くりっく365 スワップポイント祭り 2019年12月

「スワップポイント大幅増量」のスワップポイント祭り現象、2019年12月も発生しています。

 

くりっく365ユーザーにとっては、3カ月に一度のお楽しみイベントでもあります。

 

 

今回は、ちょっと控えめですけどね。

 

2019年12月27日 スワップポイント表

 

くりっく365 スワップポイント祭り 2019年12月

 

今日のスワップポイントをみたときに、数字だけみて「おおっ、きたな!」と喜んでおりました。

 

ただ、今日は「スワップポイント7倍デー」なんです。

 

7日分のスワップポイントですので、1日分に換算しないと、本当にすごいかどうかわからないですよね。

 

1日換算したスワップポイント

 

  • 米ドル円 1706÷7=243.7円
  • ユーロ円 508÷7=72.6円
  • 英ポンド円 −108÷7=−15.4円
  • 豪ドル円 171÷7=24.4円
  • NZドル円 192÷7=27.4円
  • 南アフリカランド円 952÷7=136円

 

*小数点第二位四捨五入

 

ということで・・・・飛び切り凄いといえるのは「米ドル円243.7円」だけでしょうかね。

 

赤字の通貨ペアは、本日の最高スワップポイント水準ではあるものの、飛び切りすごいスワップポイントとは言えないですよね。

 

ユーロ円の72.1円も凄いのですが、いつもは買いポジションでマイナススワップポイントの通貨ペアです。

 

なので、ここまでスワップポイント受け取るために売りポジション保有している方にとっては、この逆転はうれしくないですよね。

 

私は、FXオプションからのスワップ投資で米ドル円売り5万通貨ー買い30万通貨という買いポジションの多い両建てポジションを保有しています。

 

なので、30−5=25万通貨分スワップポイント大幅増量の恩恵を受けています。

 

いつもの米ドル円スワップポイントは、50〜60円前後です。80〜190円も多く、7日分のスワップポイントが受け取れるのは、本当にうれしいです。

 

くりっく365、有難う!

 

英ポンド円がマイナススワップポイントだった。

 

くりっく365のスワップポイント祭りは、3カ月に1回くらいの頻度で発生しています。

 

これまでの特長としては、「買いポジション側のスワップポイントが大幅に増える」というものでした。

 

なので、いつもは買いポジションでマイナススワップポイントのユーロ円で買いスワップポイントが大幅に増えたのは「いつものこと」なんです。

 

ただ、今回は「いつもとは違う」傾向もでています。

 

英ポンド円が、買いポジションでマイナススワップとなった点です。

 

数年前に、私がこの現象についてくりっく365を提供する東京金融取引所に電話で問い合わせたことがあります。

 

 

このときに「いつも買いスワップポイントが大幅増量するわけではない」という説明もいただいております。

 

今回の英ポンド円のマイナススワップポイントは、それを証明したことになります。

 

ただ、この5年間で英ポンド円のようなパターンは、1回だけです。

 

認識としては、「大幅増量になることが多いが、たまにマイナススワップポイントもある」ということで良いのかなと思っています。

 

これからも、この現象は有効活用していきます。

 

 

2019/12/27


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2500回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ