FXオプション決済(清算)方法

途中決済 キャッシュ スポット 違い FXオプション

 

FXオプションで混乱しがちな決済方法についてまとめました。

 

「途中決済」「キャッシュ」「スポット」と3種類あるんです。

 

取引を有利に進めるうえで重要な部分ですので、しっかりと理解しておきましょう。

 

 

決済の種類(清算方法)

 

FXオプションでのポジション決済には3つのパターンがあります。満期日到来による決済は、清算と呼んだ方が正確かもしれません。

 

  1. 途中決済
  2. 権利行使日(満期日)到来による現金精算
  3. 権利行使日(満期日)到来によるFXポジションへの変換

 

一つづつ説明させていただきます。

 

その1:途中決済

 

権利行使日到来前にFXオプションを決済する方法です。

 

FXオプションを仕掛けたときと同様に、「アスクービッド」で表示されたレートで決済注文をだします。

 

ちなみに、途中決済は成行注文のみとなります。FXでお馴染みの指値注文・逆指値注文などはありません。

 

FXオプション 決済注文画像

 

途中決済 キャッシュ スポット 違い FXオプション 2

 

これはいま保有中ポジションの決済注文画面です。

 

上段中央の薄赤色部分に「反対売買」となっています。

 

ここで保有しているのは5万通貨のプットオプション売りポジションです。

 

売りポジションなので、買い決済(アスク値)で0.376というのがこの画像の表示値です。。

 

この値で良ければ、右下の黄色い線で囲まれた0.376の大きな数字をクリックすると決済されます。

 

残り2つは、権利行使日(満期日)によるポジション清算です。

 

その2:権利行使日(満期日)到来による現金精算

 

権利行使日(満期日)に、その時点のプレミアム価値に従い、現金精算する方法です。

 

以下の場合に現金精算されます。

 

  • 権利行使方法で「キャッシュ」を選択していた場合
  • 権利行使方法で「スポット」を選択:満期日にアウトオブザマネーだった場合

 

アウトオヴザマネーとは、「満期時にプレミアムに価値がない=ゼロ円」という状態です。

 

例えばこんな感じです。

 

 

 

行使方法「キャッシュ」というのは、満期日の清算方法を「現金精算」だけとするものです。

 

FXオプションの清算方法には、もともと「現金精算」と「一定条件を満たした場合FXオプションに変換して保有」の2種類があります。

 

  • 現金精算⇒行使方法「キャッシュ」
  • 一定条件でFXオプションに変換する⇒「スポット」

 

行使方法は、ポジションを作ってからも何度でも変更ができます(権利行使前日は変更できないので注意)。

 

スポット選択画面

 

途中決済 キャッシュ スポット 違い FXオプション 3

 

キャッシュ選択画面

 

途中決済 キャッシュ スポット 違い FXオプション 4

 

行使方法を「キャッシュ」とした場合は、どのような場合でも現金精算という形になります。

 

行使方法「スポット」とした場合は、現金精算とFXポジションに変更の2つのパターンがあります。

 

行使方法「スポット」+一定条件という状態になると権利行使日にFXオプションポジション⇒FXポジションに変換という現象がおきます。

 

それが3つ目の清算方法です。

 

その3:権利行使日(満期日)到来によるFXポジションへの変換

 

一定条件とは、「満期時にインザマネーだった場合」です。

 

インザマネーとは、「満期時にプレミアムに価値がある」という状態です。

 

先程のアウトオブザマネーとは逆の状態になります。

 

  • 行使方法「スポット」に設定
  • プレミアムがゼロのとき(アウトオブザマネー)は、現金精算で終了。
  • プレミアムが0.1でも価値(インザマネー)があればFXポジション発生

 

これだけだとよくわかりませんよね。

 

もう少し説明を加えさせてください。

 

「満期時にプレミアムに価値がある」というのは、具体的にはこうなります。

 

満期時にプレミアムに価値がある状態(インザマネー)

 

  1. コールオプション:為替現在値>権利行使価格⇒権利行使日の為替値が権利行使価格以上に上昇の時
  2. プットオプション:為替現在値<権利行使価格⇒権利行使日の為替値が権利行使価格以下に下落の時

 

発生するポジションは、保有中のFXオプションポジションが「コールオプション」か「プットオプション」か「買い」か「売り」かによって4つのパターンに分かれます。

 

コールオプションで発生するFXポジション

 

  • コールオプション買い⇒FX買いポジション(含み益)
  • コールオプション売り⇒FX売りポジション(含み損)

 

プットオプションで発生するFXポジション

 

プットオプション買い⇒FX売りポジション(含み益)
プットオプション売り⇒FX買いポジション(含み損)

 

コールオプションとプットオプションでは、正反対のポジションが発生しているのが確認できるとおもいます。

 

それと発生するFXポジションの建値は「権利行使価格」になります。

 

なので、現在値が106円でも権利行使価格が110円であれば、110円の買いポジションまたは110円の売りポジションとなります。

 

この記事がそのパターンです。

 

 

この時は、権利行使価格110円のプットオプション売りの権利行使でした。

 

これによって、米ドル円値が106円台にも関わらず110円の米ドル円買いポジションが発生しています。110円なので、最初から「含み損つきのFXポジション」です。

 

こんな感じで、このパターンで発生するFXポジションは、最初から「含み損」または「含み益」になるという特長もあります。

 

仕掛け時に受け払いしたプレミアム代金についてはそのままです。

 

なので、含み損が出ていても、プレミアム受取代金も考慮すると合計では利益になっているようなこともあります。

 

一見「キャッシュ」よりも「スポット」の方が有利に見えることもあるかもしれません。

 

FXポジションにしておいて含み損が含み益になるまで待とうという戦略も取れるからです。

 

でも、行使方法「キャッシュ」と「スポット」で、権利行使時点で有利不利ということはありません。

 

含み損益を表に出すかどうかの違いですので、その辺は混乱されないようにされてください。


FXオプションからのスワップ投資 目次

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

FXオプションで使っているのはサクソバンク証券です。

 

2019/11/20


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2500回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ