【くりっく株365とは?】 その仕組みから利益を出す運用法実践状況公開

くりっく株365について

 

 

 

くりっく株365での運用法(くりっく株365サヤ取り

 

くりっく株365サヤ取りは、日経225とNYダウの価格差変動を利用して利益を出していく運用法です。

 

くりっく株365サヤ取り成績と売買ルール

 

くりっく株365サヤ取り運用成績

 

  • 運用原資:7,797,081円
  • 2019年運用元金 9,819,128円(くりっく株365とGMOクリック証券CFD口座合計)
  • 運用原資は、運用開始時資金+追加入金の合計額です。

 

年度

損益額

累計損益額

2017年

1,202,919円

1,202,919円

2018年

819,128円

2,022,047円

2019年

-100,090円

1,921,957円

 

岡三オンライン株365

 

くりっく株365サヤ取り 基本売買ルール

 

  • NYダウと日経225の価格差(サヤ)をみながら売買をする。
  • 最大売買枚数 日経225 100枚ーNYダウ90枚(GMOクリック証券CFD取引口座基準)

 

実際の運用状況は、ブログ・メルマガなどで紹介しながらやっていきます。くりっく株365とGMOクリック証券CFD取引口座は、1枚あたりの約定代金や計算通貨が違います。売買の際にはご注意ください。以下は、私の基準です。

 

  • 日経225:くりっく株365 1枚=GMOクリック証券CFD取引口座10枚(1:10の割合)
  • NYダウ:くりっく株365 9枚=GMOクリック証券CFD取引口座9枚(1:9の割合)

 

1枚の約定代金としては単純に10倍なのですが、GMOクリック証券CFD取引口座の利益計算は米ドル円で行われるため、売買の際には為替水準を考慮して割合を決めています。

 

使う口座は、2017年11月まではくりっく株365だけでした。2018年以降は、くりっく株365とGMOクリック証券CFD取引口座の2口座を使い分けています。。

 

岡三オンライン株365

 

くりっく株365サヤ取り 2017年の個別売買記録

 

サヤ取り開始年の売買記録記事です。自分自身の振り返り用の意味も含めて残してあります。

 

 

年月

損益

累計損益

参考記事

2017年3月

283,184円

283,184円

NYダウ配当金生活2017年3月

2017年6月

142,220円

425,404円

くりっく株365サヤ取り2017年6月

2017年8月

712,955円

1,138,359円

くりっく株365サヤ取り ドテン売買実行

2017年8月

64,560円

1,202,919円

くりっく株365サヤ取り 「休み」



記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

【くりっく株365とは?】 その仕組みから利益を出す運用法実践状況公開記事一覧

くりっく株365は、株価指数を取引する取引所CFD取引です。取引銘柄は4銘柄と少ないのですが、それぞれユニークな特徴があるため人気があります。くりっく株365を一言で書くとこうなります。株式投資のように配当金が受け取れて、CFD取引のように少額の証拠金で始められるこの特徴を利用することで様々な使い方ができます。私は、岡三オンンライン証券口座利用中です。現在実施中のキャッシュバックキャンペーンは、1...

お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2500回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ