暴落相場で勝負できるための3つの要素

暴落相場で勝負できるための3つの要素 1億円ためてみよう第25回

暴落相場でしっかりと買うというのは、スワップ投資家の永遠のテーマのようなところがあります。ほとんどの場合、高値圏でつくった買いポジションの含み損膨張で苦しんだりすることで買いポジションを増加させて勝負しようなどという気持ちが萎えてしまうからです。

 

私自身もそういう経験を何度もしてきました。現在も暴落相場で少しは買えるようになったものの、まだまだ満足に買えるレベルまではいっていません。でも、暴落相場でしっかりと勝負できれば最終的な利益額は何倍にもなることも体験できるようになってきています。

 

今回は、私が下げ相場で買い続けられるようになった理由をまとめました。

下げ相場で勝負できるための3つの要素

暴落相場 勝負

今回が、純ドルコスト平均法実践上の心理的な注意点の最後です。

 

「下げたら大きく買える仕組みを維持する」

 

連載の中でも、重複する部分が多いのはわかっているのですが、忘れないで欲しい部分なのでもう一度書かせていただきます。ドルコスト平均法は下げたときが真の稼ぎ場であり、そこでしっかりと買える準備が大切であることを前2回で書きました。でも、実際に勝負するには3つの要素に留意する必要があります。

 

下げ相場で勝負するための3要素とはこれです。

 

  • 資金的余裕
  • 心理的余裕
  • 売買ルール

 

これら3つが揃ったときに「大底圏でしっかりと買える」ようになると私は思っています。この3つの要素は、3段階の形で考えるとわかりやすくなります。

 

第一段階:資金的余裕がなくて買えない

 

株でもFXでもそうなのですが、大きく下げたときに「買いたいけど資金がない」という経験をすることがあります。それまでの下げてほとんどの資金を使ってしまい、底をついてしまうケースです。

 

「もっとお金があればここは絶対買いだよな!」

 

下げ相場をみながら、こんな悔しい思いをした経験は誰しも一度はあるでしょう。暴落相場では含み損が急激に膨らんでいることも多いため、相場が転換するまでは夜も眠れず苦しんでしまうこともあります。

 

でも、人間は賢いのでこういう経験を何度もすると段々と資金的余裕が作れるようになります。

 

しかしながら、経験豊富な方は既にお気づきでしょうが、資金的余裕ができるようになっても、「大底圏でしっかりと買える」ようにはなりません。

 

資金的余裕が作れるようになって「大底圏でしっかりと買える」ためには、別の要素が必要だからです。

 

第二段階:心理的余裕を作る

 

資金的余裕ができて大きく下げても買えない大きな原因は「心理的余裕」が無いためでもあります。

 

それは、「暴落」や「含み損膨張」への恐怖心が強くなりすぎるために起きる現象です。ここをクリアしないと、下げ相場で資金的余裕があっても、買う勇気がだせず、指をくわえてみているだけとなります。

 

この心理的余裕は、スワップ投資家にはとても重要な要素となります。

 

スワップポイントを受取れるポジション中心で大きく稼ぐためには、ある程度下げたところまで待って、しっかりと買えるようになる必要があるからです。ある程度下げたところまで待てるようになれば、大損はしなくなり、精神的には安定した運用ができます。

 

大きく下げたところで大きく買うための心理的余裕を作りには、もう少し訓練や練習が必要です。例えば、サヤすべり取りであれば、それは日々1分の場帖・グラフ記入ということになります。

 

参考:サヤすべり取りの基礎 亀仙人投資術

 

この練習方法は、投資法によっても違うため場帖・グラフにこだわる必要はありません。こういう日々の練習が自然に心理的余裕を作る効果をもたらします。

 

純ドルコスト平均法では、場帖・グラフを使用せずに心理的余裕を作っていくために別の方法を使っています。

 

第三段階:売買ルール

 

練習と同様の効果を期待できるのが「売買ルール」です。売買ルールの長所の一つは「自分の背中を押してくれること」です。資金的余力はあるけど、心理的余裕がなくどうしても買えないということが誰にでもあります。

 

あまり無理をする必要はありません。

 

でも、いずれは「勝負どころではしっかりと勝負できる」ようになるのが理想です。純ドルコスト平均法は、それを意識した売買ルールをいくつもいれています。

 

  • 高値圏では大きく買わない。
  • 大底圏では大きく買う。
  • 毎月買い続けるので自然に大底圏を拾える

 

本当の稼ぎ場が暴落相場であることは、既に書きました。売買ルール全体が、その稼ぎ場で勝負できる心理的余裕を作ることを意識したものにしています。

 

こういう売買ルールがあることで、暴落相場のなかで更に大きく下げそうな時でも自分の中に「冷静なときに作った自分のルールがそういっているんだ。買うしかない」という気持ちにさせてくれます。

 

この売買ルールの一押しが、後からみれば大きな利益を生み出してくれます。


少しづつ慣れていけばよい

でも、いきなり全てをうまくやることはできないはずです。この売買がうまく回っていくためには、ある程度の慣れが必要です。この3要素を意識していなくても問題はありません。自然にこの流れが会得出来るようになるのがドルコスト平均法の長所だからです。

 

スワップ投資初心者の方は、純ドルコスト平均法を始めて最初の下げはどうしても怖いだろうと思います。無理はする必要はありません。最初の下げは売買数量をルール以下に減らして様子をみてもいいんです。

 

純ドルコスト平均法は、長期間続けることで大きな資産を作っていくやり方です。

 

この投資法での私の運用資産は、まだ250万円程度です。でも、去年の連載時にはまだ100万円無かったんです。他のFX投資法に比べれば、増え方はゆっくりかもしれません。でも、積立形式で誰にでも出来る方法として継続していけそうな手応えは感じています。

 

一緒に積立をしている皆様、将来のためにしっかりとやっていきましょう。

1億円ためてみよう 目次

 

純ドルコスト運用法の運用ルール及び成績は以下のページにてまとめてあります。

 

SBIFXトレードを使ったドルコスト平均法運用状況

2015/01/10 09:09:10
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック