ドルコスト平均法積立での資産つくり

覇国積立は、次の時代の覇者の国に積立投資をしていくというものです。

 

積立でもっとも効率よく出来る方法は、「次の中心国となる国へ投資をする」ことです。

 

覇国となる国は、株と通貨の両方が値上がりします。

 

この覇国積立を始めた2019年7月時点で起きている米中貿易摩擦は、米国と中国の覇権争いの序章でもあります。

 

一時的に収まることはあっても、これから何年あるいは何十年と続くことになるだろうとみています。

 

その長い時間の流れで、次の世界の中心国と流れが決まっていくことになるでしょう。

 

こういう流れは、過去の世界史の中で何度も繰り返されてきました。

 

私達投資家としては、次の覇国がどこになっても利益と出来るような体制を作っていきたいところです。

 

将来、覇国となりうる候補国は、3つあります。

 

米国・中国・・・そしてドイツです。

 

覇国積立では、その3国に分けて積立投資をしていきます。

 

  • FX積立 米ドル円編
  • 株式投資積立 中国編
  • CFD積立 ドイツ編

 

運用資金ルールは3つとも同じにしています。

 

  • 運用開始元金 10万円
  • 毎月積立 1万円

 

利益確定など細かいルールは、それぞれ異なります。

 

積立投資には、もう一つの使い方があります。

 

私は、旅行好きのため、マイル集めの一環として投資信託積立をしています。

 

  • 投信積立:

 

この覇国積立を参考にされる場合、私同様に3部門の積立をする必要はありません。

 

「米国」と思う方はFX積立のみで十分です。「中国」と思っている方は、株式投資積立のみでよいです。

 

開始資金10万円+月1万円の積立ですので、何年かかけて100万円を目指すような感じになります。

 

ここでの運用は、積立投資のコツを掴んで頂くのは一番の目的です。

 

コツを掴んで、ご自身の運用形ができてきたら、積立資金を増やして更に大きな資産形成を目指してみてください。

FX積立

【覇国積立】ドルコスト平均法での資産つくり記事一覧

2019年6月に、FX積立SBIFXトレード編は終了しています。ここでのFX積立ポジションは、「FX含み損を減らすためのFXオプション活用法」の実験口座として利用中です。参考記事:FX含み損を減らすためのFXオプション活用法純粋なドルコスト平均法に近い形で豪ドルを買っていく実験です。1通貨売買が可能なを使っています。ここまでの資産運用状況は、以下のようになっています。注意点:含み損益のデータは20...

SBIFXトレードは、1通貨から売買できるという特徴を持っています。その特色を活かしてドルコスト平均法を使った運用を続けています。この運用法に関する記事を集めたカテゴリーです。純ドルコスト平均法 運用ルールと現在の合計ポジション

純ドルコスト平均法の2015年フォロー連載記事です。この運用法は、実戦しながら資産を実際に増やしていただこうという趣旨で行っています。1億円が当面の目標ですので、よろしければ一緒にやっていきましょう。第1回ドルコスト平均法での成功者が少ない理由第2回ドルコスト平均法 上げ相場のメリット・デメリット第3回ドルコスト平均法 下げ相場のメリット・デメリット第4回ドルコスト平均法成功の肝 下げ相場の戦い方...

SBIFXトレード「レバレッジ付き定期外貨取引」は、定期的に外貨ポジションを積立形式で自動購入していける口座です。レバレッジも1〜3倍の調整ができるため、少しリスクを撮る売買もできます。レバレッジ付き定期外貨取引は、ドルコスト平均効果を利用した積立投資がFXで簡単にできるなどのメリットがあると同時にデメリットと感じる部分もあります。その辺についてまとめました。レバレッジ付き定期外貨取引 記事レバレ...

連載「1億円ためてみよう」の記事をまとめています。メルマガ読者には、最低でも1億円くらいは資産を作ってもらおうと思って続けている運用法がいくつかあり、純ドルコスト平均法もそのひとつです。運用状況を毎月公開しながら、毎年1回くらいのペースで運用理論や運用ルールの改正点などについてのフォローをしています。メルマガ購読は無料で、この運用法実践のための特別な料金もありません。「一緒に1億円つくろう」という...

TOPへ