫続きを読む

豪ドル円 自分の売買道具に従って売っておこう

豪ドル円を売りを再開しました。まずは10万豪ドル売りです。売りポジションで使っているのは、マイナススワップポイント業界最小水準のDMMFX口座です。

≫続きを読む

豪ドル円手書きグラフ 大きく動く前兆あり 上げなのか下げなのか・・

豪ドル円手書きグラフの状況です。ずっと描き続けていると「そろそろ動くかな」というパターンがいくつか見つかります。現在の形もその一つです。今回の「大きく動く前兆」どおりに動くかどうか、注目しています。

≫続きを読む

サヤすべり取りでの豪ドル円売買 場帖とグラフの感覚が違ってきたら注意

毎日の場帖・グラフ記入は、慣れてしまうと淡々としたものです。大きな流れで売買をしていくので、日々何かしらの刺激があるわけではありません。毎日さしたる刺激がない日が続いてから、「あれ?」という感じでちょっと違和感を持つ時期が到来します。その辺からがサヤすべり取りのポジション操作時期ともなるのです。

≫続きを読む

豪ドル円10万追加売り スワップポイント差を取りつつ変動期待つ

本日豪ドル円を追加で10万売りました。先日記事豪ドル円新規10万売り 異業者両建てを利用した使い方に続く第二弾です。DMMFX 世界第1位FX業者の評判と体験談

≫続きを読む

豪ドル円新規10万売り 異業者両建てを利用した使い方

豪ドル円新規売りポジションを10万作りました。現在30万通貨の買いポジションがあるのですが、その買いポジションヘッジの売りポジションという位置づけとなります。使ったのは、豪ドル円売りポジション時のマイナススワップポイント負担がもっとも小さいDMMFXです。スワップ金利サヤ取り(異業者両建)の変則バー...

≫続きを読む

FXで負け続けたらすべき事とやってはいけない事

豪ドル円の手書きグラフ状況です。暴落気味の下げ方になってきています。動き出すと早いのが豪ドル円で、急落急騰が今後も続きそうな流れになってきています。本日ちょっとポジションを乗せてみました。

≫続きを読む

豪ドル円変動期近し 慌てずにいきましょう。

そろそろ豪ドル円が動き出しそうな感じになってきました。他の通貨ペアに比べると、ここのところの豪ドル円は緩い値動きが続いていたのですが、状況が少し変化してきているようです。

≫続きを読む

成功者に学ぶ 20年近く1度も損をしなかった手法

私のやっているサヤすべり取り(その基礎をまとめたのが亀仙人投資術)では、毎日場帖記入が必須となっています。とはいえ、運用対象がFXだけであれば豪ドル円1銘柄の値記入だけなので所要時間は1分もかかりません。私は、株式「東京電力」とCFD「コーン」の2銘柄も記入しているのでもう少し時間がかかります。かか...

≫続きを読む

2015年豪ドル円相場 気楽にやるのが成功のコツかも

豪ドル円手書きグラフの状況です。2015年の豪ドル円は、ここまでのところ大きな動きがなく上げ下げの変動幅の狭い展開となっています。こういう時は、私のような長期派は売買をしないで我慢をする時期も長く忍耐力が問われる時期でもあります。でも、見方を変えれば基本事項さえ守っていけば大怪我をしない時期でもあり...

≫続きを読む

電力王 相場師松永安左エ門の戒めの言葉

毎日グラフを描きながら豪ドル円の下げを待ち続けているとちょっと気持ちが焦るときがあります。そんな時に気分が落ち着く言葉を探していたら松永安左エ門さんの言葉を見つけたので紹介させていただきます。まずは、本日の豪ドル円グラフ状況をご覧ください。

≫続きを読む

小利大損の原因と対処法 迷いを無くすにはどうすべきか

小利大損の売買パターンはそのまま続けていくと資産が徐々に減っていく悪循環から抜け出せなくなります。小利大損の売買パターンから抜け出す良薬が一つあります。それは「●●を無くすこと」です。これは亀仙人投資術+場帖・グラフでやっていることでもあるのですが、その内容についてまとめさせていただきました。

≫続きを読む

豪ドル円・東京電力の大利を逃した理由 場帖・グラフトレード 私の課題と収穫

現在3銘柄で場帖・グラフ記入続けています。ここ数ヶ月の間に立て続けに似たような売買をしてしまいました。利益とはなったものの大利を逃す形となり、今後の課題となっています。私の備忘記録を兼ねてその内容についてまとめました。

≫続きを読む

FXスランプの脱出法 勝負師たちと私の方法

FXに限らず勝負の世界では、誰でも調子を崩すときがあります。勝負の世界で調子を崩すとそのまま破滅まで突き進むこともあります。そのため、この世界で生き抜いている人々は「スランプの脱出法」というものを必ずといって良いほど持っています。FXとよく似た勝負の将棋世界の事例と私のやり方についてもまとめさせて頂...

≫続きを読む

豪ドル円下落の流れは変わったのか 1日1分の作業に集中する時到来

豪ドル円の売買頻度がここのところ上がってきています。4月に入り、ちょこちょこと買い続けていて一部は弱気により微益決済しながら売買を続けています。豪ドル円グラフにも転換の兆しもでてきています。真偽を見分けながら、波に乗っていきたいものです。現在の手書きグラフ状況をまとめさせて頂きます。

≫続きを読む

出来ないのではなく知らないのだ・・師匠の言葉

本日は、MT4の日足折れ線グラフにて失礼します。妻がデジカメをもって出かけてしまい、写真が撮れませんでした(悲)。豪ドル円は、1月中旬に底らしき動きをしたあと下値を切り上げてジワジワと上昇する展開が続いています。豪ドル円買いポジションを持っていない方が、これだけ見ると「早く買わないと上がってしまう!...

≫続きを読む

豪ドル円チャート状況 為替相場にジラされる展開続く

豪ドル円の場帖・グラフ記入を続けています。ここのところ感じていることについてまとめました。豪ドル円の値動きにジラされるような展開が続きそうですので、いつも以上に静かに売買をしていくつもりでおります。

≫続きを読む

サヤすべり取り 技術磨きの第一歩

豪ドル円のサヤすべり取りでは手書きグラフを描き続けています。先日の売買米ドル証拠金口座初利益+118,600円は、このグラフと毎日記入している場帖による判断で行っています。場帖・グラフで手書きと書くと、とても手間がかかりそうなイメージがあるようなのですが、毎日の記入時間は1分程度です。これで自分たち...

≫続きを読む

豪ドル円単純チャート 誰もが買いたくないからこそ買いの形

豪ドル円の下げの形が強力になってきています。私の手書きグラフでも下げ傾向がはっきりしてきました。ただ、これだけはっきりしているときは「そろそろ買いの検討開始時期」でもあります。毎日1分の作業を続けながら、買い場を待ち続けてきたのですが、そろそろ出動時期かもしれません。現在のグ豪ドルラフ状況をまとめさ...

≫続きを読む

「ケイ線屋 足をひきひき足を出し」 豪ドル円iここから頼ること

チャートに夢中になっている人を昔は「ケイ線屋」とも呼ばれていました。チャートにも移動平均線やRSIなど様々なものがあります。いろんなチャートを次から次へと使い分けていくのは一見合理的でも、うまくいかないことが多いものです。こんな相場格言もあります。「ケイ線屋 足をひきひき足を出し」一生懸命チャート研...

≫続きを読む

越後正一に学ぶFX もう一人の相場の神様の重要ポイントとは

相場の神様というと私が一番最初に頭に浮かぶのが山崎種二さんです。でも、同時代にもう一人相場の神様と呼ばれた人がいます。越後正一さんがその人で、伊藤忠商事の第5代社長でもあります。また、映画やドラマともなった不毛地帯の登場人物の一人「大門一三社長」のモデルともなった方で相場の神様としての知名度は越後正...

≫続きを読む

誰もがわかるでは相場にならない 豪ドル円FXグラフ状況

豪ドル円のグラフを描きながら、単純ながら厄介な局面に入ってきたなと感じておりました。豪ドル手書きグラフ状況は「誰でもわかる状況」となりつつある気がします。

≫続きを読む

天井圏相場の禁じ手 豪ドル円110円狙いと暴落への対策

豪ドル円のグラフ状況です。今回は、いつもお見せしている手書きグラフでは写真に入りきらない部分をMT4の折れ線グラフにてみてみます。こういう単純なグラフで、私のメイン口座は運用しています。FX初心者向けミドルリスク運用法 1日1分実践法と成績

≫続きを読む

専業トレーダーの滅びはなぜ早いのか?

浮き上がるまでは苦労するのに落ちぶれるときは一瞬これ、よくある専業トレーダーの崩れ落ちパターンのひとつです。私自身もっとも注意している部分です。場帖とグラフを描きながら頭に浮かんできたので少し書かせていただきます。

≫続きを読む

二宮尊徳を慕う相場師 関係ないけど20万豪ドル買い

二宮尊徳をいえば、節約・勤勉で昔から有名で日本人で知らない人はいないかもしれません。相場師で二宮尊徳を慕ったり、同様の行動をしている方は多いのです。相場師というとお金をバラマクように使うイメージを持っている方も多いので、これは意外な部分かもしれません。本日の朝、豪ドル売買もしていますので、併せて書か...

≫続きを読む

豪ドル円そろそろ天井? いや、ここからが面白い、でも怖いけど(汗)

毎日1分の作業で描いている豪ドル円手書きグラフの状況です。豪ドル円は、ここのところ少しづつですが上げ続けています。ただ、過熱感はまだでていない状況となっており、少々リスクは高いのですが、面白い局面に入ってきたように感じています。この手書きグラフと場帖によるこれまでの売買成績と概要は以下でまとめてあり...

≫続きを読む

+384,260円 豪ドル円上がりすぎ警戒 ローペースからの焦りにご注意

午前中記事大損したときに読む本を書いた後に、現存ポジショがどうにも気になってしょうがなくなりました。こういうときは一旦素直に決済することにしています。

≫続きを読む

大損したときに読む本

相場で含み損が膨らんで苦しんでいる時には本が読みたくなる。でも、諸先輩の著書を読むと大損しそうなときに読む本はないのだそうです。お含み損が膨らんで大損をしそうな時の気持ちというのは、ワラをも掴む思いで苦しみから逃れる特効薬を探している。でも、その特効薬は実はわかっている。曲がったときは休むべし=損き...

≫続きを読む

「相場が見えるときに弾はなし」 fx初心者でも損しないためにすべき事

FXで大損しないための心得や格言は沢山あります。その中には、簡単なことだけども実践上も重要なことがあるんですよね。「相場が見えるときに弾はなし」これもその一つです。こんなの当たり前と思うでしょうが、FX初心者でも損しないために重要な教訓でもあるのです。今回は、この相場格言を掘り下げてみます。まずは、...

≫続きを読む

邪心さえ起こさねば負けない FXで失敗する前に読む記事

邪心さえ起こさねば負けない。私がサヤすべり取りを始めてからもう20年以上になります。続けてきて確信を持って言えることの一つがこの言葉です。これまで何度か大きな痛手をこうむることもありました。そして、その100%が邪心を起こしたが故の失敗でした。ルールどおりやるというのは、案外難しいものなんですよね。

≫続きを読む

豪ドル見通し 2014年7月 手書きグラフからみた今後

毎日描いている豪ドル円手書きグラフからみた豪ドル売買見通しです。このグラフは、豪ドル円で続けているサヤすべり取の売買道具です。このやり方の基礎部分が、亀千人投資術です。これまでの運用状況などは以下のカテゴリーでもまとめてあります。FX初心者向けミドルリスク運用法 1日1分実践法と成績

≫続きを読む

本間宗久はなぜ負けたのか 2014年6月13日豪ドル円グラフからの見通し

今の亀千人投資術をもとに記入し続けている豪ドルグラフの只今の状況です。そろそろ上に抜けそうな感じがあるのですが、なかなか抜けませんね。ここで一旦跳ね返されるかどうかをみているところです。今年の豪ドル円は、ずっと往来相場を続けてきているので、エネルギーは十分に貯まっています。出動準備と日々の作業はしっ...

≫続きを読む

現在の豪ドル円の見通しは難しいと悩んだら読む記事 2014年5月30日状況

現在の豪ドル円の見通しは難しいと悩んでいる方も多いかもしれません。そういう時は、自分の見通しの立て方を見直すのが効果的です。もしかすると、とっても複雑なことをやっていたり、いろんな情報を集めすぎて整理がつかなくなっているのが原因かもしれません。FXってそんな複雑なことしなくてもいいんです。売買判断に...

≫続きを読む

豪ドル円見通しのささやき 天井はまだ早いかな

ツイッターが、こんどは「ささやき」モードを検討中のようです。参考記事:Twitter、つぶやきならぬ「ささやき」(Whisper)モードを検討中。面白いことを考えるものですねぇ。誰にでも思いつきそうですけど、なかなか出てこないアイデアだなぁと感心しておりました。では、本題に入りますね。

≫続きを読む

豪ドル円グラフ思案所 売りたくなる形

豪ドル手書きグラフ状況です。毎日1分程度で書いている場帖とグラフですが、徐々に変化がでてきている気がします。ご覧の通り、ここ数ヶ月往来相場が続いています。いつもであれば、そろそろ下落転換というところです。でも、段々強さがでている気がするので「売り」はしないでおきます。一押しあれば拾っていこうかと思っ...

≫続きを読む

豪ドル円 わかりにくいところではあるが臨戦モード突入

昨年末よりほとんど傾向らしいものもなくダラダラとしてきた豪ドルですが、ちょっとだけ動きがでてきました。このグラフは、ライブスター証券さんとのタイアップレポート「亀千人投資術+場帖・グラフ」での売買で使用しています。亀千人投資術+場帖・グラフについて

≫続きを読む

豪ドルグラフをみながら小島兼太郎の言葉を思い出す

毎日記入している豪ドル円の場帖・グラフの状況です。1日1分の作業ですが、外部ニュースに惑わされずに大きな流れに身を任せながら、ゆったりと売買が出来るようになってきました。私の基本はいつものこれです。亀仙人投資術NEO 詳細説明

≫続きを読む

豪ドルグラフ 12月16日時点の状況

日々1分の場帖グラフ記入を相変わらず続けています。豪ドルは上昇しにくい展開が続いているので、豪ドル中心の私としては、少々やきもきしております。とはいえ、焦るのは禁物です。こういうときこそ、売買道具を信じて日々の作業を粛々と続けていくことが大事なのだと思っています。勝負時がくれば大きく動くlことになる...

≫続きを読む

松沢与七に学ぶFX 相場はヘタになるがよし | 豪ドルグラフ2013年10月28...

松沢与七は、米相場で楼上将軍と呼ばれた相場師です。彼の相場運用は、売買方針を決めるとそう簡単に変更しないことで有名でした。一度買いと決めれば、「思惑三年」として買い方に陣取って攻めていくというスタイルで大勝利を収めていた人物です。「売りか、買いか、一方にこり固まることも必要である。雷火主義はおれの本...

≫続きを読む

難しくない相場なので慌てずいきましょう |豪ドルグラフ 2013年10月7日の状...

豪ドルグラフ2013年10月7日現在の状況です。上げ相場に乗りそうなところで一休みそんな形になってきています。ここいらで少し揉みそうです。再び下げ相場という展開もありうるのでポジションには余裕をもたせたままでいきます。押し目は拾っていくつもりでいますが、このグラフの形がおかしくなるようであれば無理は...

≫続きを読む

相場大負けの意外なシグナル | 豪ドル一筋11年突入

相場のうまい人でも大きく負けるときがあります。運用技術を磨いていけば、いつでもどこでも勝てると思い込んでいる方もいるのですが、現実はそんなに甘いものではありません。どれほどの相場師でもトレーダーでも、たまに大負けします。大負けの度合いが大きいときは、破産寸前までいきます。そういう大負けのときのシグナ...

≫続きを読む

相場師の敵はどこにいる 2013年8月28日豪ドルグラフ状況

豪ドル円、まだまだ底値でウネウネしております。崩れそうで崩れない状況がここ数週間続いています。このまま持ちこたえれば上昇の芽もでてくきます。でも、ちょっと難しいかなぁ。今日の朝はカクンと崩れてきています。このまま大きく崩れるようならば少しポジションを持ってみたいと思っています。

≫続きを読む

2013年8月9日豪ドル円手書きグラフ状況

豪ドル手書きグラフ2013年8月9日現在の状況です。1段目の下げが終わり2段目に入ったたという感じです。グラフ上はまだまだ下げそうな感じがありますが、一方的に大きく下げていく展開は暫くはないかもしれません。ただ、いつでもカクンと落ちそうな形ですので、油断できないです。ここで往来相場となる可能性もあり...

≫続きを読む

豪ドル手書きグラフ 2013年7月15日

豪ドル手書きグラフ2013年7月15日の状況です。一段目の下げがやっと終わり、一息ついていたのですが、再び怪しい状況になってきています。金曜日の下げがまだこのグラフには加わっていないため、本日もうちょっと下がると下値を切り下げていく展開に突入しかねません。とはいえ、あまり悲観はしていません。そろそろ...

≫続きを読む


FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック