ポーランドズロチ為替 攻略

ポーランドズロチはユーロと値動きが連動する通貨です。素直な値動きのため、この習性を利用したMT4自作EAを走らせてあります。まずは1万通貨くらいで売買をしながら様子をみているところです。2014年から2017年にかけて、サヤ取りにてのポーランドズトチ円売買をしています。タイアツプレポート「為替サヤ取り教室」の応用形の売買でもあります。

 

当時は、場帖は使わずにMT4上でEURPLNの自作EAを動かしてその売買シグナルに従って売買をしていました。OANDAJAPANMT4口座でEURPLN単独売買をするときとくりっく365口座でEURJPYとPLNJPYのサヤ取り売買とするときの2パターンあります。

 

 

ポーランドズロチサヤ取り 年度別売買損益

 

年度

損益

累計損益

2014年

31,919円

31,919円

2015年

490,751円

522,670円

2016年

216,708円

739,378円

2017年

470,452円

1,209,830円

 

岡三オンライン証券

 

参考:累計利益100万円突破までの個別売買記録です。

 

年月

損益

合計損益

参考記事

2014年11月

25,330円

25,330円

ポーランドズロチ安誘導傾向により決済

2014年12月

6,589円

31,919円

ユーロ円サヤ取り決済

2015年1月

434,065円

465,984円

ポーランドズロチ暴落完了につき決済

2015年5月

56,686円

522,670円

EURPLNのビックウェーブ そろそろくるか

2016年3月

17,252円

539,922円

ポーランズロチ円サヤ取り利益確定 勝率100%の罠 こだわれば即ち破滅

2016年6月

22,596円

562,518円

ポーランド移民と英国選挙により決済

2016年8月

176,860円

739,378円

短期利益増進により決済

2017年1月

380,132円

1,119,510円

ポーランドズロチ円決済 累計利益100万円突破

 

やり方については以下で概要をまとめています。

 

 

岡三オンライン証券

ポーランドズロチ円(PLNJPY EURPLN)為替 攻略記事一覧

ここのところユーロ円とポーランドズロチ円のサヤ取りをされている方が増えているようです。私のところにもたまに質問がきます。今のところ、私は「ユーロ円売りーポーランドズロチ円買いのサヤ取りポジション」は保有しておりません。一時売買はしていたのですが、値動きがなくなってつまらなくなったということもあり、最後の利益決済の後はポジションを持っていませんでした。いろんなところで話題になっているので、チャートを...

異通貨サヤ取りの決済をしています。この運用法は定期的に訪れるチャンスを待って仕掛けていくものです。今年は2回目の決済となり、1ヶ月に1回のペースで売買をしています。売買状況などをご紹介させて頂きます。売買に使っているのはくりつく365です。

3週間ほど前に仕掛けたポーランドズロチーユーロ円の異通貨両建ての状況です(過去記事:ポーランドズロチ円 異通貨両建てにて仕掛け)。両方のポジションでプラススワップポイントとなっているため、保有すればするほどスワップポイントが累積していくという気楽な環境で為替差益も増加しています。使っているのは、ポーランドズロチ円取引条件業界最強のくりっく365です。

1か月ほどまえまで含み益がでていたポーランドズロチ円とユーロ円の合成ポジションですが、昨年末くらいから崩れ始めています。そして、7年ぶりとでもいうべき「歴史的仕掛け時期」も近づいてきているようです。今回は、私が狙っているポイントをご紹介します。ポーランドズロチ円売買で使っているのは、低スプレッド・高スワップポイントの両方を備えたくりっく365です。

本日ポーランドズロチ円44万買いポジションを作成しています。今回もユーロ円売りポジションも同時に仕掛ける両建てポジションでの仕掛けです。使っているのは、ポーランドズロチ円スプレッド・スワップポイントともに最高条件のくりっく365です。

ポーランドズロチ円買いーユーロ円売りというポジションを8月に作って放ったらかしにしていました。参考記事:ポーランドズロチ円42万買い ヘッジにユーロ円売りです。たまに口座管理画面で状況をみてはいたのですが、4か月経過したので近況をまとめました。ポーランドズロチ円売買は、スプレッド・スワップポイントともに最強水準のくりっく365を使っています。

ポーランドズロチとユーロ円のサヤ取りポジションに利益が乗ってきました(過去記事:ポーランドズロチ円42万買い ヘッジにユーロ円売り?)。為替サヤ取り教室の応用形としての売買でもあるのですが、いつもながら利益の出方が面白いです。今回は、同じ新興国通貨との比較もしてみました。

ポーランドズロチ円42万を買いました。ポーランドズロチ円(PLNJPY EURPLN)による売買です。自作EAで動かしているMT4口座で新規ポジションが発生したので、くりっく365で新規ポジションを作成しMT4口座のポジションを決済して引き継いだ形にしています。

5月前半からEURPLNの上昇が始まっています。過去記事:ポーランド売りのときに保有しているEURPLN買いポジションの売買でも少しずつ利益が出始めています。そろそろ「ビックウェーブ」が発生するかもしれない時期に入ってきました。EURPLN売買で使っているのは、OANDAJAPANです。

本日、MT4で走らせているEURPLN(ユーロ・ポーランドズロチ)の自作EAにて1000通貨買いポジションが発生しています。EURPLN買いは、ユーロ買いのポーランドズロチ売りとなります。このタイミングに合わせて裁量トレードで10万通貨買いポジションの指値注文を出しておきました。使っているのは、72通貨ペアの取扱いがあるOANDAJAPANです。

ポーランドズロチ相場が落ち着き反転しそうな状況となってきました。ユーロ・ポーランドズロチ(EURPLN)売りポジションを昨日決済しています。暴落気味に下げたあと一休みとなり、反転する可能性が高まったための決済です。使っているのはOANDAJAPAN口座です。

ユーロ・ポーランドズロチの含み益が増加してきています。過去記事ユーロ・ズロチ(EURPLN)10万売りで作成したポジションで、そろそろポジション保有日数10日目になります。OANDAJAPANで保有中のポジションです。スワップポイントを受け取りながら値が動くのを待てるせいか気楽にできるのが良いところですね。

ポジション作成の仕方がわかりにくいようなので、今回は具体的に書かせていただきます。前回、大雑把に以下のような書き方をしました。EURPLNが上昇したら下げに向かって仕掛けるEURPLNが下落したら上げに向かって仕掛ける今回は、これらの2つの売買の具体的な両建てのやり方や特徴についてまとめてみました。

ポーランドズロチがユーロに対して良い感じで下げています。ポーランドズロチは、大きな値動きはユーロに連動する準ペッグ通貨です。大きく下落するようなときは、その反動が期待できます。その反動を利用したサヤ取りを定期的にやっているのですが、そろそろ次の仕掛けどきとなってきたようです。参考:ポーランドズロチ特集 なんでポーランドズロチなの?

ポーランドズロチ円のサヤ取りをやっているのですが、「なぜポーランドズロチを売買するのか?」とか「ポーランドズロチは危なくないのですか?」という質問をいただきます。今回は、先進国ではないのですが、安定度の高いポーランドズロチについてまとめています。

ポーランドズロチ円サヤ取りの新規ポジションを作成しました。今回は、「ズロチ円売り」となりスワップポイント支払となる両建ポジションとなります。長期保有するつもりはないので適度なところで利益確定できればと思っています。ポーランドズロチ円サヤ取りは、マイナー通貨では低スプレッド高スワップポイントの優位性のあるくりっく365を使用しています。ポーランドズロチ円はくりっく365が最強です

ポーランドズロチ円とユーロ円のサヤ取りポジションを作成しました。2分割予定での1本目となります。ポーランドズロチ円のサヤ取りは、初めて売買する通貨ペアでもあるため、中身を確認するのもかねて少し早目の仕掛けをしてみました。使っているのはくりっく365です。くりっく365はマイナー通貨が強い

ユーロ・ポーランドズロチ(EURPLN)用の自作EAを稼動させました。ユーロ・ポーランドズロチ(EURPLN)は、オアンダジャパンで提供されている通貨ペアです。値動きが素直でユーロ・フランのような限定された値動きをするためこれを利用した売買が出来るか試してみることにします。また、ポーランドズロチ円はくりっく365にて取扱いがあり好条件のスワップポイントが提示されている通貨ペアでもあります。

サイトマップ Copyright © 2019 お気楽FX 相場生活入門編 All Rights Reserved.