このページの先頭へ

国民年金基金 確定という安心感とリスク FX税金2015第36回

国民年金基金 確定という安心感とリスク

FX利益は、節税を兼ねながら将来の備えに使うというのも有効な発想です。利益をだしながらしっかりと準備しておきたいものです。

税金対策と将来の備え 2つの上乗年金

FXの利益が安定してきたら検討対象に加えたいのが上乗年金です。

 

利益に対する税金を減らす効果を享受しながら、将来の年金を増やすこともできるという一石二鳥の制度です。FXトレーダーが利用できそうなものとして代表的なものは2つあります。

 

  • 国民年金基金
  • 確定拠出年金(401K)

 

どちらも払った保険料が全額所得控除となります。税率20%の方であれば、年間50万円の保険料で10万円分税金減の効果があります。国民年金基金については過去記事を参考になるかと思います。

 

参考:国民年金基金 シミュレーションからわかったデメリットと魅力

 

自営業者のための上乗せ年金という形ですので、自営業的にやっている個人専業トレーダーであれば加入できます。専業トレーダーは、国民年金が中心になるので国民年基金にも加入することで将来の年金受取額を増やせます。

 

FXだけで一生やっていくのには、運用失敗して資産を大きく減らすという不安もあります。節税を兼ねて備えておけるのが大きなメリットです。

 

ただ、注意点もあります。

 

国民年金基金は確定年金です。そのため払った金額以上のお金を将来受け取ることができるのですが、利回りは低い傾向にあります。これが、これからの時代にはリスクになる可能性があります。

国民年金基金とインフレリスク

国民年金基金は、構造的にインフレに弱いところがあります。インフレとは、簡単に言い換えれば物価上昇のことです。

 

仮に。年金100万円を受け取りながら100万円全て生活費という方がいるとします。

 

ここで物価が10%上昇すると今のままの生活を続ければ生活費は100万円×10%増=110万円となり、年金では生活ができなくなってしまいます。

 

これでは困るので、物価上昇時には年金額も増額調整しましょうという制度が「物価スライド形式」です。この制度で、物価上昇が完全に補われるわけではないのですが、年金生活者にとっては助けとなります。

 

国民年金基金には、この「物価スライド形式」がありません。アベノミクスは、「デフレ脱却」をして「軽いインフレ状態」を目指しています。

 

おそらく、この基本政策は次の政権にも継承されていくことになるでしょう。それから推測すれば、5年後・10年後の日本はある程度のインフレが常態化していることになるでしょう。

加入時の予定利率もポイント

国民年金基金には加入者に約束している予定利率というものがあります。そして、加入時の予定利率がずっと適用される仕組みとなっています。

 

毎月の掛金はこの予定利率で運用されていくため高い予定利率の時に加入した方は、受け取る年金もそれだけお得になります。そのため、20年くらい前に加入されている方は、かなりの高利回りのはずです。なので、昔から加入している方はあまり気にする必要はないかもしれません。

 

2014年以降加入者は、予定利率1.5%です。 

 

この利率は今の段階では微妙な水準ですよね。受取年金額に反映される利回りは予定利率から諸経費が差し引かれるので、この利率で計算した年金額よりは減ることになります。でも、1%もない銀行預金にしておくよりもずっと有利に感じられます。

 

しかも、掛金は全額社会保険料控除として所得控除できるので、そこまで考慮すると「やっぱりお得」という気もします。

 

あとは、これから日本のインフレがどの水準までいくかということになります。アベノミクスが目指しているのが年間2%です。

 

  • 予定利率 1.5%
  • インフレ率  2%

 

こうなると、ちょっとづつですが、将来受け取る年金額の価値が減っていくことになりますね。でも、毎年の節税効果もあるのでこれくらいであれば「加入して失敗した」という気持ちにはならないかもしれません。

 

私が心配するのは、「インフレというのは加速すると制御しにくい」という部分です。

 

世界史を経済視線でみるとそれは「インフレとの戦い」でもあります。インフレによる経済崩壊が戦争突入の遠因となることもありました。デフレ経済に慣れた日本ではなかなか想像しがたいことではあるのですが、インフレの加速は国民生活に甚大な影響を及ぼします。

 

日本経済が、デフレ完全脱却してインフレ経済となったときにその時点の政権がうまく調整してくれればよいのですが、失敗したときのことも考慮に入れておくべきだろうと思っています。

 

こういう視点からいくと、確定拠出年金(401K)の活用も検討対象に入ってきます。

FX税金2015 目次

連載FX税金2015の目次です。

 

 

FX税金に関する記事は下記にてまとめてあります。

 

FX税金最新情報

2015/10/03 09:22:03
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック