このページの先頭へ

「奇跡に賭けるな」山崎種二 FXで奇跡にかけたくなった時に読む記事

豪ドル円手書きグラフ状況

豪ドル円手書きグラフ状況です。ちょっと状況に変化がでてきています。

奇跡に賭けるな

豪ドル円どうすれば

 

豪ドル円手書きグラフです。ちょっと方向性がでてきた感じになっています。「底を固め始めている」ように見えます。

 

こういう時期は、いつも不思議だなと思ってしまいます。

 

「米国利上げ」「中国経済減速」など、まだまだ豪ドル円が下げる材料は満載なのですが、グラフ上は底を入れた形が出始めているからです。

 

これまでも、似たような状況は何度もありました。大底圏から動き出す時に多いパターンでもあるのですが、今回もそうなるかどうかはわかりません。

 

ただ、そろそろポジションを乗せる可能性があります。こういう時は「もっと下げたら買おう」なんて考えているうちにどんどん値が上がってしまうことも多いものです。あるいはビクビクしているうちに買いチャンス時期が終わっているということもあります。

 

場帖・グラフ記入を続けながら、その時期がきたら値にこだわらずに仕掛けていくつもりでいます。

 

奇跡に賭けるな ・・・ 山崎種二

 

この言葉は、相場運用で利益を出し続けていくためのコツを示唆しています。相場運用がうまくいかなくなり含み損が膨らみはじめると「奇跡」を望むようになっていきます。しかしながら、相場の神様は残酷なところがあるお方なので「奇跡」はまず起きません。

 

奇跡を望むようになる時というのは、「豪ドル円は上がるはずだ」という予測めいたものが「豪ドル円よ、上がってくれ」というお願いに変化し始める時期でもあります。

 

このお願いも奇跡同様に、叶わないことの方が多いものです。

 

私は、こうなった時の対処法を決めてあります。一言で書くのであればこうです。

 

奇跡に賭けるな。敗北を認めよ。・・・・私のルール

 

まずは、奇跡に賭けない運用を心掛けます。奇跡に賭けたくなる状況に陥らないように、簡単に書けば失敗と感じるポジションには早目に手をうつということです。

 

それでも、処理が遅れて「奇跡に賭けたくなる時」というのは数年に1回くらいは訪れます。こういう時期は、頭が熱くなっているため自分でも気づかないこともあります。でも、含み損などがある程度のレベルになって追い詰められると「どうやら今の私は奇跡に賭けているようだ」と気づきます。

 

それに気づいたときには、行動します。そう、悪いポジションを一気に損きりするのです。

 

奇跡に賭けたくなったら既に私は負けているということです。その時は負けを認めていくようにしています。

 

この段階でも相当の損失はあるのですが、そこで行動すれば最悪の破滅までは至りません。そして、実はこの「奇跡に賭けている自分に気づく段階」というのは、相場の神様が与えた最後のチャンスということも多いような気がします。ここで、対応をためらったがために破滅の底をみてしまうことになりかねません。私自身も、20年以上前に最後のチャンスに行動しなかったために、いくところまで行ってしまった苦い経験があります。

 

破滅まで至らずに資金を残せれば復活の芽も残ります。そして、この経験は危機を乗り切ることで運用技術を上げていくことにもなります。復活の芽を残し、運用力を磨いていけば運用資金は再び増加し始めます。

 

 

 

日々1分の作業を続けながら、基本を忠実に守っていけば大丈夫なんですけどね。私自身、この記事を自分に言い聞かせて書いています。

 

亀仙人投資術+場帖・グラフ 詳細説明

2015/10/23 08:57:23
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック