FXオプション基本事項 まとめ

FXオプション 基本事項

連載の締めくくりとして、FXオプションについて、大まかな特徴やメリット・デメリットについてまとめていきます。

 

この連載で書き忘れている部分などあるかもしれないので、復習をかねて読まれて下さいませ。

 

 

FXオプションの特長

 

  • FXオプションは権利の売買「仕掛け」「決済」両方で損益が発生する。
  • ポジションの種類は4つある。
  • FXと組み合わせれば6つの攻め方が可能となる。
  • 上げ相場狙いの攻め方は2種類ある。
  • 下げ相場狙いの攻め方は2種類ある。
  • 「買い」は「損失限定・利益限定なし」という性質を持つ。
  • 「売り」は「損失限定なし・利益限定」という性質を持つ。
  • 「買い」は最終損失になりやすく、「売り」は最終利益になりやすい。
  • 権利行使日以降「FXオプション⇒FXポジション」に変換ができる。

 

ここを読んで「そうそう、そうなんだよね」と思われた方もいれば、「え?どういう事?」と思われた方もいるかもしれません。

 

いずれもFXオプションの基本部分ですので、しっかり復習していきましょう。

 

FXオプションは権利の売買「仕掛け」「決済」両方で損益が発生する。

 

FXとFXオプションの大きな違いは、FXがレバレッジを効かせた証拠金取引なのに対してFXオプションが「権利」を売買する取引ということです。

 

複雑な話はさておき・・・これによって、売買したときの資金のやり取りが違ってきます。

 

FXでは、資金のやり取りは「決済」のときだけです。

 

でも・・・

 

FXオプションでは、資金のやり取りは、「仕掛け」と「決済」の両方で発生します。

 

「買い」から始めた場合の資金の流れはこうなっています。

 

「買い」での資金の流れ

 

  • 仮定:コールオプション買い・・プレミアム代金50000円

 

仕掛け:プレミアム代金50000円支払い(損失計上)

 

決済時のプレミアム代金10000円だったとして・・・⇒決済:プレミアム代金10000円受取(利益計上)

 

最終損益:50000円損失ー10000円利益=40000円損失

 

この売買は最終的に40000円損失だったということになりますね。

 

資金の流れは、こんな感じになります。税金計算上の損益は、「仕掛け」「決済」の両方で発生します。このポジションの最終損益は、「仕掛け」と「決算」の損益を合計して考えます。

 

「売り」から始めた場合はこうなります。

 

「売り」での資金の流れ

 

  • 仮定:コールオプション売り・・プレミアム代金50000円

 

仕掛け:プレミアム代金50000円受取(利益計上)

 

満期時のプレミアム代金10000円だったとして・・・決済:プレミアム代金10000円支払(損失計上)

 

「売り」から始めた場合の資金の流れは「買い」の逆になります。

 

「仕掛け」で利益を出し「決済」で損失を出すという流れです。この場合の最終損益も計算してみましょう。

 

最終損益:50000円利益ー10000円損失=40000円利益

 

「コールオプション買い」の時は40000円の損失、「コールオプション売り」の時は40000円の利益、です。

 

FXオプションのスプレッドを考慮しなければ、全くの同条件であれば最終損益も「買い」と「売り」では真逆となります。

 

いずれにしても、FXオプションは「仕掛け」「決済」の両方で損益が出るという流れは同じです。

 

つまり、こうなります。

 

FXオプションの最終損益の考え方

 

  • 仕掛けの損益
  • 決済の損益 
  • 最終損益=仕掛けの損益+決済の損益

 

FXオプションは、利益の出方・損失の出方がFXとは違います。

 

この違いもきっちり把握しておきましょう。

 

FXオプションのポジションは4種類ある

 

FXのポジションは「買い」と「売り」の2つのみです。これに対して、FXオプションは4種類のポジションがあります。

 

  • コールオプション買い
  • コールオプション売り
  • プットオプション買い
  • プットオプション売り

 

「コールオプション=買う権利」と「プットオプション=売る権利」があり、それぞれに「買い」と「売り」があるので合計4種類になります。

 

4種類のポジションがあるため、「上げ相場」「下げ相場」ともに攻め方に変化が出せます。

 

FXと組み合わせれば6つの攻め方が可能となる。

 

この4つは、それぞれ「FXでの売りと買い」とは別の性質を持ちます。

 

なので、FXと組み合わせて使うと、FXオプション4種類+FX2種類=6種類のポジションとなります。

 

同じ為替相場を攻略する方法が、FX単独では「売り」と「買い」の2種類しかないのに、FXオプションも活用することで6種類です。

 

FX+FXオプションで為替相場の攻め方が6つに増えるということです。

 

 

おお、なんか楽しい感じだな。


 

ああ、最初はちょっと大変ですけどね。

 

慣れてしまえばかなり有効です。

 

ただですね。

 

FXオプションは、権利行使価格や権利行使日などの選択肢が多いので、臨機応変に使い分けていくのはちょっと難しいところがあります。

 

プットオプション買いを仕掛ける・・・といっても、権利行使価格・権利行使期日によって様々な種類があります。

 

慣れるまでは相当悩むはずです。

 

だからこそ、私がオススメなのは、「あらかじめ使う基準を決めておく」やり方です。

 

参考:使う基準の項目

 

  • 使う局面
  • 使うポジション
  • 権利行使価格・権利行使期日の目安
  • 仕掛けるプレミアムの目安

 

これらを予め決めておきます。

 

今回の連載で私が書いてきた使い方です。

 

例えば、「仕掛け」では3つの型を用意しています。

 

 

これら3つの型に入るような時期と判断したら、そのルールに基づいて使うFXオプションを決めていきます。

 

基準を決めるといっても、最初はどうしてよいかわからないはずです。

 

慣れるまでは私の基準を参考にやりながら、自分なりの形を作っていくのもよいかなと思います。

 

上げ相場狙いの攻め方は2種類ある

 

FXオプションで「上げ相場で利益を出す」方法は2つあります。

 

  • コールオプション買い
  • プットオプション売り

 

 

 

「FXの買い」も入れると、「買いで3つの攻め方」が選べることになります。

 

2つの方法は、それぞれ「利益」「損失」「利益になりやすいかどうか」などが違ってきます。

 

コールオプション買いの性質

 

  • 利益限定なし
  • 損失限定
  • 必要資金:プレミアム代金のみ
  • 確率的に利益になりにくい

 

コールオプション買いは、大きな上げ相場となれば、大きな利益をだしていくれる可能性のあるポジションです。

 

見込みがはずれて下落した場合でも損失は限定されていて、ポジションを保有するための必要資金も少額で済みます。

 

権利行使価格や権利行使期日によっては、米ドル円10万通貨分のポジションを1万円程度で保有することもできます。

 

この場合、必要資金・損失上限共に1万円で済みます。

 

ここまでは良いことばかりですよね。

 

無論、これらのメリットに対応するデメリットもあり、それが「確率的に利益になりにくい」という部分です。

 

ポジションの作り方にもよるのですが、勝率50%以上のポジションを作れることはほとんどありません。

 

ここでの確率50%というのは、「米ドル円が現在値のまま推移すれば収支トントン」という状態をいいます。

 

コールオプション買いは、ほぼ確実に「米ドル円が現在値のまま推移すれば損失」になるという宿命を背負っています。

 

プットオプション売りの性質

 

  • 利益限定
  • 損失限定なし
  • 必要資金:FXの必要証拠金と同じ
  • 確率的に利益になりやすい

 

コールオプション買いと同様に「上げ相場で利益・下げ相場で損失」ではあるものの、利益は限定されて損失限定がないという性質になるのがプットオプション売りです。

 

必要資金もFXで同数量のポジションを持つときと同様の証拠金が求められます。

 

プットオプション売り10万通貨のポジションを保有するときは、FXでの米ドル円買いポジション保有時と同額の必要証拠金ということです。

 

しかも、損失は限定されないので含み損となれば必要証拠金だけでは足らないこともあります。

 

ここまではちっともよくない感じですよね。

 

でも、「確率的に利益になりやすい」んです。

 

米ドル円が現在値近辺で推移すれば、ほぼ確実に利益を確保できるようなポジションになります。

 

利益になりやすいかどうかは、ポジション作成時の権利行使価格・権利行使期日の選択によって大きく変わります。

 

ここでは「一般的な傾向」として説明しています。

 

下げ相場狙いの攻め方は2種類ある。

 

買い同様に、FXオプションで「下げ相場で利益を出す」方法も2つあります。

 

  • コールオプション売り
  • プットオプション買い

 

 

 

「FXの売り」も入れると、「売りで3つの攻め方」が選べます。

 

つまり、こういうことになります。

 

FX+FXオプションで「下げ相場で利益を出す方法」

 

  • FXでの売りポジション
  • コールオプション売り
  • プットオプション買い

 

下げ相場で利益をだせるとはいっても、単純なFXの売りポジションに比べると、他の2つは様々な違いがあります。

 

コールオプション売りの性質

 

  • 利益限定
  • 損失限定なし
  • 必要資金:FXの必要証拠金と同じ
  • 確率的に利益になりやすい

 

コールオプション売りは、「利益限定・損失限定なし」で、必要となる資金もFXでと同じとなります。

 

一見、とっても不利な感じがするのですが、その代わり「確率的に利益になりやすい」のです。

 

例えば、米ドル円110円のときに権利行使価格110.50円でのコールオプション売りを仕掛けたりできます。

 

仮にプレミアムが0.3だったとすれば、そのポジションは、110.50+プレミアム0.3=110.80円までは最終利益を確保できるポジションとなります。

 

うまく使えば、軽いお小遣い稼ぎの手段としても有効です。

 

その逆の性質を持つのがプットオプション買いです。

 

プットオプション買いの性質

 

  • 利益限定なし
  • 損失限定
  • 必要資金:プレミアム代金のみ
  • 確率的に利益になりにくい

 

プットオプション買いは、「利益限定なし・損失限定」であり「必要資金はプレミアム代金のみ」です。

 

コールオプション買いと同じように、1万円で10万通貨の仕掛けをすることも可能です。

 

大きなリスクを取らずに、お手軽に少額で勝負できるのですが、最終的に利益を確保するのは難しいポジションが多くなります。

 

確率的に利益になりにくいのです。

 

個性豊かな6種類のポジション

 

FX+FXオプションで作れる6種類のポジションは、それぞれがとても特長的で個性豊かです。

 

相場局面に合わせて使いこなしていければ、私達投資家の大きな力になってくれます。

 

リスクの調整が自分でできる

 

FXオプションは、投資家がリスクを選択して運用していくことができます。

 

米ドル円現在値が110円だったとしましょう。

 

FXであれば、「売り」「買い」ともに110円で売買するしか選択肢はありません。

 

FXオプションは、現在値が110円でも権利行使価格109円や106円の売買ができます。

 

事例その1:損失まで2円以上の余裕を持たせる

 

 

これは、米ドル円値が108.450円のときに権利行使価格106円のプットオプション売りを仕掛けたものです。

 

プットオプション売りですので「上げれば利益・下げれば損失」で「損失限定なし・利益限定」という性質を持ちます。

 

「下げれば損失」なのですが、この仕掛けの損益分岐点は、105.644円です。

 

損益分岐点計算式

 

権利行使価格106円ープレミアム0.356=105.644円

 

3月25日の権利行使日に米ドル円が105.644円以上の水準であれば最終利益を確保できます。

 

米ドル円が108.450円のときに105.644円より下げない限り利益になるポジションです。

 

こうすることで・・・

 

損するリスクは一般のFXポジションに比べると相当低くできます。

 

この参考例で紹介したポジションは、「リスクを抑えてスワップポイント部分を着実に取っていく」という発想で仕掛けたものです。

 

リスクを抑えながら攻めていきたい方は、これと似たような形にすることで同じように低リスクでの運用が可能になります。

 

事例その2:「損失を少なく」して「大変動」に備える仕掛け

 

先程とは別に「利益を出す可能性は低くなる」けど「万が一の大変動」に備えるような仕掛け方もできます。

 

 

この中での「プットオプション買い 30万通貨」部分です。

 

これは、2020年1月に米国とイランとの間で戦争になるかもしれないと言われた時期に「万が一の米ドル円大暴落」に備えて仕掛けたポジションです。

 

米ドル円107.866円のときに権利行使価格107円のプットオプション買いを入れています。

 

プットオプション買いですので、「下げれば利益・上げれば損失」で「利益限定なし・損失限定」という性質を持ちます。

 

大きく下げるようであれば利益になるのですが、下げなければ最終損失になる「利益を出しにくいポジション」です。

 

もしも、この後に大きく下落するようであれば、このポジションが大活躍してくれる可能性がありました。

 

結局、そのあとは下げていないため、このポジションは最終損失になりそうな状況です。

 

それでも、どんなに上げても損失額は増えることはありません。

 

こういう感じでリスク調整したポジションを作れます。

 

リスク調整 4つのポイント

 

FXオプションでリスク調整をするときのポイントは4つあります。

 

  • コールオプションとプットオプションの選択
  • 「買い」か「売り」かの選択
  • 権利行使価格
  • 権利行使期日

 

最初の2つについては既に何度も書いてきています。

 

上げ相場を攻めるとき、FXオプションでの選択肢は2つあります。

 

一般的に「買い」の方が損失リスクは高目になり、「売り」の方が損失リスクは低目になります。

 

これらのリスクをさらに下げるか下げるかは、権利行使価格と権利行使期日で調整します。

 

「権利行使価格」を現在値より話すことでリスクは大きく変化します。

 

米ドル円110円の時に、権利行使価格106円のプットオプション売りを仕掛ければ米ドル円が106円を割らない限り損をしない「利益を出しやすいポジション」になります。

 

満期日である「権利行使日」を調整することで、「得られる利益」や「失う損失」も選択できます。

 

FXオプションでは、プレミアム価格決定要素に「時間的価値」があります。

 

権利行使日が長くなれば長くなるほどプレミアムが大きくなる一番の要因が時間的価値です。

 

「売り」方は、このプレミアムを受け取る側ですので、権利行使日が長くなればなるほど利益も大きくできます。

 

ただ、権利行使日までの日数が長くなればなるほど、大きな為替変動が起きる可能性も高まります。

 

「権利行使日」を決める際には、その辺の想定もしながら行います。

 

権利行使日以降「FXオプション⇒FXポジション」への変換

 

FXオプションは、一定条件を満たすと、そのままFXポジションに変換して保有し続けることができます。

 

 

この記事の「その3:権利行使日(満期日)到来によるFXポジションへの変換」の部分です。

 

私が良く使うパターンは、これです。

 

FXポジション変換で使うパターン

 

  • プットオプション売り⇒FX買いポジション

 

プットオプション売りポジション作成時に受け取ったプレミアムは、そのままですので、使い方次第で「安値で買いポジションを作る方法」としても活用できます。

 

実際に、これまでも実際よりも2円くらい安値の米ドル円買いポジションを作ったりしてきています。

 

いろんな仕組みを持つFXオプションは、FXを補完する使い方をすることで、私達投資家にとって有益なものとして活用していけます。

 

これからも、その魅力を伝えていければと思っています。


FXオプションからのスワップ投資 目次

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

FXオプションで使っているのはサクソバンク証券です。

 

2020/02/10


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2500回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ