新型コロナウイルスによる高ボラティリティ相場 米ドル円プットオプション売りで攻める

新柄コロナウイルス相場 高ボラティリティ 2020年3月30日 3

株式・為替ともに高ボラティリティ相場が続いています。

 

FXオプションでもプレミアムが通常時の5倍くらいある状況が続いています。

 

それを利益に変える目論見の新規ポジションを本日入れています。

 

 

2020年3月31日 米ドル円プットオプション売り投下

 

新柄コロナウイルス相場 高ボラティリティ 2020年3月30日 2

 

FXオプション約定画像です。今回の仕掛けは米ドル円プットオプション売り10万通貨です。

 

仕掛けたポジション内容はこうなっています。

 

米ドル円プットオプション売り

 

  • 作成日:2020年3月31日
  • FXオプション内容:米ドル円 プットオプション売り
  • 作成時点の米ドル円:108.150円
  • 権利行使価格:107.00
  • 権利行使期日:2020年4月8日
  • 売買数量10万通貨
  • プレミアム:0.526
  • 利益上限:0.526×10万通貨=52,600円
  • 損益分岐点:107.00−0.526=106.474円

 

プットオプション売りですので、「上げ相場で利益・下げ相場で損失」「利益限定・損失限定なし」という性質になります。

 

 

仕掛け時に受け取ったプレミアム代金52,600円が利益上限になります。

 

この利益が満額受取となるかどうかは、権利行使日4月8日の米ドル円相場次第となります。

 

権利行使日4月8日のポジションの運命

 

  • 米ドル円107円以上⇒52,600円満額利益確定でポジションゼロ
  • 米ドル円107円未満⇒下げた分だけ損失または含み損を抱えたFX買いポジションとなる。

 

107円未満となった場合でも最初に受け取ったプレミアム代金52,600円があります。

 

つまり、損益分岐点の106.474円までは最終利益となるポジションです。

 

権利行使日まで7営業日の短期ポジション 今後の方針

 

このポジションは、権利行使日まであと7営業日という短期ポジションです。

 

米ドル円現在値が108円台で、権利行使日に107円を割れない限り満額利益となるので、かなり分の良いポジションだと思っています。

 

一時的に107円割れても良いんです。

 

権利行使日時点で相場が戻っていれば問題はありません。

 

米ドル円が107円未満となった場合、プットオプション売りでの私たちの権利行使方法は2つあります。

 

米ドル円107円未満時 2つの選択肢

 

  • 現金精算で損きりする(行使方法キャッシュ)
  • 米ドル円107円のFX買いポジションにする(行使方法スポット)

 

私は「107円のFX買いポジションとして保有」する方針でいます。

 

今後も高ボラティリティ相場が続くようであれば、今回のようなポジションでちょこちょこと攻めていく予定です。

 

「売り」「買い」の両方が出来るFXオプション取引を提供しているのは、日本ではサクゾバンク証券のみです。FXオプション口座は、FX口座開設後に手続きできます。

 

 

FXオプション運用の主要ページ

 

FXオプションの特徴と運用状況

 

 

サイト内他記事

 

 


2020/03/31


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2600回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ