コールオプション買い「損失限定・利益上限なし」その特長と使い方

コールオプション 使い方

 

FXオプションを活用していくには、4つの注文方法のそれぞれの特長を抑えることから始めるとよいです。

 

全体像とコールオプション買いの特長とこの運用法での使い方をまとめました。

 

 

4つのオプションの使い方

 

FXオプションは、権利行使日と権利行使価格ごとに売買ができます。

 

それぞれに「コールオプション」「プットオプション」があります。

 

そして、更に「買い」「売り」の両方ができます。

 

つまり、権利行使価格米ドル円110円・権利行使日1月8日のオプションには合計4つの注文方法があることになります。

 

  • 米ドル円110円:コールオプション買い
  • 米ドル円110円:コールオプション売り
  • 米ドル円110円:プットオプション買い
  • 米ドル円110円:プットオプション売り

 

この4種類の注文は、それぞれ利益や損失の出方に違いがあります。

 

FXのように「1万通貨買ったから1円上昇して1万円の利益」あるいは「1円下落して1万円の損失」というものではないんです。

 

だからこそ、使い方次第で、損失を限定させてリスクを減らしたり、勝ちやすいポジションを作るようなことが可能となります。

 

ここでは、「FXオプションから始めるスワップ投資」で、4つの注文方法をどのように使っていくかを説明させていただきます。

 

FXオプション全体画面

 

画像1

 

コールオプション使い方 2

 

今回使用する全体画像です。

 

クリックすると拡大します。薄赤色部分での注文をもとに特長や効果についてご説明していきます。

 

まずは、全体画像の見方です。

 

  • 左上:米ドル円値 108.476−478
  • 左側:コールオプション権利行使価格108.50円
  • 右側:プットオプション権利行使価格108.00円
  • 権利行使日(満期日) 2020年1月8日

 

権利行使日までは、1カ月半くらいあります。

 

この状況で仕掛けるとどんな特長があるかと、それをどう使っていくかという流れでいきます。

 

コールオプション買い

 

最初に「コールオプション買い」のケースです。

 

コールオプションの大まかな説明は、以下のページにてもまとめています。

 

 

先程の画像の中で、コールオプション部分を拡大したのがこちらです。

 

コールオプション使い方 3

 

これを10万通貨買ったとしましょう。内容はこうなります。

 

  • 権利行使日:2020年1月8日
  • 権利行使価格:108.50円
  • プレミアム :0.684
  • プレミアム代金:0.684×10万通貨=68,400円
  • 損益分岐点:108.50+0.684=109.184円

 

ポジションを作成したときに、68,400円のプレミアム代金を支払います。

 

コールオプション買いの特長

 

  • ポジション作成に必要な資金は68,400円のみ。
  • 満期日に108.50円よりも上昇すると利益になる。
  • どんなに下落しても損失上限は68,400円
  • 損益分岐点の109.184円よりも上昇すれば最終利益確保

 

コールオプション買いポジションは、「損失限定・利益上限なし」という特長があります。

 

必要資金は68,400円だけです。

 

FXで米ドル円10万通貨の買いポジションを作成すれば、レバレッジ25倍でも最低証拠金は40万円以上必要です。

 

でも、コールオプション買いではその7分の1程度の資金で10万通貨のポジションが作れます。しかも、最大損失が限定されているので、68,400円以上の損失を出すこともありません。

 

無論、良いことばかりではありません。

 

利益は、権利行使価格を上回れば満期日に利益金を受け取ることはできます(行使方法スポットの場合は含み益つき買いポジション)。

 

 

ただ、最初にスプレッド0.684相当のプレミアム代金を払っています。

 

このため、「ポジション作成時(仕掛け)」と「決済(満期)」の合計で利益にするためには、損益分岐点の109.184円まで上昇する必要があります。

 

まとめると、このポジションは以下の特長があります。

 

  • 上げ相場を「損失を限定」して利益を狙う時に向いています。
  • ある程度上昇しない限り、最終損失となりやすいです。

 

つまり、「損失限定」だけど「利益は出しにくい」傾向があるということです。

 

権利行使価格から上昇すれば全て利益となる訳ではないところには注意すべきところです。ある程度上昇が見込めるようなときに仕掛けていかないと、損失ばかりになることも有りえます。

 

利益が大きく出るパターン

 

コールオプション買いは、相場が上昇すればするほど利益が大きくなるポジションです。

 

仮にですが、先程のポジションが権利行使日に米ドル円が115円まで上昇したとしましょう。

 

損益はこうなります。

 

  • ポジション作成時オプション代金:68,400円
  • 権利行使日プレミアム価値⇒115−権利行使価格108.50=6.5
  • 10万通貨保有時の利益額⇒6.5×10万通貨=65万円
  • 合計損益:65万円ー68,400円=581,600円

 

こんな感じで上昇すればするほど利益額も増えていきます。

 

もしも、下げたとしても最大損失は 68,400円より増えません。

 

この性質を、私の運用法でも活かして使っていくつもりです。

 

「FXオプションから始めるスワップ投資」での使い方

 

プトオプション買い 使い方 特長 3

 

私が、この「コールオプション買い」を使うのは、こういうときです。

 

「強力な上げ相場が到来しそうな時」

 

ある程度上がって、ここからの上昇余力がそれほどなさそうなときなどには使いません。

 

どちらかというと、セリングクライマックスに近いような時期に仕掛けるつもりでいます。

 

暴落に近い大きな下げて、「相場全体が悲観的になっているような時」、そんなときに「勝負ポジション」として使いたいと思っています。

 

通常、暴落期は「大底かもしれないけれどもっと下げそうなので買えない」時です。

 

FXポジションであれば、大きな損失が出るかもしれないが、勝負をかけて成功すれば大きな利益がだせそうだ。

 

こういう時にコールオプション買いは、向きます。

 

損失は限定されているので、大損するという心配もいりません。

 

この運用法を始めてからは、まだそのような局面はありません。実際にそういう局面になれば足がすくんでしまうかもしれません。

 

果たして目論見どおりに仕掛けられるかどうかわかりませんが、ルール上はそうしてあります。


FXオプションからのスワップ投資 目次

2019/12/02


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2500回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ