くりっく365メリット 4つの特徴

くりっく365

岡三オンライン証券のキャッシュバックキャンペーンは、10枚以上売買で1000円から始まり、取引量に応じて500枚売買で最大50000円までという内容になっています。

 

店頭FX口座では、口座開設時にキャッシュバックなどのキャンペーンがあるのは普通なのですが、くりっく365ではあまりありません。その中で唯一継続実施ているといってよいのが、岡三オンライン証券さんです。

 


 

くりっく365 複数の運用法で活用中

 

くりっく365ラージは、取引量が大きく手数料もかかるのですがスプレッドが大幅に縮小されているタイプです。くりっく365口座だけでくりっく365ラージも取引可能です。

 

私は、スワップポイントサヤ取りでくりっく365をよく利用しています。現在のくりっく365には、大きく4つの特徴があります。

 

  • スワップポイントが全体的に高目
  • 南アフリカランド円のスプレッドは業界最狭水準
  • 定期的にあるスワップポイント調整がおいしい
  • 廃業・破綻など万が一のときの優れた仕組み

 

スワップポイントが全体的に高目

 

くりっく365は、昔からスワップポイントは高目です。ただ、最高水準ということは少なく2番手くらいの地位にいることが多い傾向があります。なので、高スワップポイントのくりっく365というイメージというのは意外に感じるかもしれません。

 

ただ、なかには最高水準を維持している通貨ペアもあります。南アフリカランド円がその代表格です。他にもAUDUSDUSDCADNZDUSDなど、マイナー通貨では断トツに高い通貨ペアが結構あります。

 

そんな通貨ペア取引しないという方も多いとは思うのですが、両建てで為替変動リスクゼロで安定的に利益をだしていくスワップポイントサヤ取りでは、こういうマイナー通貨のほうが利益率が高くおいしいことが多いので、くりっく365は重宝するのです。

 

南アフリカランド円のスプレッドは業界最狭水準

 

南アフリカランド円 2

右の画像が実際のくりっく365での南アフリカランド円スプレッドです。

 

くりっく365の主要通貨のスプレッドは店頭FXには劣ります。米ドル円やユーロ円などの売買は、素直に店頭FX口座を使うのがよい気がします。

 

ただ、南アフリカランド円のスプレッドは0.5〜1.0銭くらいでできることが多く、業界最狭水準となっています。

 

固定スプレッド制ではないので、バラツキはあるのですが、くりっく365が毎月発表している月間平均スプレッド実績でもほとんどの時期で1銭未満となっていて、断トツの狭さです。

 

岡三オンライン証券 くりっく365

 

定期的にあるスワップポイント調整がおいしい

 

くりっく365のスワップポイントには、表向きの数字よりも高くなる傾向があります。これは、定期的にボーナス的に調整金のようなものが上乗せされるためです。代表的なものに以下の2つがあります。

 

  • スワップポイント3倍デーの金額が高目になる(南アフリカランド円で顕著)。
  • 月末などに定期的に調整が入り上乗せになることが多い。参考事例:2014年9月末 くりっく365

 

月末調整は、参考事例のときほどの状況になるのは稀です。ただ、年末年始やゴールデヌィークなどに南アフリカランド円のスワップが2倍くらいに跳ね上がるという現象は毎年のようにあり、私のメルマガではその兆候がでたら「くりっく365のボーナス時期到来」としてその都度紹介しています。

 

廃業・破綻など万が一のときの優れた仕組み

 

くりっく365は、万が一のときでも安心の仕組みがあり、現在のところうまく機能しています。参考記事:FX信託保全 くりっく365と比較でも書いているのですが、廃業などのときでも他のくりっく365にポジションを持ったまま移動できることが多いのです。

 

ポジション決済はせずに資金移動もしないで他のくりっく365業者に移れる仕組みのため、安心して長期保有でスワップポイントを貯めこんでいくことができます。数年単位でスワップポイントを溜め込むスワップ放置系運用にも向きます。

 

くりっく365は、スワップ投資に向く特徴が多いためこれからも主力口座の一つとして利用していく予定です。

 

岡三オンライン証券 くりっく365

くりっく365ラージとくりっく365の違いについて

 

くりっく365ラージもくりっく365も同じ口座で取引できます。くりっく365よりも低スプレッドで提供する趣旨で出来たのがくりっく365ラージです。スプレッドだけでなく、いろいろな違いがあります。

 

主な違いをまとめてみると以下のような表になります。

 

項目

くりっく365

クリック365ラージ

取引単位

1万通貨

10万通貨

取扱通貨数

24通貨ペア

5通貨ペア

取引手数料

無料

1枚片道1000円

5通貨スプレッド

3〜4銭

0.82〜2.25銭

スワップポイント

1本値でちょっと低目のことが多い

1本値でちょっと高目のことが多い

 

  • くりっく365ラージ手数料片道1000円は業界最安値水準です。
  • スプレッド実績は2018年1月第1週のものです。
  • スプレッドは、ラージ取扱いのある5通貨での実績比較です。

 

米ドル円などでは、「スプレッド+手数料」合計でもくりっく365のスプレッドよりも有利になることが多いようです。

 

注文を出すときは、1枚=10万通貨になります。慣れてくると、くりっく365と同じ感覚で出してしまうことがあるのでご注意くださいませ。

 

スワップポイントは同じ水準のことも多いのですが、ちょっと違う値を提示していることもあります。

 

いつもくりっく365ラ−ジの方が高いという訳でもなく、くりっく365の方が高いこともあります。

 

1万通貨換算で5〜10円くらい違うこともあるので、スワップポイントサヤ取りなどでは、比較して使い分けていくと良いと思います。

 

くりっく365ラージは、くりっく365の口座と証拠金でそのまま注文が出せます。なので、開設するのは普通のくりっく365口座で大丈夫です。

 

岡三オンライン証券 くりっく365

 

くりっく365 関連記事

くりっく365メリット 私が使い続ける4つの理由記事一覧

東京金融取引所が、若手社会人で投資未経験の方対象に「金融投資講座」を3月末から4月にかけて開催します。3月28・29日と4月5・6日の合計4日間開催予定です。軽食付きでの開催ということで、首都圏方面勤務の方など気楽に申し込まれてみてもいいと思います。東京金融取引所主催「金融投資講座」開催 公式ページ案内

くりっく365ユーザーにはお馴染みになりつつある「スワップ祭り」が本日発生しています。今回の主役は米ドルで「米ドル円」「ユーロドル」「ポンドドル」など米ドル絡み通貨のスワップポイントが軒並み高くなっています。くりっく365の米ドル絡み通貨は、元々スワップポイントは高水準のため、スワップポイントサヤ取り(異業者両建)などでも使われています。今回のスワップ祭りで恩恵を受けた方も多いと思われます。私もい...

トルコリラ円の運用先をどこにするか悩んでいる方も多いかもしれません。スワップポイント重視で選ぶのであれば、トルコリラ円(TRYJPY)スワップポイント比較 2017年最新比較で1月19日現在1位のFXプライム byGMOが良さそうです。でも、スプレッドは8銭とちょっと広目なんですよね。どちらかというとスプレッド重視という方は、くりっく365がよいかもしれません。

現在、南アフリカランド円200万売りポジションを保有中です。今回は比較的長期間の保有となっていてマイナススワップポイントもかなり貯まってきています。珍しい状況なので、備忘記録的に記事にまとめておきます。使っているのは、南アフリカランド円低スプレッド+高スワップポイントのくりっく365です。

先日記事異通貨両建て含み益10万円超え ユーロ円でもう少し粘るで書いた異通貨両建てポジションがその後も利益を伸ばしてきています。良い感じなのですが、短期で利益が大きく伸びるとそこで大きな反動が起きることも多いため一旦決済しております。ポーランドズロチ円の異通貨両建てはくりっく365を利用しています。

南アフリカランド円の売りポジションを昨日決済しています。過去記事:証拠金不足心配無用 ランド円売りで建てたポジションで、「建玉整理」を使って決済しています。そのため、決済利益を3分の1くらいに減っているのですが、これは将来の効果を見込んでのことです。その理由についても説明させて頂きます。

4月に7.635で作ってあった南アフリカランド円売りポジションを決済しています(参考記事:両建て派の特権 追加資金ゼロ円で仕掛け)。目標としていた7.235円で決済もできたのですが、敢えて7.345のポジションを対象に「建玉整理」にて利益確定をしています。そのメリットとやり方についてまとめてみました。「建玉整理」はくりっく365独自機能です。

過去記事南アフリカランド円50万売りポジション残るで書いた南アフリカランド円売りポジションに利益が乗ってきたので昨日両建てにしております。そのまま決済しても良かったのですが、もう少しポジション操作をして利益を増やそうという目論見で両建てとしました。この両建てポジションを使った「建玉整理」について説明させていただきます。建玉整理は、くりっく365独自機能です。

南アフリカランド円がほどほどに戻してきたのでちょっと売りポジションを建てておきました。調度良い機会なので、今回の売りポジションは証拠金ゼロでやっています。証拠金MAX方式を活用しただけの簡単なやり方ですので方法をご紹介します。使っているのは、くりっく365口座です。

ほぼ毎日各社のスワップポイント推移をチェックしています。突然スワップポイント変動が起きることもあり、スワップポイントサヤ取り(異業者両建)の大チャンスとなることも多いからです。今日もチェックしていたところ、くりっく365のスワップポイントが急変動、通貨ペアによってはいつもの100倍近いスワップポイントが発生しているのでちょっとビックリしました。そういえば、今日は「あの日」なんですよね。

くりっく365が「Chart Plus(チャートプラス)」の提供を開始しています。いろんな機能があり私もまだ使いこなせておりません(汗)。便利機能として使えそうなのが「出来高・建玉表示」です。トルコリラや南アフリカランド円など、くりっく365が圧倒的な強さを持つ通貨ペアでは出来高を合わせてみることで思わぬ特徴をみつけることができます。くりっく365口座をお持ちの方は、是非使ってみてください。

南アフリカランド円スワップポイント比較を更新しました。南アフリカランド円スプレッドとスワップポイント比較 2015年最新情報数週間前よりでていたスワップポイント上昇傾向が少し顕著になってきています。特に、YJFX!・SBIFXトレード・くりっく365の3口座の高スワップポイント振りが目立ち始めています。くりっく365のトルコリラ円取扱開始の影響もあり、高スワップポイント人気が復活気味になっているこ...

くりっく365の隠れメリットの一つがときどき起きる「ボーナススワップポイント現象」です。これは、通常日のスワップポイント水準から大幅に増額したスワップポイントが発生する現象でくりっく365では定期的におきます。本日もNZドル円184円や南アフリカランド円214円など大きなスワップポイントが発生しています。この現象の傾向についてまとめました。

南アフリカランド円のスワップポイントが跳ね上がってきています。今日のくりっく365の南アフリカランド円スワップポイントは4日分で615円です。1日換算で約153円となります。ちなみに、数日前に比較表を作ったときはこんな感じでした。参考:南アフリカランド円スプレッドとスワップポイント 2014年最新版くりっく365が、南アフリカランド円に注力してきているという流れもあるので今後も期待したいですね。

スワップポイントサヤ取りでで両建て運用を続けている南アフリカランド円ポジションの状況です。この両建てでは、くりっく365ならではの傾向のお陰で想定以上に利益が増えてくれています。実は、くりっく365の南アフリカランド円スワップポイントにはあまり知られていない特殊な傾向があります。今回の記事では、南アフリカランド円300万両建て状況とともに、その特殊な傾向について書かせていただきました。くりっく36...

くりっく株365サヤ取り組合せ追加為替サヤ取り教室の応用編として運用中のサヤ取りの組合せを昨日2つ追加しました。6月から「東電ー関電」を中心に株式サヤ取りをしてきたのですが、今回の追加で4つの組合せとなります。昨日から実験売買を始めたばかりなので詳細はまだ書けません.でも、今回の2つはちょっとユニークです。くりっく株365銘柄同士のサヤ取りくりっく株365銘柄と日経225先物サヤ取りは、いろんな金...

くりっく365でトルコリラ円(TRYJPY)の取り扱いが5月11日より始まります。南アフリカランド円同様に高スワップポイントで人気のあるトルコリラ円(TRYJPY)なので、どれくらいのスワップポイントとなるかに注目しています。でも、私自身はスワップ投資としてトルコリラ円(TRYJPY)を売買するつもりはありません。私が狙っているのは、スワップポイントサヤ取りでの両建て対象としての売買です。

TOPへ