特殊ルール追加と基本ルールの位置づけ:FXオプション失敗からの教訓 その3

FXオプション 失敗 売買ルール

失敗前から売買ルールは重視していたのですが、3月の特殊相場では何度もルール違反をしてしまいました。

 

一応、その言い訳から読んでくださいまし。

 

 

言い訳するな。


 

そう言わずに、読んでください。

 

読者の皆様も似たような状況に陥ることがあるかもしれません。

 

 

特殊相場にこだわりすぎた。

 

3月のFXオプション相場は高ボラティリティの影響を受けて、これまで経験したことがない状況となりました。

 

  • プレミアムが通常にの数倍に上昇した。
  • 「売り」と「買い」のスプレッドも通常時の数倍となる。

 

この特殊な状況を利用したポジションも何度か仕掛けています。

 

 

普段は作らないようなポジションを何度か作っています。

 

一部は「ルール違反」とわかってやっているんです。

 

でも、この特殊相場に対応するため、「ルール違反」を正当化していました。

 

4月に入り、ボラティリティも相当落ち着いてきています。

 

玉帳で振り返ってみると、改めて感じることがあります。

 

玉帳から感じる事

 

  • 高ボラティリティの時期でも、通常ルールを守っていれば問題なかった。
  • 利益を上乗せするのであれば、ちょっとだけ特殊ルールを加える程度でよい。

 

プレミアムが通常の数倍に上昇して、「ものすごいチャンス」という気持ちになって興奮気味の恥ずかしい運用をしていたと反省しています。

 

こんな時期でも「いつも通りやっていればよかった」ってことなんです。

 

基本ルール厳守で勝てる

 

この運用法の売買ルールは以下にてまとめてあります。

 

 

各項目の解説は、この連載でやらせていただきました。

 

今後は、今回のような高ボラティリティの特殊相場になっても、この基本ルールを厳守していく方針です。

 

高ボラティリティを活かして仕掛ける時のために、「特殊ルール」を追加することにしました。

 

高ボラティリティ時の特殊ルール

 

  • 新規仕掛けは「売り」の短期ポジションのみとする。
  • いかなるときもオーバーポジションとはしない(禁止事項)。

 

「売り」の短期ポジションとは、具体的にはコールオプション売り・プットオプション売りのことです。

 

高ボラティリティ時には、プレミアムが数倍に上昇するとともに、スプレッドも通常の数倍となります。この状況での「買い」はいつも以上に分が悪いです。

 

それと「オーバーポジション」には2つの意味があります。

 

  1. 最大保有数量を超える
  2. コールオプション売りを規定以上に仕掛ける

 

運用資金30万円に1万通貨を最大保有数量目安としています。現在は40万通貨です。

 

 

特殊相場であってもこの基準を厳守していきます。

 

もう一つの「コールオプション売り」は、FX買いポジションに対するヘッジの役割で使用しています。

 

この役割の性質上、FX買いポジション数量がコールオプション売りの最大数量となります。

 

例えば、こういう状態が最大数量です。

 

  • FX買いポジション20万通貨⇒コールオプション売りの最大数量20万通貨

 

FX買いポジション数量とコールオプション数量が同数量になっています。、

 

この例で「オーバーポジション」というのは、20万通貨を超えるコールオプション売りを仕掛けてしまうような状況をいいます。

 

読者の皆様へ 

 

2020年3月ほどの高ボラティリティ相場は、あと数年はないかもしれません。

 

数年後でも、基本ルールを守りながら、少しだけ特殊ルールで利益上乗せをしていくつもりです。

 

そのためにも大切なんです。

 

「売買ポイントは、ルール化しておく」

 

この部分、これからFXオプションに取り組まれる方には必ず意識して欲しいところです。


FXオプションからのスワップ投資 目次

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

FXオプションで使っているのはサクソバンク証券です。

 

2020/04/13


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2600回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ