このページの先頭へ

MT4失敗例 その5:自作EAの可能性と壁

MT4失敗例 その5:自作EAの可能性と壁

EA作りは楽しく、数をこなすうちに魅力的なものも作れるようになります。ただ、個性のあるEAをいくつも作り出すには超えない「壁」もあります。私が、今ぶつかっている「壁」についての記事です。

自作EAの可能性と壁

MT4失敗例、最後は「自作EAの壁」です。

 

私はいまも自作EAを作り続けています。EAはコツをつかむとどんどん作れるため、一日に5本くらいのペースで作っていた時期もあります。最初は数をこなしているだけだったのですが、100本・200本となってくると「おっ、これはいいかも」という感じのものもできてきます。

 

良いEAができると、当然動かしたくなります。次から次へと動かしていつの間にか5本くらい動かしていたりもしました。最初は好調で、数ヶ月間稼いでくれたりもします。

 

でもですね。

 

やられる時は一気にやられてしまうんです。

 

EAの苦手な方向へ急変動が起きたときに、なぜかほとんどのEAが大きな含み損を抱えてしまいます。その後、怖くなって一旦EAを停止させます。そして、ゼロからやり直しです。

 

このパターン、これまで何度か繰り返してきます。この現象、最初は不思議でした。でも、よく考えると当然なんですよね。

EA量産の欠点

MT4 自作EAの欠点

EAの作り方は人それぞれ違います。1本1本を丁寧に数週間や数ヶ月かけて作る方もいます。逆に、私のように単純なEAを沢山作っていくタイプもいます。

 

1本1本丁寧に作っている方は、高い技術を活かしてそれぞれが特徴のある魅力的なものとなります。

 

私は、もともとシステムが苦手でプログラムもゼロから数年前にEA作りを始めました。まだまだ技術は未熟です。まだまだ未熟な私の作り方は、5パターンくらいの「基本形」を用意してそれを書き換えていくやり方です。

 

参考:MT4EA作成編 RSIEAの簡単な作り方 第1回

 

このやり方だと、「買いのロジック」と「売りのロジック」部分の数行書き換えるだけで1本のEAが出来てしまいます。1本作って動かすと次のアイデアが浮かんでくるので、思いつくままに次から次へと作っていけます。

 

これでも、結構良いEAはできます。

 

例えば、最近のランド円売買で使っているのもこのパターンで作ったEAです。

 

参考:南アフリカランド円売りポジション 利益確定

 

この売買は、MT4デモ口座で10万通貨で売買をさせ、くりっく365口座で裁量注文を出すという形でやっています。これ以外にも数本、使っているEAがあります。

 

ただですねぇ。これには大きな欠点があるのです。


EAの欠点が似てしまう。

 

私のEA量産の仕方は、実際に売買をするとその欠点が浮き上がってきます。

 

それは「欠点が似てくる」ということです。

 

不思議に思われるかもしれませんが、売買判断に使うテクニカル指標が違っているのに、大損する地点が同じになったりするのです。

 

通貨ペアを同じにしたり、使う時間足が分足などの短期売買をするときに、この特徴が特に顕著にでます。

 

これに気づいてから、EA量産は控えることにしました。

 

それからは、裁量トレードやチャートを見ているときに「これ、いいかも!」とアイデアが浮かんだときに作って検証するというパターンに変えています。それと同時に商用EAを使い始めました。EAを動かしながらいろんな技術を学び、それを自分のEA作りにも活かしていくためです。

 

自作EAと商用EAを併用するようになってから、運用成績を向上させていく自信がでてきました。

MT4使い方2016 目次

「MT4使い方2016」の目次です。

 

 

 

2016/06/15 08:56:15
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック