FXオプション プレミアム売買の仕組み

FXオプション プレミアム売買の仕組み

 

ここまでは、FXオプションの注文画面と売買を出すまでの流れを説明させていただきました。

 

ここかは、FXオプションの仕掛けから決済までの売買の流れです。

 

 

FXオプション 仕掛けから決済の流れ

 

前回の説明で、ポジション作成時に「プレミアム受取」があることを書きました。

 

こういうことは、FXではありませんよね。

 

FXでの売買損益は、決済のときしか発生しません。

 

これに対して、FXオプションの損益は「仕掛け」「決済(または権利行使日到来による清算)」の両方で発生します。

 

  • 仕掛け時:プレミアム代金の受け渡し
  • 決済時(あるいは満期日):プレミアムの最終価値で収支清算

 

こんな流れです。

 

FXオプションは、プレミアム価値を売買します。

 

この行為は商品を売ったり買ったりするのと似ていて、売買の度に代金の受け渡しがあります。

 

後で説明しますが、行使方法を「スポット」とすると、満期日にはFXポジションに変換ということもあります。

 

でも、発生するFXポジションは「含み益つきFXポジション」「含み損つきFXポジション」という形なので、その時点の損益が有利不利になるわけではありません。

 

この仕組みの詳細は、後ほどさせていただきます。。

 

FXオプションでの代金のやり取りは以下のようになっています。

 

仕掛け時

 

  • 「買い方」は、プレミアム代金を払う。
  • 「売り方」は、プレミアム代金を受け取る

 

決済時

 

  • 「買い方」は、プレミアムに価値があれば代金を受け取る

 

「売り方」は、プレミアムに価値があれば代金を支払う

 

代金に流れをわかりやすくするために、行使方法「キャッシュ」とした場合で説明しています。

 

FXオプションの合計損益は、仕掛け時のプレミアム損益と決済時の合計額でみます。

 

例えばこんな感じです。

 

 

この取引は、仕掛け時に2本のポジション合計で79,000円プレミアム代金を受け取っています。

 

そして、満期日に75,950円のプレミアム代金を払っています。

 

  • 合計損益:879000−75950=3050円

 

この取引は最終的に、3,050円の利益となったということです。

 

この流れ、最初に混乱しやすい部分ですので、もう一度流れをまとめておきます。

 

現実の売買の流れ

 

仕掛け時

 

買い方はプレミアム支払(損失)・売り方はプレミアム受取(利益)

 

参考:プットオプション売り 2019年7月5日

 

決済(または権利行使日到来による清算)

 

プレミアムがあれば・・・

 

買い方はプレミアム受取(利益)・売り方はプレミアム支払(損失)

 

プレミアムがゼロならば・・・

 

買い方・売り方ともにこの時点の損益はなし。

 

つまりプレミアムがゼロの場合はこうなります。

 

  • 買い方は仕掛け時に払ったプレミアム代金  全額損失
  • 売り方は仕掛け時に受取ったプレミアム代金 全額利益

 

 

参考記事は、実際の売買ポジションで「仕掛け」から「権利行使日到来による清算」まで保有したときのものです。

 

この時は、プレミアムが最終的にゼロとなったので、仕掛け時に受け取った利益はそのまま全額利益計上となっています。

 

  • 仕掛け時:46,410円利益
  • 権利行使日による清算:プレミアムゼロなのでやり取りはなし

 

今回、私は「売り方」でしたので利益を受け取れました。もしも、「買い方」であればほぼ同額を損していた形になります。

 


FXオプションからのスワップ投資 目次

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

FXオプションで使っているのはサクソバンク証券です。

 

2019/11/18


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2500回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ