SBIFXトレード 検証・運用ブログ

SBIFXトレードは、1通貨から売買できるという特徴を持っています。その特色を活かしてドルコスト平均法を使った運用を続けています。この運用法に関する記事を集めたカテゴリーです。

 

純ドルコスト平均法 運用ルールと現在の合計ポジション

SBIFXトレード検証 2017年運用ブログ記事一覧

4か月分貯めてあったFX積立資金での豪ドル円買いを本日入れています。もうちょっと安くなってから買うという手もあるのですが、あまり欲を出して買いそびれるのもよくないので、この辺で買うことにした次第です。12月11日より業界初の即時信託サービスも開始するため、FX積立の安心度が更に高まります。今回のレバレツジは2倍です。

2017年12月のFX積立を本日実行しています。今月はレバレッジ2倍です。豪ドル円は、11月に比べれば下がってきています。2017年の値動きの中ではかなりしっかりとした下げですので、このチャンスにもう少し買っておきたいところではあります。でも、保有ポジションの買い平均値からみるとまだまだ下げが足らない気がするのです。そのため、大きく買う水準ではないと判断してレバレッジ2倍の買いに抑えた次第です。も...

2012年より5年以上続けてきたFX積立のルールを一部改定することにしました。利益確定ルールに利益確定条件を一つ追加しています。これからFX積立をされる方だけでなく、一緒にFX積立をされている方はご一読くださいませ。

ここ数ヶ月。FX積立資金は下げ相場に向けて買いポジションを作らず待機させていました(参考記事:SBIFXトレード検証 2017年運用状況)。ここにきて、豪ドル円にやっと崩れらしきものがでてきています。もう少し下げそうなので、その辺を狙って買い指値注文を入れてみました。

2012年10月末から始めたSBIFXトレードを使った純ドルコスト平均法FX積立が、あと2週間でまる5年経過となります。ここまでの運用経過とともに10年経過となる5年後にはどういう状況になるのかなどの試算をしてみました。SBIFXトレードを使ったドルコスト平均法運用状況

金融庁が検討していると言われているレバレッジ10倍への引き下げが本当に実施となった場合、私たちが続けているFX積立にも少なからぬ影響がでます。具体的にその影響がどれほどかについて検証してみました。SBIFXトレードを使ったドルコスト平均法運用状況

毎月やっている2017年10月分FX積立を本日実施しております。今月はレバレッジゼロの月にしています。レバレッジゼロの月は、入金のみで新規ポジションを作らない月のことです。その理由などについて記事にまとめさせていただきます。SBIFXトレードを使ったドルコスト平均法運用状況

2017年8月のドルコスト平均法FX積立は、入金のみでポジションはゼロです。これには2つの理由があります。買い平均値を豪ドル円現在値が上回ってきた。豪ドル円高値圏という認識のため、少し待った方が安いところで買えそうだ。現在のポジション状況などを元に、詳細部分を記事にまとめさせて頂きました。

ドルコスト平均法FX積立2017年7月分を本日実行しています。今月は、レバレツジ1倍での豪ドル円買いです。最高レバレッジ4倍までの買いが出来るのですが、豪ドル円が上昇するに従いレバレッジを下げていくようにしてあります。ここのところ豪ドル円は86円台まで上昇してきているため、今回は控えめな買いということになった次第です。あと一上げあれば、利益確定水準まで到達するポジションもでてくるかもしれません。な...

私のFX積立は、月1回だけポジションを作るという形で続けています。毎月月初にポジションを作ったらあとはやることがありません。この積立も2012年10月から始めたもので、そろそろ5年が経過しようとしています。低リスクでやっているせいもありますが、危ない思いをすることもなく続けてこれました。今回は一番重要かもしれない鉄則をご紹介します。

今月も純ドルコスト平均法FX積立を行いました。今月は、レバレッジ2倍での買いです。2431豪ドル円の買いポジションを新たに作成しています。これは、前月よりも1円ほど豪ドル円が下がってきたためです。豪ドル円が下がってきたらレバレッジを上げていくことでドルコスト平均法効果によって買い平均値を効率的に下げていくことができます。前月までの数ヶ月はレバレッジ1倍での買いでしたが、今後は下げるに従ってレバレッ...

2017年5月分の純ドルコスト平均法積立を本日実施しています。今月はレバレッジ1倍で1200通貨の買いポジションです。豪ドル円は一時よりは下げたとはいえ、まだまだレバレッジを上げる必要は感じていません。もうちょっと買いポジションを増やしたいところではあるのですが、今後本格的な下げ時期が到来することも想定して抑え気味にしています。売買で使っているSBIFXトレードでは、4月29日より自動学習機能を備...

純ドルコスト平均法を完全に近い状況で行うための必要条件は「1通貨売買が可能であること」です。私自身はSBIFXトレードを使っているのですが、これから始める方は一番取引条件の良いFX口座を使えば良いと思っています。現段階で1通貨売買なFX口座で取引条件比較をしてみました。

豪ドル円の値動きはもぞもぞとしているのですが、純ドルコスト平均法FX積立の方は、2017年4月も予定通りに行っております。今月は、レバレッジ1倍での買いで豪ドル円1176豪ドルの買いポジションを作っています。右が約定画像です。成行注文で出していて、約定値は85.0083円です。この運用で使っているSBIFXトレードでは、3月に手数料無料でできるクィック入金を5000⇒1000円に引き下げるという制...

2017年3月の純ドルコスト平均法FX積立を実施しています。今月は、レバレッジ1倍で1160豪ドルの買いです。86.9253円の約定値で、少し有利に約定できたようで、有利約定時に発生するニコチャンマークがでています。いつみても縁起の良いマークです。単純な私はこれだけでも気分が良いのですが、今月3月はうれしいことがもう一つありました。純ドルコスト平均法FX積立の運用資産が500万円を突破したのです。...

FXや株式投資では、売買をしていないと安心できない所謂「ポジポジ病」というものがあります。これと似たような現象は決済のときにも起きます。「決済したい病」というもので、これもなかなか厄介な病です。私の純ドルコスト平均法口座でも「決済したい病」が発病しそうになっています。その特徴と対処法についてまとめました。

FX積立で失敗したという話はまだ聞いたことがありません。それ故、タイトルがちょっとおかしい気もするかもしれません。もしも、FX積立で失敗するとすれば大体予測がつきます。誰もが陥る可能性のあることですので、警告の意味も含めて記事にさせて頂きます。

毎月やっているFX積立、2017年2月を本日実行しています。今月は、レバレッジ1倍で、1170豪ドル円の買いポジションです。トランプ大統領の言動次第では、大幅な円高もあり得る状況になっています。ここは、レバレッジ1倍の買いで余裕をつくっておくほうが得策と判断しました。毎日のように事件を作り出している気がするトランプ大統領、当面この傾向は続きそうですね。定期的な荒波はいつものことです。しっかりとやっ...

FX積立は、数あるFX運用法の中でも破たんリスクの少ないほうに入ります。ただ、これもやり方次第で違ってきます。大きく儲けようとするがあまりに、毎月の積立によるポジションを大き目のとるといずれ資金的にも心理的にも苦しい想いをすることになります。そうならないための考え方の基礎となる部分について書かせて頂きます。

2017年最初のドルコスト平均法FX積立を実行しています。1月はレバレッジ2倍で2365豪ドルの買いを入れています。今月は、レバレッジ1倍にするか2倍にするかちょっと悩みました。スワップポイントを考慮すれば含み益とはなっているからです。今後下げていく可能性を考慮すれば今月はレバレッジ1倍で控え目にやるという選択肢もありました。でも、買い平均値はまだ87円台なので少しでも買い平均値を下げておくことに...

SBIグループには、SBIFXトレードとSBI証券のFXの2つのFXサービスがあります。似たような名前のFXサービスなのですが、いろいろと違いがあります。特に、スワップ投資やドルコスト平均法をする場合には、SBI証券のFX口座は要注意口座のひとつでした。でも、来年よりその要注意部分が解消する見込みになったので記事にさせていただきます。

ドルコスト平均法FX積立2016年12月分を本日行いました。豪ドル円は、先月に比べて大分上昇してきたものの買い平均値まではまだ差があるのでレバレッジ2倍での買いとしています。いつも通り成行注文で約定させるのですが、約定値が私に少しでも有利になると出てくるのが右の画像です。有利になったといっても僅か0.04銭のことではあるのですが、朝からこの画像をみれるととても気分が良くなります。今月は何か良いこと...

米ドル円高の流れに乗り豪ドル円も久々に82円台まで上昇しています。底値からある程度上昇してくるとドルコスト平均法系ポジションの収支改善のスピードが早いのにちょっと驚いています。仕組上そうなると頭で理解してはいても、現実化してくると新たな喜びが沸いてきます。ここから上昇するにせよ、下げるにせよ、なかなか楽しみな状況が続きそうです。

2016年11月分のドルコスト平均法積立を実施しました。今月は、レバレッジ2倍で2509豪ドル円の買いポジションの作成となっています。レバレッジ3倍くらいでも良いかなという気もしたのですが、ちょっと控え目にしておきました。豪ドル円は、このまま上がってしまうかもしれませんが、ここから陰転という可能性もないとはいえないからです。いかなる状況になろうと心理的なストレスをためないでいくという基本路線は堅持...

2016年10月分のドルコスト平均法積立を行いました。今月は、レバレッジ2倍での買いです。買値は、77.6441円で2576豪ドル円の買いポジション作成となっています。そろそろ底かなという部分と、もう少し軟調になりそうという部分の両方が拮抗しています。目先の相場観には、いろいろな思惑があるもののドルコスト平均法積立は粛々を続けています。相場観に惑わされず、買い平均値を着実に下げていくことにしていま...

FX積立2016年9月分を本日実施しています。今月はレバレッジ1倍で1290通貨で買い値77.6943円で買いポジションを作成しています。円高が一段落しそうな雰囲気もでてはきているのですが、それは米ドル円相場だけのことといってもよいかもしれません。豪ドル円などの高金利系通貨や南アフリカランド円などの新興国系通貨は、この辺からちょっとした試練が訪れるかもしれないからです。ここのところ、米ドルが高くな...

豪ドル円ドルコスト平均法積立2016年8月分を実行しています。今月は、先月に引き続きレバレッジ3倍での買いポジションを作成しています。買値77.1472円で3889豪ドル円の買いとなりました。右画面が約定画面です。SBIFXトレードでは、有利な値で約定するとこの画面が出ます。この画面が出るだけでちょっと気分がよくなります。ドルコスト平均法の継続によって買いポジションも大分増えてきています。あとは豪...

2016年6月分の純ドルコスト平均法積立を本日実施しました。今月は、豪ドル円も適度に下げてきているのでレバレッジ3倍での買いを入れています。これによる買い数量は3747豪ドル円となりました。豪ドルは経済上向き傾向の指標が出てきているものの、豪の輸出の約3割は中国であり、中国経済の影響を大きく受ける状況に変化はありません。米国利上げ実施も間近となっているため、更なる一段安も考慮のうちに入れています。...

純ドルコスト平均法を始めてから3年半が過ぎました。現在の豪ドル円下げ相場は、純ドルコスト平均法を始めてから一番キツイものとなっています。せっかくですので、下げ相場でのドルコスト平均法というものはどういう具合に推移していくのかなどについてまとめてみることにしました。こういう記事をまとめるブログは少ないので、実践上今回の記事は貴重かもしれません。

毎月やっている豪ドル円FX積立を今月も実行しています。今月は、レバレッジ3倍での買いです。レバレッジ4倍でいくのも検討したのですが、3倍に抑えました。ちょっとビビった感じです。全体のレバレッジはまだまだ低いのですが、それでもビビってしまうのは小心者ならではの買い方です。こういう性格だから安全に出来るのだとも思いつつ、もうちょっと勝負したいのに出来ないという自分に不甲斐なさを感じたりもします。幸い、...

2016年5月のドルコスト平均法によるFX積立を本日行っています。全体の円高地合に引っ張られ豪ドル円も81円まで下げてきているため5月はレバレッジ3倍での買いとしています。約定値は良い方にスベってくれ、5月最初の売買としては縁起が良いスタートとなりました。5月作成買いポジションは3708豪ドル、約定値80.9856円でした。現在の状況と今後の予定などについてまとめました。

ドルコスト平均法2016年4月分積立を本日行っています。今月は豪ドル円相場が戻ってきて買い平均値に近くなってきたためレバレッジ2倍での買いポジションを作成しました。その結果、86.2689円で2318豪ドル円の買いとなっています。上昇基調にあるとはいえ、いつ下落相場に戻ってもおかしくはありません。下げ転換するうようであれば、再びレバレッジを3倍あるいは4倍に引き上げて積極的に買っていく予定です。上...

G20の効果なのか、月曜日は先進国通貨が売られました、円高の流れに変化はなかったようなのですが、G20の会議内容などからここからの急激な円高はそれなりに歯止めがかかりそうな感じもでています。そんななかで、毎月恒例のFX積立2016年3月分を本日実施しています。今月はレバレッジ3倍での買いです。

FX積立形式の純ドルコスト平均法、2016年1月分を本日実施しました。今月はレバレッジ2倍の買いです。先月2015年12月はレバレッジ1倍での買いでした(参考記事:400万円が見えた 2015年12月 FX積立派状況)。このため、今月はドルコスト平均法効果とレバレッジを引き上げの両方で買い数量を大幅に増やしての買いとなります。豪ドル円は下落リスクがあるとみられている局面ではありますが、この辺はドル...

11月のFX積立を本日行っています。今月はレバレツジ2倍での豪ドル円買いです。購入数量は2327豪ドル円となっています。前月・前々月とレバレッジ3倍以上で勢いよく買っていたのですが、今週はその水準からは少し減らしました。これは、豪ドル円がさらに下げそうな感じがでてきているためです。こういうのは、杞憂に終わることもおおいのですけどね。もしも、もう一段の下げがあってもしっかりと買い続けられるように今月...

SBIFXトレードでの12月分FX積立を本日実行しています。今月は気持ち的には弱気のためレバレッジ1倍で1111豪ドル円買いポジションを新規作成しています。買い値はちょっと有利だったようで、約定画面ではニコチャンマークがでました。大したことではないのですが、このマークがでるとちょっと得をした気分になります。SBIFXトレードでは、新サービス「レバレッジ付き定期外貨取引」を始めています。これは、毎月...

豪ドル円が大分戻してきましたが、下落開始時点の90円前半まではもう少しあります。SBIFXトレードを使ったドルコスト平均法運用状況で後悔している口座を本日チェックしたところ、含み損がほとんど消えておりました。今回の豪ドル円下落は、少し激しい感じがしていたので、ちょっと意外でした。これも、ドルコスト平均法ならではの効果の一つなのかもしれません。

相場に秘伝ありとすれば、それは自分の資力と能力の限界を知ることである。〜 相場格言誰もが「そんなの当然だ」といいながら、ほとんどの人が守れていない格言のひとつです。「自分の資力と能力の限界を知る」というのは、もっと己を深く理解するという意味です。情報収集やテクニカル分析に夢中になりすぎて、肝心な自分自身の分析ができていないことはよくあります。これも、相場での成否を分ける重要な鍵です。FX積立201...

やさしい方法を選んでやさしく取れ 〜ある女性プロの言葉私の師匠林輝太郎の著書「相場金言集」にのっている言葉の一つです。この言葉を読んで反発したくなく方もいるかもしれません。「やさしい方法で本当に利益だせるの?」という疑問が生まれがちだからです。複雑な運用法ほどうまくいくように見えるものなのですが、現実はその裏側にあるというのが真実でもあります。

FX積立を始めてあと数ヶ月で3年経過となります。ここまでのところ大きな含み損を抱える時期もなく安定的に増えてきました。目標とする1億円はまだまだ先ですが、この運用法にはずっと続けていける仕組みが備わっていると感じたのでその理由を記事にまとめさせていただきました。

2015年7月のFX積立を本日行いました。口座入金してから成行注文を出すのですが、SBIFXトレードでは有利に約定するとこのニコちゃんマークの画面が出てきます。この画面がでると、運が良い気分になり、ちょっと幸せを感じてしまいます(笑)。為替相場はユーロ中心に大荒れなのですが、豪ドル円は静かなものです。豪ドル円も大きく動いている気がするのですが、積立時の約定値をみてみると前月も今月もほぼ同じ値となっ...

時折、読者の方から「ブログで紹介されている運用法は、どれから始めればいいのでしょうか?」という質問を頂きます。その際、私は決まってこう答えます。まずは、純ドルコスト平均法で始めてみてはいかがでしょう。この理由は3つあります。今回はそれについてまとめさせて頂きます。

FX積立、今月分を実施しました。今月は1053豪ドルの買いポジションを追加しています。こんなお気楽ペースでも運用資産はそろそろ350万円が見えるところまできています。毎月運用ルール通りに売買するだけなのですが、続けることで大きな成果となりつつあります。

私は、FXと株の両方でドルコスト平均法積立を行っています。どちらも着実に資産を増加させているのですが、実はやり方が決定的に違うところがあります。ここでは、FXと株でドルコスト平均法をするうえで留意すべきポイントとその対処法についてまとめてみます。FXのドルコスト平均法運用状況は当サイトにて公開中です。

ドルコスト平均法によるFX積立を始めてから早2年半が経過しました。運用資金は300万円に近づいてきて着実に増加しています。最近読み直している本の中にこんな言葉がありました。人生を仮に60年とすると、60年間すべて幸せという人も、逆に60年間全く鳴かず飛ばすという人もいない。たいていは、幸せな時期が20年、不幸な時期が20年、どちらかに転ぶ可能性もある20年がある。この20年を幸せのほうに引き寄せて...

2015年5月分のFX積立を本日行い、資産状況をまとめました。今月新規で作成したのは、1060豪ドル円買いポジションです。豪ドル円がもう少し下げそうだった2週間ほど前であればもう少し数量を増やすつもりだったのでした。ところが、先週大きく上昇したため無理をせず少量の買いに抑えた次第です。先週の上昇のお蔭で、含み損益を加えた運用資産総額が270万円を超えました。手持ちポジションもそろそろ5万通貨くらい...

豪ドル円を今買うのかと笑われてしまいそうですが、2015年4月のFX積立では前月よりも多い豪ドル円買いポジションを新規作成しています。個別ポジション明細 | 純ドルコスト平均法にまとめてある2015年3月作成の買いポジション数量は1074豪ドルだったのに対して、2015年4月作成の買いポジション数量は2187豪ドルとなっていて2.03倍となっています。今後も更に下げるようであれば、じっくりと腰を据...

FX積立2015年3月分を本日行いました。今月はレバレッジ1倍での買いです。買い対象の豪ドル円が買い平均値を上回った状態のためルールに従い、買い数量は少なくしています。円高になりそうでならない展開が続いているのですが、この積立はルールに従い粛々と続けていきます。今回は「積立投資が大きな資産形成に有効な理由」についてもまとめてみました。この売買には、1通貨売買が可能なSBIFXトレードを使用していま...

純ドルコスト平均法、2015年2月もいつもどおりに積立を行いました。いつも成行注文で買うのですが、たまに有利な値で成立したときは、右の画像が表示されます。ちょっと得した気分ですね(笑)。豪ドル円が、前月よりも下げて買い平均値を割ってきたため、ドルコスト平均法今月の買いレバレッジは2倍に引き上げています。高値圏では買い数量を少量に抑えておく。安値圏に入ったら買い数量を増やしていく。ドルコスト平均法は...

11月のFX積立を本日行いました。10月中旬まで豪ドル円が下げたので、今月は安値を拾えるかと思っていたのですが、先週の黒田バズーカー砲で大きく流れが変わってしまいました。ただ、ここから更に上昇してくれるようであれば、利益確定できるポジションもあるので、今月はそれを楽しみに口座を見守りたいと思っています。

毎月やっているFX積立今月分を本日行いました。今月はレバレッジ1倍の買いで994豪ドル円の買いポジションです。全体的な円安の流れ出豪ドル円値も100円台にはいっているのでドルコスト平均法の性質上、買い数量は少なくなっています。でも、これまでのポジションの含み益がかなり増えてきています。あと一上げあれば、もしかすると今月中に利益確定決済があるかもしれません。ちょっと期待しながら12月の豪ドル円相場を...

毎月積立でやっているSBIFXトレード口座のドルコスト平均法運用口座の資産評価額が200万円を超えました。毎月コツコツやっているので、200万・300万といった大台乗せはとてもうれしい気持ちになります。この積立を通じて、ドルコスト平均法の効力を改めて感じています。

2014年10月分のFX積立を本日行いポジションを作成しました。今月の買い数量はレバレッジ1倍での購入です。豪ドル円が一時よりも下げたとはいえ、このドルコスト平均法口座の買い平均値は92円台であり、まだまだ大きく売買数量を増やす必用はないので安全運転でいくことにしました。今回は、毎月のドルコスト平均法での購入手順を紹介します。まずは、ここまでの運用状況をご覧ください。

SBIFXトレード口座での毎月のFX積立を今月も行いました。今月はレバレッジ1倍での買いです。このドルコスト平均法積立の理論・ルールは、FX積立 純ドルコスト平均法 理論編にてまとめてありますので、実際に運用をお考えの方は参考にされてみてください。

SBIFXトレードを使ったドルコスト平均法運用状況は、今月も堅調に推移しています。この運用法への質問が増えています。一番多い質問が「毎月いくらから積立出来るのか」です。今回は、その積立額について書かせていただきます。SBIFXトレードを使ったドルコスト平均法運用状況及びルール詳細

豪ドル積立を今月も実行しました。目先の目標である運用資産200万円も着実に近づいてきています。現状をまとめていてふと気づいたのが、この運用法の確実性です。苦労して豪ドル予想しながら売買するよりも上手に買えているまだ開始して2年程度ですが、ドルコスト平均法を活用することでこういうメリットもうまれたということかもしれません。SBIFXトレードを使ったドルコスト平均法運用状況及びルール詳細

毎月のSBIFXトレードを使ったドルコスト平均法積立を今月も行いました。今月は買い平均値よりも豪ドル円が上昇しているため、レバレッジ1倍での買いポジション作成になっています。買い数量は1057豪ドルでした。現在の状況はこんな感じです。注意点:含み損益のデータは2013年8月より取り始めました。現在の合計ポジションポジション買い平均値;積立総額;利益+スワップ運用資金合計含損益考慮33,576豪ド...

積立投資としての資産形成をお考えの方にオススメなのがFXの活用です。FXは株や投信に比べて手数料が安く、売買の柔軟性も高いためそれぞれの事情に合わせた積立投資ができます。ここでは、の1通貨売買という仕組みを利用してやっているドルコスト平均法を活用した積立投資の現在の状況をご紹介しています。この運用法の詳細や積立状況を確認したい場合は以下のページをご覧下さい。SBIFXトレードを使ったドルコスト平均...

毎月やっているFX積立口座ポジションで日々発生しているスワップ累積額が5万円を超えてきました。ドルコスト平均法の効果を活用しながら、買い平均値を下げつつスワップポイントを受け取りながら上昇期をゆったりと待つ。その流れがうまく回っています。右下の薄赤色になった部分が現在ポジションのスワップ累計額です。毎月ちょこちょこと買っているので、まだまだ3.2万通貨の保有ポジションです。毎日のスワップ発生額は2...

毎月やっているFX積立今月分を本日行いました。口座で1055豪ドルの新規ポジションを作成しました。10万円入金しての1055豪ドルはレバレッジ1倍での買いポジションとなります。ここまでの買いポジション作成は以下のような感じでやってきています。約定代金ベースで買いポジションを作る。レバレッジを豪ドル水準に合わせて調整する。この2つを組み合わせて買い平均値を低く誘導する仕組みとなっています。豪ドルが下...

target="_blank">毎月やっているFX積立、2月分の10万円入金をしておきました。今月はポジションは作らずに待機させます。参考:個別ポジション明細 | 純ドルコスト平均法。なので、全体のポジションのバランスは前月とほとんど変化ありません。スワップポイントが増えただけです。参考:純ドルコスト平均法 合計ポジション豪ドルが急落する局面があれば拾っていくつもりです。ここまでのポジショングラフ...

target="_blank">純ドルコスト平均法の資産が80万円まであと一歩というところまで増えてきています。この純ドルコスト平均法は、1通貨売買のできるSBIFXトレードを使用しています。80万円あったらどんな商品を検討するのだろうと思って検索してみたら「車・中古車」とでてきました。車を買ってしまえば手元の80万円は無くなってしまうのですが、この運用資金はこれから増えますよ・・・という予定です...

ドルコスト平均法 12月積立実行target="_blank">積立投資でやっている純ドルコスト平均法運用口座に今月も10万円入金しました。参考:純ドルコスト平均法 運用資産推移と合計ポジションただ、今月はポジションは作っておりません。しばらく豪ドルが弱い展開が続きそうなので、様子を見ることにしました。今回の入金で全体のレバレッジも3倍を割り2.85倍まで下がっています。余裕をもたせながら急落する...

ドルコスト平均法運用しているSBIFXトレード口座が良い感じになってきました。現在の口座状況は以下のようになっています。昨年より、毎月1日を基準にコツコツ買ってきた買い平均値が現在91.8857円です。一部利益確定しながらやってきています。まだまだ合計ポジションが約1.8万豪ドルと少なめですが、スワップも1万円貯まってきました。10月も10万円入金して豪ドルを買っていく予定です。10月購入のレバレ...

サイトマップ Copyright © 2019 お気楽FX 相場生活入門編 All Rights Reserved.