第15歩 AIの活用方針

たまに「AIのFXでの活用法」について質問を頂くことがあります。

 

私がAIをどう活用していくかということについて記事にまとめせていただきます。

 

今回この連載を読まれるのが初めての方は、第一話から読まれることをお勧めいたします。

 

AI投資との付き合い方

AIを投資で利用する時代に入りました。FX業界でも動きが出ています。

 

今回先頭を走っているのは、「みんなのFX」です。

 

  • 2019年5月から「AIストラテジーによる自動売買」
  • 2019年夏ごろから「テキストマイニングAIインジケータ」

 

これらの提供開始予定を発表しています。今は3月末、5月はすぐそこです。

 

楽しみですね。

 

みんなのFXは、数年間休眠口座だったのですが、数か月前に資金を入れてあります。この「テキストマイニングAIインジケータ」などは提供開始とともに利用予定です。

AI投資時代の投資運用

AI投資がどのような形で進化していくのかは未知数です。

AI FX 投資 活用

大まかなイメージとしては、自動売買が進化したような形なのですが、どこかで予想を超えるものになるかもしれません。

 

いずれにしてもガンガン稼ぐ「万能の自動売買のようにはならない」と見ています。

 

どんな運用法にも好不調の波があります。

 

テクニカル分析で考えるとわかります。テクニカル分析での運用は、相場を型にはめるような運用しかできません。なので、型から大きく外れるような相場展開になると大きな損失を被る可能性があります。

 

いつでも勝てるテクニカル指標は存在しません。

 

人間の裁量での運用法も万能ではありません。好不調の波は必ずあります。

 

いつでも勝てる運用法は存在しません。

 

自動売買も同様で、どのような自動売買EAも好不調の波から逃れることはできません。

 

AIは、失敗から学ぶことが出来ると言われていますが、どこまでいっても将来の為替変動を的確に予測するようにはなれません。

 

でも、どこまでのものになるのかは大いに期待しています。

 

どのような運用をAIがするのか、モデルになりそうな自動売買EAもでてきています。

AI運用はこんな感じ?

AIは、大量のデータ収集・分析を得意としています。

 

その長所を活かすとすれば、Duplitradeが提供している自動売買EA「Legacy」を進化させたような運用ができそうです。

 

この「Legacy」は、通貨ペアのポジションの偏りをもとに売買判断をしていきます。

 

  • 豪ドル円買いポジションが増加している⇒売り仕掛け
  • 豪ドル円売りポジションが増加している⇒買い仕掛け

 

半年くらい売買を観察してきての推測ですが、こういう売買判断をしているようです。

 

「人気の偏りを分析して逆張りで仕掛ける自動売買」

 

おそらくこんな感じです。

 

この「Legacy」は、暴落に強いんです。

 

今年年初のフラッシュクラッシュのときにも大きな利益を出してくれました。

 

フラッシュクラッシュは、「ヘッジファンドが仕掛けた」「AIが仕掛けた」と諸説ありますが、ポジションが大きく偏っていた通貨ペアで多大な変動が朝方の数十分で起きました。

 

あれほど激しいのはあまりありませんが、「ポジションの偏り」が大きな値動きの原因となることは過去に何度もおきています。

 

「Legacy」は、過去10年間にわたりそういう値動きを利用して利益を出してきています。

 

このEAがどうやってデータを収集しているのかはわかりません。説明を読む限りは、裁量判断も入っているように思われます。

 

もしも、世界中のFX取引全体の日々の売買状況を収集分析できるようになれば、この「Legacy」は更に成績を向上させることもできそうです。

 

こういうEAが進化していけば、本当にフラッシュショックのような大変動を「AIが独自判断で仕掛ける」ということが起こりえます。

 

これは、悪いことばかりでもありません。

 

見方を変えれば、私達がそういうAIを活用することで、再度フラッシュクラッシュのようなことが起きたときに「利益を得る側」にいることもできるからです。

 

期待が膨らむところですね。

AIにすぐ取り組む理由

私は、「みんなのFX」がAI提供開始したらすぐに取り組む予定でいます。AIにすぐに取り組んでいくのにも理由があります。

 

それは、「AI投資が本当に儲かるものであれば先行者メリットが相当大きい」と思われるからです。

 

AI投資が有益であればあるほど、世の中に普及してしまった後は様相が変わってきます。

 

でも、インチキAIも沢山登場するはずなので、充分注意していかねばなりません。

 

次回、その辺を書かせていただきます。

FX勝利貫徹編 目次

 

「心得編」はこちらです。

 

2019/04/01


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2200回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ