「勝率100%」や「元本保証」の悪質商法にひっかからないための方法

「勝率100%」や「元本保証」の悪質商法にひっかからないための方法

前回記事場帖記入 2年続けるとわかる事で引用した宮本武蔵の記事で連想したことがもう一つあります。

 

それは「FXに確実性を求める投資家心理」です。

 

「勝率100%」や「元本保証」といった言葉に投資家は弱いのですが、その心理につけこんだ悪質商法も数多く存在します。

 

そういった商法にひっかからないためにどうすべきかを今回のテーマとしました。

本当に確実な金融商品の利率目安

当時の武士が良い武器で確実に勝とうと考えたのと同様に、FXでも毎回確実に勝ちたいという気持ちは誰にでもあります。

 

そのせいか、「勝率100%の運用法」「元本保証で月利5%」という言葉にはどうしても惹かれてしまいます。

 

世の中には、こういった金融商品やら投資話があふれています。あまりに魅力的なものは詐欺だったり、それに類似するような思いをすることもよくあります。

 

こういう商品に引っかからないためには、目安があるといいかもしれません。

 

でも「本当に安全な金融商品の利回り目安」ってどうやって考えればいいでしょうね。

 

例えば、こんなのはどうでしょう。

 

「リスクほぼゼロの運用法」を目安にする

リスクほぼゼロの運用法を目安にする

「リスクほぼゼロ」ですぐに連想するのが銀行預金です。元本が安全で利息が受け取れる代表的なものはやはり銀行預金です。定期預金で年0.1〜0.4%くらいの利回りがあります。

 

ただ、この利息は「運用者である銀行の手数料」が差し引かれた利回りです。具体的には銀行員さんの給料や支店運営費などの諸費用を差し引いた後の利回りとなります。

 

銀行の諸経費がかからずに、投資家が自分で安全な形を作れれば利回りはかなり上がります。

 

例えば、「スワップ金利サヤ取り」などがその部類に入ります。

 

現在のところ、勝率100%に近い運用を続けています。

 

ただし、利益率はそれ相応に低くなります。

 

参考:スワップ金利サヤ取り これまでの利益

 

この運用には、500〜1500万円の資金を動かしています。ポジションを全く作らない時期が一年の半分くらいあるので単純には計算できませんが、年間利益率はかなり低目になります。

 

昨年までの3年間の利益が約70万円です。今年は今のところ10万円ですが、今のスワップ金利状況が続けば年間20〜30万円くらいにはなるかもしれません。

 

この運用法は、両建てにして為替変動リスクをゼロにして利益を積み上げるという形で行います。現在私は、南アフリカランドでポジションを持っています。

 

今回の無料レポートでもこの運用法のリスクなどについてまとめていますが、「スプレッド」と「スワップ金利変動」が最も大きなリスクとなります。

 

基本的にスワップ金利に大きな変動が起きなければ、かなり安定した運用ができます。私は、豪ドルと南アフリカランド中心にやっていますが、他の通貨ペアでも応用できます。

 

参考:スワップ金利サヤ取り 現在の組合せ

 

ただ、この運用法に使う資金はかなり大目です。10万ランドあたり以下の運用資金を必要とします。

 

  • 買い口座    10万円
  • 売り口座証拠金 10万円
  • 待機資金    15万円

 

合計35万円です。期待できる利回りは大体年利3〜10%です。現在は5%くらいです。

 

少ない・・・と感じるかもしれませんね。

 

でも、両建てにして為替変動リスクをほぼゼロに押さえ込んで確実性を高くしているのでしょうがないと思っています。

 

リスクを下げればそれだけリターンが減るのはやむをえないところです。

 

実際、利回りは低くても、確実性があるせいかこの運用法は結構人気があります。

 

私は、世の中に出回る金融商品の「妥当な利回り」を考えるときにこの両建てで期待できる利益率を目安にしています。

 

年間5%くらいが上限・・・・ということです。

 

「本当に安全な金融商品」を購入するときはこれ以上の利回りは期待しません。

 

例えば、「元本保証 月利5%」というおいしい話があると・・・

 

「両建てで期待できる利益率よりかなり高い」・・・

 

ちょっとうさん臭いかも・・・

 

なぜこれだけの利回りが出せるのだろうか・・

 

・・・という流れで考えます。

 

この目安は、ほとんどの金融商品で使えます。

 

そして、この考えを守って怪しい金融商品に引っかかったことは今までありません。

 

投資信託や自動売買はどうでしょうね。

 

投資信託は、元本保証でないものがほとんどですのでこの目安は使えません。リスクがある分だけ、運用が成功すれば大きな利回りが得られます。

 

自動売買も「勝率100%」というものは存在しません。そして高勝率のものは基本的にコツコツドカンとなるのでドカンについての注意事項がないものはやはりおかしいと考えるのが妥当です。

 

先程の年利5%は、あくまで「元本保証系金融商品の目安」です。

 

FXは、投資家の目的やリスク許容量に応じて、様々な運用が可能です。

 

「銀行預金よりは良い利息でリスクがほとんどない運用」という発想ならば、こういった両建運用も一つの選択肢だろうと思います。

 

私も安全性の高い運用は好きなので、これからも続けながらその状況を公開していく予定です。

 

目次 FX五輪書

FXで利益を出すといっても、特に変わったことをやっているわけではなく基本を大切にしながら日々同じことを繰り返しているだけです。私の運用の基礎部分の大枠は亀千人投資術にまとめてあります。

 

参考:亀千人投資術+場帖・グラフ 詳細

 

私がFXで利益を出すためにやっている行動と考え方を宮本武蔵野「五輪書(ごりんのしょ)」を元にまとめたのが今回の連載です。

 

2013/06/01 09:52:01
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数1900回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック