ポジション増を慎重にすべき理由とルール

FXオプションからのスワップ投資 ポジション増

FXオプションからのスワップ投資、ルールの最後は「ポジション増のタイミング」です。

 

利益が出て運用資金が増加していけば、いずれは注文数量・保有数量増の検討にはいります。

 

その目安とタイミングについてのルールです。

 

 

ポジション増のタイミング

 

この運用で資金が増加してきたら、ポジション増を検討していくことにしています。

 

現状の資金管理ルールでは、30万円で1万通貨で考えて1200万円で40万通貨上限で運用しています。

 

この40万通貨の運用枠は、利益などで資金が1300・1400万円に増加しても変更はしません。

 

「資金が30万円増加したから売買数量上限を1万通貨増やす」という感じにはしていないのです。

 

ここは慎重に行わねばならない部分だと思っています。

 

「安易なポジション増は失敗の元」・・・だからです。

 

安易なポジション増は失敗の元

 

それまで調子のよかった売買が、ちょっとしたことがきっかけで崩れだすことがあります。

 

その一つが「売買数量・保有ポジションをルール以上に増やした時」です。

 

  • 1回の売買数量を10万⇒20万に増やす
  • 保有ポジションの上限を30万⇒40万に増やす

 

こういう変更をした後が要注意なんです。

 

資金が増えると売買数量をすぐ増やしたくなるのは人間の性のようなものです。

 

「10%利益出たら10%ポジション増やす」

 

この考えは一見普通のようなきがします。

 

実は「さにあらず」なのです。

 

システムトレードであればこれでもいけるかもしれません。でも、人間の心はそこまで単純ではありません。

 

売買数量の増加は、精神的ストレスの増加につながりやすいのです。本人は「大丈夫」と思っていても、無意識のうちにストレスは増加しています。

 

それは、いつもの売買リズムを狂わせる原因にもなりえます。

 

  • 売買数量の増加⇒精神的ストレスの増加⇒売買リズムの崩れ

 

投資家の中で微妙なストレスの増加が起きていることで、これまでと同じ売買ができなくなることがあるんです。

 

私は、このパターンを何度も経験しています。

 

なので、資金がある程度増えるまではポジション増はしません。

 

そんな流れで作ってあるのが「ポジション増のルール」なんです。

 

ポジション増のルール

 

「資金1.5倍を目安に検討していく」

 

これが、当面の予定です。

 

スワップポイントの蓄積と利益確定金額で運用資金が1.5倍くらいになったタイミングで最大ポジションを増やしていくつもりでいます。

 

現在の運用資金が1200万円ですので、ポジション増検討タイミングは600万円利益が乗った段階の1800万円くらいでということになります。

 

1.5倍増くらいで検討していく感じにすれば、ポジション増による精神的ストレスも大分緩和できるかなとおもっています。

 

この辺の基準も、やりながら調整していきます。

 

以上が大まかな売買ルールです。

 

売買ルール全般について

 

これまで、通貨の選定からポジション増まで現時点の売買ルールをご紹介しました。

 

この売買ルールでも、運用資産を増やしていける自信はあります。

 

でも、まだまだ工夫の余地もあります。

 

さらに「安全」に「堅実な運用」ができる形にするための検証と改良を続けていきます。

 

この運用法は開始してから1年弱です。

 

運用開始時の米ドル円相場は110〜111円でした。現在の米ドル円は108円後半です。

 

米ドル円買い中心の運用なので、本来であればまだ含み損を抱えているところです。

 

こんな逆風気味の環境でも含み損を加えた総合損益は、プラスを確保しています。

 

 

30万円程度ですけど、円高気味の相場でプラスを維持できているというところが有難いです。

 

いずれ大きく資産を増やせる時期が到来するのを楽しみに、コツコツやっていきます。


FXオプションからのスワップ投資 目次

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

FXオプションで使っているのはサクソバンク証券です。

 

2020/02/03


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2600回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ