低リスクで利益率10%戦略 FXオプションを使った方法と失敗時の対処

FXオプション リスク抑えて利益率確保 2

「利益率は年間10%くらいで十分、あとはリスクを減らしたい」

 

こんな気持ちでFX運用をされている方もいるかもしれません。

 

本当にリスクを抑えた形をお探しであれば、今回紹介する戦略は使えると思います。

 

 

スワップポイント以上の利益を「より低リスク」で取る

 

FXオプションを使えば、損する確率を確実に減らす事ができます。

 

利益をある程度確保しなhがらできるので「リスクを抑えて手堅い運用」がやり易くなります。

 

この戦略の特長

 

  • 損する確率を減らす。
  • 利益率はある程度を確保する。

 

この考えに基づいて作った実際のポジションはこちらです。

 

 

米ドル円 下げたら買いたい 有効な方法 2 

 

米ドル円108.450円のときに仕掛けたポジションです。

 

仕掛けた内容

 

  • 作成日:2020年2月3日
  • FXオプション内容:米ドル円 プットオプション売り
  • 作成時点の米ドル円:108.450円
  • 権利行使価格:106.000円
  • 権利行使期日:3月25日
  • 売買数量10万通貨
  • プレミアム:0.356
  • 利益上限:0.356×10万通貨=35,600円
  • 損益分岐点:106.000ー0.356=105.644円

 

連載読まれてきた方は、この表記で「あ〜、そういうことね」と思われているかもしませんね。

 

プットオプション売りは「上げ相場で利益・下げ相場で損失」「利益限定・損失限定なし」という性質を持ちます。

 

損失となるかどうかのポイントは、権利行使日3月25日に権利行使価格106円を下回るかどうかです。

 

106円以上であれば上限利益35,600円を最終利益として確保できます。

 

そして、損益分岐点は105.644円です。

 

米ドル円108.450円時に・・・・

 

損益分岐点105.644円のポジション

 

・・・です。

 

ポジションを作った時点では、「損する確率の低いポジション」であることは間違いありません。

 

権利行使日まで1カ月半くらいで35,600円の利益です。

 

100万円の資金でこういうポジションを1年に3回も仕掛ければ利益額は10万円くらいになります。これで利益率は10%です。

 

 

このポジション、期間が1ヶ月半ということは、続けて仕掛ければ1年に9回くらいいけるんじゃないの?

 

そうすれば、3.5万×9=31.5万円の利益も取れそうだね。


 

そういう計算が成り立つ年もあるかもしれませんね

 

でも、いつもうまくいく訳ではないんです。

 

時期を見ながら仕掛けていくべきなので、年に3回程度で利益率10%程度が無難に狙える水準かなと思っています。

 

繰り返しになりますが・・・

 

この方法、「損する確率を減らす」ことはできます。でも、絶対損しない訳ではありません。

 

このポジションでも、実際にそういう事態が起きています。

 

現実に起きた現象

 

この記事を書いている2020年3月9日の朝現在の米ドル円レートは104円前半です。

 

ここからさらに円高になりそうな気配も感じる状況です。

 

先程のポジションの権利行使価格106円を余裕で下回っていますね。

 

ポジションを作ったときは「ここから2円程度の下げなら満額利益を確保できる利益となりやすいポジション」でした。

 

最初の2週間くらいは調子が良かったのです。

 

米ドル円が112円くらいまで上昇したこともありました。

 

その時は、「もうちょっと数量増やしても良かったかな」なんて思ったくらいです。

 

でも、米ドル円はそのあと大きく下落しています。

 

「損する確率は低い」ものの、損失となるようなことは現実に必ず起きます。

 

なので、この戦略で攻める時は損失となったときの対処法は予め決めておくべきです。

 

対処法は2つあります。

 

低リスクで利益率10%戦略 損失となりそうな時の対処法

 

単純に損きり
FXポジションとして保有継続する。

 

私のポジションの対処方針は、後者です。

 

大きく下落したときの私の対処方針

 

3月9日現在、このままいけばこのポジションは含み損状態のまま権利行使日を迎えることになるでしょう。

 

利益が出しやすいとはいっても、絶対に損しない訳ではないということを再認識させられる局面です。

 

私のポジションの処置方法はこれです

 

「権利行使日以降、FX買いポジションとして保有継続」

 

プットオプション売りは、権利行使日に権利行使価格を下回っていると権利行使価格で豪ドル円買いポジションが発生します。

 

私は、発生した豪ドル円買いポジションをそのまま保有していくという方針です。

 

過去記事でいくとこのパターンです。

 

 

今回のケースだと、米ドル円が権利行使日に権利行使価格106円を下回ったままであれば、このFXオプションポジションはFXの米ドル円買いポジションへと変身します。

 

この買いポジションを、そのままサクソバンク証券で保有していくのも問題なくできます。

 

私の場合、買いスワップポイントの高いくりっく365にポジションに移動させるような形で保有していきます。

 

移動と書くと誤解してしまうかもしれませんが、ようするに・・・

 

サクソバンク証券損きり ⇒ くりっく365新規ポジション

 

・・・という売買をすることです。

 

売買数量10万通貨・権利行使価格106円で、移動時の米ドル円レートが102円台であれば、40万円程度の損きりになります。

 

損きりにはなっても、移動後のくりつく365買値が安くできるので問題はありません。

 

こうすることで、長期保有すればするほど高スワップポイント口座を使うメリットが大きくなっていきます。

 

2月のFXオプションを作った時期に戻って考えると、もともとは米ドル円108円台の時に作ったポジションです。

 

108円台でFX口座で買っていれば、米ドル円102円台での含み損は60万円以上でした。

 

それに比べれば、損失を大分減らせたという感じでもあります。

 

私の場合は、こんな感じにしておき、あとはスワップポイントを貯めながら米ドル円の上昇期を待つことになります。

 

「損失の確率を減らす」「リスクを減らして手堅く利益を取る」という目的の方には有効な戦略です。

 

何事も絶対はありませんので、今回の損失となりそうな事例は参考になるだろうと思います。


FXオプションからのスワップ投資 目次

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

FXオプションで使っているのはサクソバンク証券です。

 

2020/03/11


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2600回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ