FXオプション 実践者が感じる4つのデメリット

FXオプション 4つのデメリット

FXオプション+FXのハイブリット運用法「FXオプションからのスワップ投資」についてまとめてきました。

 

核となるFXオプションについてのメリット・デメリットを整理しておきます。

 

ここでのメリット・デメリットは教科書的な解釈ではなく、私自身が使ってきて感じている部分を中心にまとめています。

 

まずは、デメリット部分より始めます。

 

 

FXオプション 4つのデメリット

 

FXオプションでいろんな使い方をしてきて、感じるデメリット部分は4つあります。

 

  1. 短期売買には向かないと思われる。
  2. 値が付かなくなるというリスク(絶対に勘弁してほしいリスク)
  3. ポジションが複雑になりやすい。
  4. FX単独よりも利益を減らす事もある。

 

それぞれ補足させていただきますね。

 

その1:短期売買には向かないと思われる

 

使い方にもよるかもしれませんが、FXオプションは短期売買には向かないと私は感じています。

 

それは、「利益が出るまでにはFX以上の値動きが必要」だからです。

 

FXの米ドル円売買であれば、想定通りの方向に数銭でも動き出せば利益が乗り出します。

 

FXオプションでは、数銭程度の値動きでは利益圏にははいりません。

 

これには2つの要因があります。

 

米ドル円数銭の値動きでFXオプションが利益になりにくい要因

 

  • FXオプション自体にもスプレッドがある。
  • 為替値への反応が鈍目である。

 

この画像をご覧ください。

 

FXオプションデメリット 2

 

権利行使価格111.75円の米ドル円コールオプションのプレミアム部分です。

 

「ビッド0.621−アスク0.736」となっています。

 

  • 買いポジションであれば0.736
  • 売りポジションであれば0.621
  • 売りと買いの差 0.736−0.621=0.115

 

この売りと買いの差がFXオプションのスプレッドです。0.01が1銭くらいの目安ですので、11.5銭くらいのスプレッドがあるような感じになっています。

 

今度は、アスク0.736とその上の薄青色部分をご覧ください。

 

先補と同じ画像

 

FXオプションデメリット 2

 

ここで「FXとFXオプションの値動きの違い」の目安を確認できます。

 

  • 権利行使価格111.25円 1.069
  • 権利行使価格111.50円 0.892
  • 権利行使価格111.75円 0.736

 

米ドル円の権利行使価格が25銭動いても、プレミアムは0.16〜17(約16〜17銭)の動きです。

 

なので、このケースでは米ドル円が50銭くらい動いても、FXオプションの反応度は7〜8割程度に留まります。

 

こういう感じなので、スキャルピングのような売買はほぼ不可能です。

 

ただ、例外もあります。

 

例外:為替相場の急変動時

 

それは相場急変などで「ボラティリティが急激に高まった時」です。

 

為替相場が短期間・短時間で大きく変動するようなときです。こういう時はFXオプションも短時間で大きく動くことがあります。

 

これは、FXオプションのプレミアムを構成する要因に「ボラティリティ」があるためです。

 

ボラティリティが高まるような時期が到来すると、FXオプションのプレミアムは急上昇する傾向があります。

 

こういう時はFXよりも激しく変動することがあるかもしれません。

 

でも、そこまでの急変動は滅多にはないんですけどね。

 

その2:値が付かなくなるというリスク

 

私はまだ経験したことがないのですが、FXオプションには「値が付かなくなるリスク」があるそうです。

 

これ、困りますよね。

 

タイトルでも書きましたが、絶対に勘弁してほしいリスクですよね。

 

値が付かないということは、途中決済ができないということです。

 

絶好の途中決済チャンスに売買できないなんてことは、想像したくないものです。

 

このリスクについて、数年前にサクソバンク証券の説明会で質問したことがあります。

 

過去に「値が付かなくなったケース」は、以下のような場合だそうです。

 

値が付かなくなるかもしれない状況

 

  • 権利行使価格から現在値が大幅に離れている時
  • 流動性が急激になくなったような時

 

数年前にトルコリラ暴落が激しくなった時期に、USDTRYで新規の権利行使価格がでてこなくなって売買ができなくなったことがありました。

 

もしかしたら、「値が付かなくなったケース」というのはああいう状況をいうのかもしれません。

 

米ドル円などのメジャー通貨では、あまり起きなさそうですが留意はしておく必要があるリスクです。

 

その3:ポジションが複雑になりやすい。

 

FX+FXオプションの運用は、自然と「ポジションが複雑になりやすい」ところがあります。

 

実際の保有ポジション状況でご覧ください。

 

 

この記事で保有中のFXオプションはこうでした。

 

2月21日保有中のFXオプションポジション画像

 

FXオプション 4つのデメリット 3

 

FXオプションポジション5本+FX10万通貨です。

 

保有しているFXオプションも、プットオプション売りやらコールオプション売りやらプットオプション買いなどバラバラでしす。

 

慣れていないと「なにやっているのかわからない」てな感じになるかもしれませんよね。

 

私は、これらのポジションを把握するために玉帳(ギョクチョウ)という帳簿を記入しています。ポジション状況とこれまでの収支明細がわかる帳簿です。

 

手書きでフアイルしてあるので、全体のポジションをみたり、これまでの売買を振り返るときに、パソコンをONにしなくてもすぐにみることができます。

 

この運用法に取り組まれる方は、こういう帳簿などで「ポジション状況が一覧できる」ようにしておくことをおすすめします。

 

その4:FX単独よりも利益を減らす事もある。

 

FXオプションを使って、FXよりも利益を増やしていくのが「FXオプションからのスワップ投資」の趣旨です。

 

でも、当然ながらFXオプションを使ったことが裏目にでることだってあります。

 

米ドル円コールオプション売りを仕掛けた後、米ドル円が大きく上昇してしまえばそのポジションには大きな含み損が発生します。

 

FXで買いポジションと相殺する予定ということで、精神的ストレスは少ないかもしれません。

 

でも、単純に買いポジションを持っていれば「利益が増えるだけ」だったので「余計な事をして利益を減らした」ということにもなります。

 

私の運用でも、1回1回の売買では利益を減らすようなこともすることもあるはずです。

 

実際にこんな売買もしています。

 

裏目にでたケース

 

 

この日は、移動平均線のデットクロスによって米ドル円が大きく下落するかもしれないと感じたところでした。

 

FXの買いポジション20万通貨を利益確定するとともに、プットオプション買い30万通貨を入れています。

 

そのあと、米ドル円相場が想定とは反対に動いています。

 

2月末時点で振り返ってみれば、FXの買いポジションを早目に決済したのはしょうがないとしても、プットオプション買いで支払った約22万円の代金はもったいなかったという気持ちになりますよね。

 

こういう経験もしながら、運用は続いていきます。

 

それでも、これらのデメリットを上回るメリットがFXオプションにはあると思っています。


FXオプションからのスワップ投資 目次

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

FXオプションで使っているのはサクソバンク証券です。

 

2020/02/24


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2500回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ