【日々の作業】NYダウー日経225サヤ取り実践内容

NYダウ 日経225 サヤ取り 日々の作業

 

NYダウー日経225の売買は、毎日数分の作業で行っています。

 

それに使用する売買道具と概要についてまとめました。

 

 

NYダウー日経225サヤ取り 日々の作業

 

私が、NYダウー日経225サヤ取りでやっている作業は2つです。

 

  1. 場帳記入・・・値動きを記入する帳簿)
  2. 玉帳記入・・・売買を記録する帳簿
  3. 相場ノート・・・日々の場帳記入での気づきなどを書いていくノート

*場帳=バチョウ・玉帳=ギョクチョウと読みます。

 

場帳は毎日記入しています。

 

玉帳は、売買があったときに記入しています。

 

毎日の場帳記入時間は、朝7:45〜8:30の間です。

 

朝7:10からメルマガの原稿を書き始めます。それが終わってから場帳記入をするという流れです。

 

場帳記入時間は、NYダウー日経225だけであれば、「記入」「値の受け止め」「売買判断」を行って1〜5分程度です。

 

 

妙に早くないか?


 

いえいえ、これでいいんです。

 

場帳を書いたときにどう感じるかが大切だからです。

 

長時間、場帳を見ながらあれこれ考え続けても良い結果はでません。

 

場帳の内容や記入詳細については、次回書かせていただきます。

 

現在、私の記入している場帳は6つあります。

 

2020年7月現在 記入中の場帳一覧

 

  • 豪ドル円 サヤすべり取り
  • NYダウー日経225サヤ取り(くりっく株365版)
  • NYダウー日経225サヤ取り(GMOクリック証券版)
  • NYダウーナスダック鞘取り
  • ガソリンー原油ー灯油鞘取り
  • 米国市場:ガソリンー原油ーヒーティングオイル鞘取り

 

原油は、日本と米国の2種類です。来年以降、米国市場でサヤ取りをやるための準備です。

 

NYダウー日経225は、くりっく株365とGMOクリック証券の2口座をそれぞれ記入しています。

 

値動きが・・・違うんです。この使い方などは次回書かせていただきます。

 

 

サヤ取りだけで5つも場帳書いているのか?随分多いな。


 

はい、いつのまにかこうなったんです。

 

サヤ取りは手堅く利益が出せるので、資産を着実に増やしていくのには最適なんです。

 

この中には、サヤ取りを極めていくために、練習も兼ねてつけているものもあります。

 

記入している場帳が多いとは言っても、時間はそれほどかかりません。

 

6つの場帳の所要時間は、合計10〜20分くらいです。これも「記入」「値の受け止め」「売買判断」の3つ全てを終わるまでの時間です。

 

こんな感じなので、NYダウー日経225だけであれば、手間はそれほど必要とはしないのです。

 

1日数分程度の時間が取れれば、どなたにでも実践可能です。

 

NYダウー日経225サヤ取りの売買道具について

 

NYダウー日経225サヤ取りに必要な売買道具は2つです。

 

先程でてきた、「毎日記入する場帳」と「売買の都度記入する玉帳」です。

 

  • 場帳
  • 玉帳
  • 相場ノート

 

これ以外は使っていません。

 

チャートは、くりっく株365で提供しているサヤチャートをたまに参考にしています。

 

 

2020年7月現在、NYダウー日経225のサヤチャート、値動きデータなど必要情報が入手できるのは、ここだけです。

 

売買判断のための情報収集やニュース分析などはしません。

 

「戦争・軍事衝突」「長期的な経済動向の変化」などの大きなニュースは、意識することはあります。

 

今のところ、特別な情報収集なくても、運用には問題はありません。

 

ただ、日米の客観的な状況を示す参考資料があっても良いかなと思っています。イメージとしては、株式の四季報のようなものです。

 

こんな感じでやっています。

 

次回は、実際に売買で使っている場帳についてまとめさせていただきます。


NYダウー日経225サヤ取り 目次

 

実際の売買

 

2020/07/15


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ