トップへ戻る

サヤすべり取り 2つの収益源

サヤすべり取り 売りの収益源

実際の売買で狙っていく収益源についての説明です。

コーンサヤすべり取り 2つの収益源

私の、コーンサヤすべり取りの売買のやり方について簡単に説明させて頂きます。基本的に「売り」を中心として「価格調整額+値下がり利益」を取る形で行います。

 

株式投資では「買い」を中心として「配当金+株価上昇利益」を得るというのが主流なので、それとは逆の流れで売買をしていくことになります。

 

FXでスワップ投資をする場合、スワップポイントを受け取れるポジションが「売り」のときもあれば「買い」のときもあります。その意味では、FXをやっている方はこの辺の収益構造の仕組みはなんとなく思い浮かぶはずです。

 

それでも、「売り」で「値下がり期待」というのに抵抗がある方も多いかもしれません。

 

その気持ちはわかります。25年前、サヤすべり取りを始めた頃の私もそうでした。

 

無理に取り組む必要はありません。私のメルマガは「こういう儲け方がある」というのを運用状況をお見せしながら説明を加えていくスタイルでやっています。

 

合わないと感じる運用法に取り組む必要はありません。

 

「それでも、コーンのサヤすべり取りに興味がある」ということであれば、まずは私の売買を観察しているだけで充分です。

 

この運用法は、特殊な状況を利用したものではありません。それ故、利益を出すチャンスは定期的に到来します。そういう視点でいくと、自信がでたときに仕掛けていけば良いということになります。

価格調整額 好環境の利用

価格調整額がなかなか良い状態にあるのは、先日の連載記事にても書かせて頂きました。

 

参考:コーン 2016年価格調整額

 

レバレッジ1倍でも2016年実積7.5%の利回りが期待できます。レバレッジをどれくらいかけるかにもよりますが、おいしい環境は続いています。

 

理論的には、「売りポジションを維持するだけ」でこの価格調整額を受取続けることができます。

 

でも、この利回りはさておき「売りで利益が取れる環境」が特殊な状況でないことも既に説明済みです。2017年に限らず、「コーン サヤすべり取り」は基本的に「売り」から攻めていく方がやり易いです。

 

こう書くと「スワップ放置投資も良さそう」と思う方もいるかもしれません。

 

でも、その考えでやると「ほぼ確実に破滅する」ことになります。1年や2年はうまくいくかもしれませんが、5年後にはレバレッジ3倍程度でも資金が吹っ飛ぶ局面がほぼ確実に到来するからです。

 

この辺は、次回少し詳しく説明必要させて頂きます。

CFD取引2017年 目次

 

2017年現在、使用している3つのCFD口座

 

2017/01/11 08:58
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック