超高ボラティリティ相場で有効 ストラングル売り戦略

高ボラティリティ 大暴落 ストラングル売り戦略

大暴落などの時期には、ボラティリティが高水準になります。

 

そうなったときに有効な一手になるかもしれないのが今回紹介する「ストラングルの売り戦略」です。

 

実際の仕掛け方と留意点をまとめました。

 

 

超高ボラティリティとなったときの攻め方

 

2020年3月現在、為替相場はボラティリティが非常に高くなっています。

 

この影響はFXオプションで顕著にでていています。

 

これだけボラティリティが高くなることは滅多にありません。

 

滅多にないのですが、「こういう時期に使えそうな戦略」がありますのでご紹介させていただきます。

 

それは「ストラングルの売り戦略」です。

 

ストラングルの売り戦略は、現在値から離れた権利行使価格の2つのオプションを「売る」ことで成立します。

 

ストラングル戦略で作るポジション

 

  • コールオプション売り
  • プットオプション売り

 

*いずれも現在値から離れた権利行使価格で仕掛けます。

 

こうすることで、「利益は大きくないものの利益が出しやすい」という形のポジションとなります。

 

ストラングルの売り戦略は、本来それほど大きな利益を出せるものではありません。

 

でも、現在のような高ボラティリティの時期には様相が変わってきます。

 

ストラングル売り戦略 仕掛け方

 

高ボラティリティ 活用

 

この画像は3月16日朝のFXオプション画面です。クリックすると拡大します。

 

画像時の状況

 

  • 月日:3月16日
  • 米ドル円レート 106.45円
  • 権利行使日3月25日のプレミアム表

 

権利行使日まであと10日、土日を除けば8日営業日しかないのにプレミアムが高いままです。

 

ここで薄青色部分でストラングル売りを仕掛けるとこうなります。

 

コールオプション売り

 

  • 権利行使価格 108.00円
  • プレミアム 1.047
  • 10万通貨で104,700円受取

 

プットオプション売り

 

  • 権利行使価格 104.00円
  • プレミアム 1.031
  • 10万通貨で103,100円

 

ポジション作成時のプレミアム受取額

 

104,700円+103,100円=207,800円

 

権利行使日に満額利益確定となる米ドル円値

 

下限104.000円ー上限108.000円の範囲内

 

このポジションの損益分岐点

 

  • プレミアム合計 1.047+1.031=2.078
  • 上限:108.00+2.078=110.078円
  • 下限:104.00−2.078=101.922円

 

損益分岐点:下限101.922円−上限110.078円の範囲内

 

平常時はあと8営業日しかないと現在値から2円も離れた権利行使価格のプレミアムは0.1程度しかないものです。

 

それが、1以上あります。

 

0.1が1ですので通常時の10倍です。

 

これは、超高ボラティリティのお蔭です。

 

これをストラングルの売り戦略として2つのポジションで攻めれば、2以上のプレミアムを受け取れます。

 

10万通貨の仕掛けで最初に受け取れる利益が207,800円です。

 

これが満額利益にできる米ドル円水準が104−108円、満額とはいかないものの利益を出せる損益分岐点となる値幅は101.922−110.078円とかなり広くなります。

 

これで、権利行使日までの日数は8営業日です。

 

途中段階でこの値幅を超えても問題はありません。

 

権利行使日の権利行使時間にに米ドル円がこの値幅の中に入ってくれれば利益が確保できるからです。

 

どうでしょうね。

 

私は、かなり分の良い勝負という気がします。

 

留意点:リスクについて

 

ただ、意識しておかねばならないのは「リスクはそれなりにある」ということです。

 

そもそもこれだけのプレミアムが提示されているというのは、FXオプション提供側のサクソバンク証券からすれば、そこの値まで動く可能性があるからです

 

「これは絶対いける」・・・なんて思ったら大けがします。

 

損失となった場合の対応策は考えておくべきです。

 

損失となったときに考えられる対応策

 

  • 損きりで終了
  • FXポジションとして保有していく。

 

単純に損きりで終了させるのが、もっともシンプルですっきりします。

 

ただ、場合によっては権利行使日にFXポジションに変換させて保有していくというのも有効な一手です。

 

権利行使日に108円以上に上昇した時のFXポジション

 

コールオプション売り⇒FX売りポジション

 

権利行使日に104円以下に下落した時のFXポジション

 

プットオプション売り⇒FX買いポジション

 

この辺の仕組みを押さえて、対応策を予め決めておきます。

 

先日、私も高ボラティリティを活用した仕掛けを投下しています。

 

 

このポジションはプットオプション売りですが、この前段階でコールオプションも何本か仕掛けてあります。

 

ポジション全体でみると「ストラングルの売り戦略」という状況になっています。

 

これがどのような結果になるかは、来週の権利行使日以降に記事にまとめる予定です。


FXオプションからのスワップ投資 目次

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

FXオプションで使っているのはサクソバンク証券です。

 

2020/03/18


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2600回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ