くりっく株365の魅力

くりっく株365 2020年4月

くりっく株365は、株価指数を取引する取引所CFD取引です。取引銘柄は6銘柄(2022年2月よりナスダック100が加わり7銘柄)と少ないのですが、それぞれユニークな特徴があるため人気があります。くりっく株365を一言で書くとこうなります。

 

株式投資のように配当金が受け取れて、CFD取引のように少額の証拠金で始められる

 

この特徴を利用することで様々な使い方ができます。私は、岡三オンンライン証券口座利用中です。

 

 

現在実施中のキャッシュバックキャンペーンは、5枚売買で500円から始まり取引量に応じて500枚売買で最大50000円までという内容になっています。

 

 

くりっく株365基本ルール

 

くりっく株365の売買ルールは、FXによく似ていて、シンプルで分かり易くなっています。

 

取扱銘柄数は、2022年2月28日より7銘柄となります。

 

  • 日経225
  • NYダウ
  • ナスダック100(2022年2月28日より取引開始)
  • FTSE100
  • DAX@
  • 金ETF
  • 原油ETF

 

全銘柄の共通の特徴は以下のようになっています。

 

  1. ほぼ24時間取引が出来る
  2. 少ない資金でレバレッジ取引ができる
  3. 決済期限がない
  4. 売買手数料負担がある
  5. 配当相当額・金利相当額の存在

 

現物株・先物取引などの長所を取り入れたような内容になっています。

 

ほぼ24時間取引が出来る

 

くりっく株365は、ほぼ24時間取引が出来ます。日本株の取引終了後も日経225の取引が可能です。

 

夜のNY時間だけでなく、祝日の取引もできます。

 

  • 日本市場が終了した後の欧州時間やNY時間での大きな動き
  • 日本市場が休みで海外外大きく動くとき。

 

海外で大きな変動があれば、翌日の日本株は大きく値が飛ぶこともあります。現物株であれば、こういう時に対応することはできません。

 

くりっく株365なら、その値動きに対応して利益を延ばすことだってできます。

 

資金も約定代金全額準備する必要はありません。

 

少ない資金でレバレッジ取引ができる

 

くりっく株365は、少ない資金で大きな売買のできるレバレッジ取引です。

 

日経22521000のときの、1枚の日経225ポジションの約定代金は、21000×100倍=210万円です。

 

この210万円の売買を、約7万円くらいの資金ですることができます。

 

当然ながら、少ない資金で大きな取引をすることは、リスクも伴います。

 

実際に資金をどれくらい資金を入れるかは、投資家それぞれがどれくらいのリスクをとるかで決めることができます。

 

少ない資金で大きな取引が出来るというのは、先物取引も同じです。

 

しかし、先物取引にはないメリットがくりっく株365にはあります。

 

決済期限がない

 

くりっく株365には決済期限がありません。

 

先物取引では、3ヶ月おきくらいに期限があるのですが、くりっく株365は、現物株のようにずっと保有し続けることもできます。

 

銘柄によっては、保有し続けることで高配当相当額を受け取れる銘柄もありあす。

 

その配当相当額をねらって長期保有するという運用も実際にできます。

 

現実にそういう運用法をされている方もいます。

 

売買手数料負担がある

 

くりっく株365は、売買手数料があります。

 

取引会社によって違いますが、手数料水準は最安値水準の岡三証券で156円です。

 

スプレッド換算で、4くらいの値動きがあれば手数料分を抜ける水準です。

 

配当相当額・金利相当額の存在

 

くりっく株365では、ポジションを保有し続けることで配当相当額・金利相当額という2つの調整金が発生します。

 

それぞれ以下の特徴があります。

 

  • 配当相当額:株式の配当金に相当する。買いポジション保有で受取り、売りポジション保有で支払いとなる。
  • 金利相当額:金利水準によって発生する。買いポジション保有で支払い、売りポジション保有で受取りとなる。

 

この2つは、発生の仕方が正反対という特徴があります。

 

どちらの負担が大きくなるかは、その銘柄の金利水準や配当相当額発生額によります。

 

ちなみに、日経225は、2022年現在金利相当額がゼロのため、単純に配当相当額だけを受け取れる環境となっています。

 

 

 

NYダウー日経225サヤ取り 関連ページ

 

主要ページ

 

 

サイト内他記事

 


2022/02/09


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ