FXオプションからのスワップ投資 ここまでの実績と今後の展開

スワップ派 FXオプション ここまでの成績

FXオプションからのスワップ投資2020年版、今回が最終回です。

 

ここまでの実績と今後の展開についてまとめました。

 

 

 

ここまでの成績 2019年3月〜2020年4月

 

この運用法を開始したのは2019年3月です。ここまでの運用成績は以下のような感じになっています。

 

利益確定分 年度別成績

 

  • 2019年 −149,886円
  • 2020年  547,680円

 

2020年 月別成績

 

  • 1月 345,680円
  • 2月 125,700円
  • 3月  29,200円
  • 4月  47,100円

 

4月9日時点:含み損益をいれた総合成績

 

  • 59,134円

 

参考:4月9日時点状況

 

2020年は運用開始から2年目に入ます。

 

まだ、数百万円単位の利益には届かないのですが、地道に種をまき続けています。

 

運用開始時の米ドル円相場が111円台くらいでした。現在の米ドル円は107〜108円前半で推移しています。

 

この一年間、全体的には円高気味での変動が続いていました。

 

この相場推移で、「米ドル円買いポジション中心」でやっていて利益にできているのはFXオプションを使っているお陰です。

 

利益額自体は少ないものの、損失になっていないだけでも、FXオプションの効果はあったと感じています。

 

いくつかの失敗もあったものの、それは全てこれからの運用の肥やしとしていきます。

 

ルールをきっちり守っていけるようになれば、年間利益数百万円以上の利益が確保できるようになってくるとみています。

 

スワップ派 もう一つの砦

 

FXオプションは、スワップ派にとってもう一つの砦のようなものだと思っています。

 

この連載中、米国・豪国などで金利引き下げがありました。

 

先進国は総ゼロ金利時代というかつてない特殊な状況です。

 

これにより、FX各口座のスワップポイント水準も大きく低下しています。

 

米ドル円などの先進国通貨ペアでのスワップポイント投資は難しい時期になりました。

 

一方、メキシコペソやトルコリラなどの新興国通貨は、まだまだ高金利です。ただ、これら通貨ペアでのスワップポイント投資での資産つくりは難しいところがあります。

 

FXが個人でできるようになって15年くらいになりますが、これら高金利通貨ペアで大きな資産をつくれたという話は未だに聞いたことがありません。

 

机上の計算では、誰にでも簡単に大きな資産が作れそうなのですが、現実にそれを形にした人は多分ほとんどいません。

 

スワップポイント投資で現実に資産形成の実績が出来ているのは、豪ドル円などの先進国通貨ペアに限られます。

 

私自身も、豪ドル円です。その豪ドル円も現在の水準では「スワップポイント目当てにポジションを保有しよう」という運用法は難しいところです。

 

私はスワップ派の投資家ですが、スワップポイント目的の新興国通貨ペア保有をしないのは、昔からの読者の方であればご存じかと思います。

 

でも、視点を変えれば、スワップ投資のような形で資産を増やしていく方法はまだあります。

 

その一つが、今回紹介した「FXオプションからのスワップ投資」です。

 

FXオプションでは、スワップポイント受取に似たプレミアム受取という仕組みがあります。「損しにくいポジション」を作ることもできます。

 

プレミアム受取で「損しにくいポジション」を作っていけば、FXでのスワップポイント投資をさらに手堅くした運用が可能となります。

 

この運用法でも、この考えでのポジションが基本形になっています。私は、この「FXオプションからのスワップ投資」を「スワップ投資 もう一つの砦」として築いていくつもりです。

 

2020年は、利益を乗せていく流れをお見せしたいです。

 

頑張ります。


FXオプションからのスワップ投資 目次

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

FXオプションで使っているのはサクソバンク証券です。

 

2020/04/15


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2600回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ