ループイフダンFXでコツコツ自動売買中です。

シストレi-NET

 

アイネットFXでは、口座開設時に「通常のFX口座アイネット25」と「ループイフダン口座」が同時開設となります。

 

「ループイフダン」は、アイネットFX社が提供している自動売買システムです。設定がシンプルで通貨ごとに用意された数タイプから選ぶだけです。運用管理も手軽になっていて、私の口座もほとんど放ったらかしで稼働中です。

 

ループイフダン公式ページ

 

ループイフダン運用状況は下記ページにてまとめています。

 

 

ループイフダン 1000通貨単位では手数料負担最軽

 

ループイフダン

 

アイネットFXには、2種類の口座があります。米ドル円スプレド0.8銭とスプレッドが狭く短期売買に適している裁量トレード口座と、シストレ用口座であるシストレi-net口座です。ループイフダンができるのは、シストレi-net口座になります。

 

とはいえ、2口座は同時開設となるうえ資金移動も簡単にできますので、仕組みさえ押さえておけばスムーズに使えます。

 

ループイフダンは、トラリピ風の注文方法です。往来相場時には手堅くコツコツと利益を増やしてくれるところが魅力です。

 

リピート系自動売買口座は、通常手数料有料となるのですがループイフダン口座は手数料無料でできます。しかも、最低売買単位も1000通貨からなので繊細な戦略設定が可能です。

 

手数料無料ではあるのですが、スプレッドは米ドル円2銭と広目になっているので、スプレッドで手数料分と相殺していると考えて使うと良いと思います。トラリピやトライオートなどでは、1000通貨売買では往復2〜4銭程度の手数料を取るのが普通です。

 

その点を考慮すると、米ドル円2銭でも総合的な投資家負担は軽くなります。

 

ループイフダンは1000通貨単位のリピート系自動売買では手数料負担がもっとも軽い口座の一つと言えます。

 

1000通貨単位でリピート系自動売買をする際には、ここを主力にすると良さそうです。

 

設定があらかじめ決められているのも良いところです。上級者になってくると、細かく設定できるトライオートの方が合うのかもしれませんが私のようなリピート系自動売買初心者には数種類の中から選ぶ方が助かります。

 

私は米ドル円でいきます。

 

シストレi-NET

 

ループイフダン 5つの特徴

 

ループイフダンの大まかな長所・短所は大きく5つに集約されます。

 

  • その1業界最強水準の低コスト負担口座
  • その2シンプルで使いやすい。
  • その3自由な設定ができない。
  • その4新規開発力は弱め
  • その5スワップポイントが高目

 

業界最強水準の低コスト負担口座

 

ループイフダンは、1万通貨未満の売買ではもっとも低コストのリピート系自動売買口座といっても良いと思います。

 

ループイフダンはリピート系自動売買が手数料無料でできます。ただ、その代わりといってはなんですが、スプレッドが広目となっています。

 

  • 米ドル円 2銭
  • ユーロ円 3銭
  • 豪ドル円 4銭

 

なので、投資家負担を比較するのであれば「手数料負担+スプレッドで比較する必要があります。トライオートFXと比較してみましょう。

 

トライオートFX スプレツド

 

  • 米ドル円 0.3銭
  • ユーロ円 0.5銭
  • 豪ドル円 0.6銭

 

スプレッドだけだと圧倒的にトライオートFX有利ですが、トライオートFXは1万通貨未満の売買では片道手数料2銭の負担が発生します。往復売買で投資家負担を計算すると以下のようになります。

 

  • 米ドル円 0.3銭+往復手数料4銭=合計負担4.3銭
  • ユーロ円 0.5銭+往復手数料4銭=合計負担4.5銭
  • 豪ドル円 0.6銭+往復手数料4銭=合計負担4.6銭

 

このため、スプレツド+手数料負担合計額でみると、ループイフダンの方が有利になります。

 

これは、他のリピート系自動売買口座と比較してもほぼ同じ結果になります。

 

他の口座と比較しても、米ドル円・ユーロ円・ユーロドルなどメジャー通貨に関しては、1本1万通貨未満の設定では概ねもっとも投資家負担の小さいリピート系自動売買口座といえます。

 

1万通貨以上の売買では、トライオートFXの手数料が片道1銭と半分になります。これでも、米ドル円・ユーロドルでは、相変わらずループイフダンの方が有利ですが、他の通貨ペアではトライオートFXの方が有利になります。

 

リピート系自動売買では、設定本数が20本・30本と多目の場合は、1本の売買数量は少な目になるのが普通です。

 

リピート系自動売買利用者の設定をみても、運用資金1000万円以下の場合は、ほとんどが1本1万通貨未満の設定となっているようです。

 

この視点でみると、数百万円規模のリピート系自動売買運用ではループイフダンの1万通貨未満での低負担システムは多くの投資家にメリットがあります。

 

この低負担は、非常に有難いです。私がリピート系自動売買でループイフダン口座を外せないもっとも大きな理由でもあります。

 

シンプルで使いやすい。

 

ループイフダンは、予め通貨ペアごとに設定が4種類くらい用意されています。投資家はそれを選ぶだけというシステムのため、初心者でもすぐに使えるようになっています。

 

4種類といっても違うのは主として「設定値幅」です。

 

例えば米ドル円では、「15銭幅」「25銭幅」「50銭幅」「100銭幅」の4種類が「買い」と「売り」で用意されていて、設定の際は「設定本数」などを決めるだけです。

 

これで稼働させれば自動売買が開始されます。

 

自由な設定ができない。

 

とても手軽に始められるループイフダンですが、自由な設定ができないのはデメリットでもあります。

 

「買い下がりの値幅を30銭にしたい」とか「25銭買い下がりで50銭の利益確定にしたい」といったものは作れません。

 

25銭での買い下がり設定であれば、利益確定も25銭で確定されてしまうからです。

 

リピート系自動売買を使い慣れてくると、新しい設定をしたくなる時期がきます。ただ、既存のループイフダン口座でも利益が出ているので止める必要は感じないのです。

 

私は、そういう時はループイフダン口座はそのまま動かしておいて他のリピート系自動売買口座で新設定を動かすようにしています。

 

新規開発力は弱め

 

ループイフダンは、新規設定の開発も弱めです。昨年9月に大きなバージョンアップはあったのですが、基本設定の追加などはありませんでした。

 

これはデメリットでもあるのですが、「余計なことをしなくて良い」というメリットとしても見ることもできます。

 

人間は、好奇心旺盛な生き物です。

 

新設定が公開されたりすると、どうしても試してみたくなるものです。

 

実際、他のリピート系自動売買口座で新設定が紹介されたりすると、今の設定を止めてでも試してみたい衝動にかられることだってあります。

 

こういう行動は、時として調子を崩す原因にもなります。

 

ループイフダンでは、そういうことはほとんどないので自分のペースを維持してほとんど手を入れずにやれます。

 

スワップポイントが高目

 

ループイフダン口座は、今までの実績としてスワップポイントが高目の傾向にあります。

 

参考:スワップポイント比較 最新状況

 

例えば、2017年7月1日時点での米ドル円買いポジションスワップポイント受取額は以下のようになっています。

 

  • トライオートFX 買い15円 売りー26円
  • トラリピ     買い20円 売りー40円
  • ループイフダン  買い33円 売りー44円

 

米ドル円以外の通貨ペアでも、ループイフダンは高目です。

 

もともと、リピート系自動売買口座は売買の仕組みを売り物として投資家を儲けさせている実績をあげているせいか低スプレッド・高スワップポイントといった競争はしない傾向があります。

 

とはいえ、リピート系自動売買での人気設定は「スワップポイント受取」となる設定が多いのも事実です。私の「米ドル円買い」もスワップポイント受取設定です。

 

このスワップポイントの差は、長い取引の中では結構な差になっていきます。

 

スワップポイント強化時期もあり

 

ループイフダン口座を提供するアイネットFXでは、たまに「スワップポイント強化時期」があります。キャンペーンとかではなく、高金利通貨で業界最高水準のスワップポイントを提供する時期が過去に何度かありました。

 

アイネットFXは、裁量トレード口座もループイフダン口座も同じスワップポイントです。この強化時期の恩恵はループイフダンユーザーも同じです。

 

2016年の時は、豪ドル円とNZドル円が対象でした。2017年は、もしかすると高金利通貨ペアになりつつある米ドル円なども対象になるかもしれません。

 

以上、全体的にみてループイフダン口座は「手数料・スプレッド低負担」「高スワップポイント」で抜きんでています。これらのメリットを活かしてループイフダン口座を効率活用していくつもりです。

 

私の運用状況は定期的に更新公開継続しています。

 

ループイフダン 公式サイトはこちら

ループイフダン 現在の設定と考え方

 

運用方針

 

  • 1つの設定本数は10本と小分けにする。
  • 設定値幅はリスクと直近の変動幅を参考につくる。
  • 最大ポジション10本終了してもすぐに次の設定投下はしない
  • 次の設定投下までの目安は最低2週間以上あける。

 

この運用方針に基づいて下記のような設定を稼働させています。

 

  • 運用資金:132万円
  • 運用通貨:米ドル円
  • 新規設定 基本形:ループイフダン 買(B15 10本):1本の売買数量1000通貨
  • 新規設定の値幅は基本15銭だが、ビビった時などは25銭や50銭でも可
  • 新規設定の売買本数も、最大10本であり減らすのは問題なし。

 

ループイフダンFX

 

2018年11月14日より動かしているループイフダンB15(USD/JPY)です。1000通貨で15銭キザミで米ドル絵買いポジションを作っていきます。売買本数は10本ですので、15銭×10=1.5円の値動きに対応しています。それ以上の値動きには追加設定で対応していきます。

 

ループイフダン口座には、自動売買設定をしていない放ったらかしの米ドル円買いポジションが1万通貨あります。今回の設定が最大ポジションを持つことになれば、最大2万通貨のポジションになります。

 

運用資金は約132万円ですので、2万通貨の買いポジションであれば相当な円高相場が到来しても慌てる必要はありません。

 

10円くらいの円高があっても、追加設定を投下していく余裕もあります。

 

今回の設定変更は、ここから大きく動くリスクを想定したものです。

 

最大本数10本となったときの対応

 

もしも、米ドル円が崩れだして今回の設定で保有ポジション10本となった場合の対応も書かせていただきます。

 

その場合、すぐに追加設定をすることはしません。

 

まずは、稼働システムそのままで2週間程度様子を見ます。一時的に下がっても、値が戻ってくればそのまま自動売買継続です。

 

そのまま大きく値が崩れていった場合追加設定を検討します。値幅はその時点の米ドル円変動状況で判断します。大きく動くのであれば50銭や100銭などの広い値幅で設定するという具合です。

 

現在の運用資金での最大ポジションは4万通貨上限と考えています。リスク管理をきっちり行いながら、安全第一の運用を続けてまいります。

 

シストレi-NET

個別記事は以下を参照ください。

 

アイネットFX ループイフダン運用ブログ記事



記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ループイフダン検証中記事一覧

過去記事:ループイフダンFX 米ドル円111円台での対応で新規買いが止まったままだったループイフダンFX口座で1月4日より新規設定を動かし始めています。含み損が膨らみやすい、急激な円高時期を出来るだけ避けるという目論見が今回は成功しています。2018年から準備した2019年対策が功を奏した形です。その考え方などをまとめながら、新設定をご紹介します。

コツコツ利益を積み上げていくループイフダン口座、2018年6月の運用状況です。6月末にはシステム変更によって、現在稼働中のループイフダンシステムが一旦終了になる予定です。運用の方向性に変更はないので、同じ内容で再稼働させていく形で対応していくことにしています。

ループイフダン口座で珍しくキャンペーンが始まっています。内容的に今の自動売買設定したままで該当する方もいるかもしれません。ループイフダンは、放ったらかしで利益を出している方も多く、口座ログインもほとんどしない方もいます。キャンペーンに気づかずにそのままスルーなんてこともありそうなので、記事にさせて頂きました。このキャンペーンと共に、、6月にシステム統合があり旧ループイフダンシステムが終了する予定で...

ループイフダン口座、今のところループイフダン成績推移でまとめている運用成績はちょぼちょぼペースです。でも、4月後半には米ドル円も109円台後半まできていて、この設定が動き出すラインまであと一歩というところになってきているので期待しているところです。

ループイフダン運用も3年目に入りました。この2年間で運用資金は30%以上の増加となっています。安全性重視ののんびり設定なので、それほど売買がある訳ではないのですが、それでもこれだけの利益を出してくれるのは有難いです。2018年も、当面は今まで通りに設定をいじらずにやっていきます。

2017年も最終月となりました。2017年のループイフダン設定は、全くいじらずにやっています。これでも、ループイフダン成績推移の成績となり、放ったらかし運用としては満足なものものになっています。このまま12月も乗り切ってくれそうでです。ループイフダン検証中

10月段階では9.8%だった2017年ループイフダン口座の運用利益率が10%を超えました(参考:ループイフダン運用成績)。今年の米ドル円は値動き幅が小さく円高傾向が続いていたので、私の設定には不利な部分もありました。それでも、年利10%を確保できたのはうれしいです。ループイフダン検証中

ループイフダンの1ヶ月分の運用状況をまとめていきます。7月13日〜31日までの運用経過を定期的に追加していきます。1回1回は小さな利益ですが、積み上がっていくと大きなものになっていくという推移がお見せできるのではないかと思っております。ループイフダン検証中

数あるリピート系自動売買の中で、ループイフダンの魅力の一つは「高スワップポイント」です。私の運用する米ドル円でも短期的には各社の上下はあるものの、半年一年単位でみると安定した高スワップポイントを提供しています。ループイフダンではこの高スワップポイントを活かしていくのも良いと思います。

先日、読者の方より「ループイフダンは本当に簡単なのか?」という質問を頂きました。簡単だといろんなところで紹介されてはいるのですが、やはり「本当に?」と思っている方も多いと思います。「簡単に絶対儲かる」なんてものではないので、「どこが簡単」で「どこに注意すべきか」についてまとめました。

ループイフダンで大失敗を招く3つのパターンについてまとめておきます。私も2016年からループイフダンを動かしていますが、今のところ大失敗はありません。ちょこちょことした失敗はあるものの、利益を増やしてこれています。ただ、ループイフダンだから絶対儲かるというものではありませんので、自分に対する注意喚起の意味も含めて記事を作ってみました。

ループイフダンによる運用利益が着実に増えています。今悩んでいるのが「増加した利益を複利運用の形に出来ないか」ということです。売買数量をちょこまかと増減させるのは得策ではないので、別のやり方を検討中です。

ループイフダン口座の運用状況です。今週も着実に利益を伸ばしてくれています。現在のトランプ相場のようなどこまで上げていくかわからない相場を追いかけるのにはループイフダンは有効です。裁量トレードでここから米ドル円を買うのはなかなかできないのですが、ループイフダンであれば自動的に攻めてくれます。

大幅減税や景気刺激策などトランプ大統領の政策がそのまま実現すれば、長期的に米ドル高・利上げは不可避になりそうです。私のループイフダン両建て運用もそろそろ「売りのルーイフダン」を外す時期到来という気がしています。ここから更なる超円安突入はないと思っていますので、一押しくらいをメドにやっていくつもりです。

昨日記事売りのループイフダン終了予告で書いた売りのループイフダン停止を本日の朝実行しています。いずれ両建復活する予定なのですが、当面は「米ドル円買いのルプイフダン」のみの設定でいきます。アイネットFX ループイフダン+高スワップポイント

マネースクエアが実施中のスワップポイントスプレッドゼロ(所謂スワップポイント売買同値)キャンペーンを12月末まで延長となっています。6か月以上の長期延長によりくりっく365・DMMFXに次ぐ3つ目のスワップポイント売買同値口座がでてきたと言っても良いかもしれません。トラリピ利用者は勿論ですが、私達両建て派・売り派にとっても利用価値大ですので紹介させていただきます。

アイネットFX口座で動かしているループイフダン買いの仕掛けの本数がMAXとなりました。ここから両建て形式に変えていきます。このやり方は、裁量トレードでは不可能な方法でループイフダンならではの方法となります。両建て形式にどんなメリットがあるのかなどまとめてみました。

ループイフダン口座の先週までの損益グラフです。利益額は11,377円まで増加してきました。50万円で2016年3月に運用開始してからの利益率は2%を超えています。口座残高は以下のようになっています。ここのところの円高で含み損がー14,986円あります。それを考慮すれば収支トントンというところです。114円からループイフダンを始めてきているのですが、111円くらいまで下げた現段階でも運用元本は維持し...

ループイフダン2016年3月第3週の状況です。スタートの月曜日までの成績は以下のようになっています。3月1日スタートから2週間での利益総額は+6,479円です。1000通貨売買ということもあり、気楽に利益を伸ばしてくれています。今週はどう稼いでくれるのか楽しみです。

アイネットFXがスワップポイント引き上げを本格化しています。本日更新したスワップポイント比較 2016年最新版でも、ユーロ円・豪ドル円で首位となり、他の主要通貨でも上位水準を維持しています。この高スワップポイントは、私が仕掛けてあるループイフダンでも有利に作用しています。

お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2200回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

サイトマップ Copyright © 2019 お気楽FX 相場生活入門編 All Rights Reserved.