長期資産運用 資産倍増計画進捗状況

資産倍増計画 豪ドル円 FXオプション

資産倍増計画、ほとんどポジションを動かさずにじっくりとやっていく運用法です。

 

2019年からの考え方は豪ドル円資産倍増計画 2019年からの運用体制概要でまとめています。

 

この運用法は、主に3つのカテゴリーに記事をまとめてあります。2019年からの運用体制概要のステップ1運用状況記事はFXオプションで豪ドル円安値圏ポジションを作っていく編に、ステップ2運用状況は資産倍増計画 運用全体状況にまとめていきます。

 

まずは、資産倍増計画の運用資産推移をご覧ください。

 

資産倍増計画 ここまでの運用資産推移と明細

 

資産倍増計画 2019年8月

 

投下資金総額

決済利益+スワップ

運用資金総額

含損益+運用資金

3,900,000

3,787,393

7,687,393

4,898,543

 

*FXオプション活用した応用編の損益もここに追加していきます。

 

最新含み損益は、2019年9月4日時点の71.815円で計算

 

これまでの運用経緯

 

運用開始がリーマンショック以前より、グラフ化は2010年7月で運用資金60万円から始めています。

 

その後、運用資金を徐々に追加してきました。

 

この資産倍増計画はリーマンショックで超円高相場となった2008年も無事に乗り越えてきた運用です。これまでのところ、失敗をした事がありません。

 

運用口座は、万が一の業者破綻でもポジション毎他社に移動できる可能性の高いくりっく365を中心に利用しています。

 

ただ当時の運用口座は、2倍という明確な目標などはなくバラバラにやってきています。その方法をルール化して、誰でもできるような形にまとめたのは2010年以降です。将来も失敗しないという保障は勿論ありません。その辺をご理解の上参考にされて下さいませ。

 

この資産倍増計画は、亀千人投資術をもっとも単純にしたものです。

 

亀仙人投資術NEO 詳細説明

 


売買ルール

 

  • 運用資金1万通貨につき30万円+予備資金20万円
  • 豪ドル円がある程度下げたところで買いポジションを作る。
  • 「スワップポイント+値上がり益」で1万通貨で30万円超えたら決済する

 

FXオプション活用ルール(2019年3月追加)

 

  1. FXでの買いタイミンフでプットオプション売りを仕掛ける。
  2. 権利行使日に利益の実だった場合:資産倍増計画利益に追加する。
  3. 権利行使日に買いポジションが建った場合:FXオプション分は損きりを行いくりっく365口座でポジション作り直す。この場合、損失計上する。
  4. 3のポジションは2倍になったら利益確定する。

 

 

 

FX資産倍増計画 実際の運用口座状況

 

資産倍増計画の実際の運用口座をお見せします。運用通貨は全て豪ドルです。

 

現在保有中ポジション明細

作成日 資金 数量 買値 スワップ計 分岐点 2倍達成点
2013年6 60万 2万 92.585 224,610 81.354 111.354
2013年8 60万 2万 88.415 216,216 77.604 107.604
2013年9 60万 2万 91.620 212,924 80.973 110.973
2013年10 60万 2万 91.645 209,364 81.176 111.176
2015年3 60万 2万 92.360 139,760 85.372 115.372
2016年6 60万 2万 74.930 92,024 70.329 100.329
2018年7 150万 5万 81,310 68,520 79.939 109.939
2018年7 90万 3万 81,775 40,965 80.409 110.409

 

これまでの決済ポジション 保有期間と利益明細

 

決済月 FX業者 保有期間 内スワップ 内為替利益 合計利益

2013年1

大和証券 2年6ヶ月 88,224 212,721 300,945

2013年1

セントラル短資fx 6年7ヶ月 287,025 104,700 391,725

2013年4

岡安商事 10ヶ月 23,208 277.350 300,558

2013年4

コスモ証券 1年5ヶ月月 39,570 261,995 301,565

2013年4

リテラ・クレア証券 1年6ヶ月月 45,496 255,080 300,576

2014年11

岡安商事 3年1ヶ月月 83,287 218,100 301,387

2016年2

外為どっとコム 74,943 36,210 111,153

2018年7

岡安商事 546,713 -175,000 371,713

2018年7

インヴァスト証券 10,200 128,908 138,784

2018年7

大和証券 -201,400 165,744 -35,656

 

上記決済ポジションだけの純粋な利益合計と内訳は以下のようになっています。

 

合計利益

内スワップポイント

内為替上昇利益

2,482,650

1,483,117

999,856

 

  • 内スワップポイントは、合計利益のうちスワップポイント累積分の金額です。
  • 内為替上昇利益は、合計利益のうち純粋な為替上昇による利益部分です。

資産倍増計画 目次

資産倍増計画の記事は以下でまとめております。気長な運用法ではありますが、超円高時代も揺るぐ事無く資産を増やし続けてきた実績を持ちます。ノンビリまったりとFX運用をしたい方におすすめします。

 

資産倍増計画の記事をまとめてあります。

 



記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

豪ドル円による資産倍増計画記事一覧

豪ドル円による資産倍増計画を加速するためのFXオプションを活用した取り組み記事をまとめています。資産倍増計画について初めてご覧になる方は、まずは豪ドル円資産倍増計画 2019年からの運用体制概要をご覧いただき、資産運用初心者向け資産倍増計画にも目を通して頂ければと思います。ここでの運用状況は、資産倍増計画ステップ1FXオプションで豪ドル円安値圏ポジションを作っていく編のものです。ステップ2運用状況...

資産倍増計画の売買に関する記事をまとめています。資産倍増計画について初めてご覧になる方は、まずは豪ドル円資産倍増計画 2019年からの運用体制概要をご覧ください。その後、総まとめページ資産運用初心者向け資産倍増計画にも目を通して頂ければと思います。ここでの運用状況は、先程の「豪ドル円資産倍増計画 2019年からの運用体制概要」のステップ2になります。

TOPへ