代用有価証券 マネーパートナーズFX

マネーパートナーズFX 代用有価証券

マネーパートナーズは株券を代用有価証券として証拠金にしたFXができます。私は長期保有前提のポジションをこの形で運用しています。。代用有価証券は株券を有効活用できる制度です。

 

 


マネーパートナーズ 代用証券運用記録

 

マネーパートナーズ 代用有価証券運用のメリット

 

マネーパートナーズの代用有価証券制度は以下の特徴があります。

 

  • 株式売却時手数料無料。担保中でも売却可能
  • 配当金・株主優待受取りも通常通り可能
  • 掛目70%でFX証拠金となりFX取引可能

 

ただ、ご注意いただきたいのは決済損失をだしたときに証拠金が現金部分だけで不足なときは株券も売却しないといけない部分です。短期売買で損きりもよく行う運用法で代用有価証券制度を利用する場合は、代用有価証券だけでなく損きり充当用の現金入金も必要となります。

 

私自身2014年よりこの制度を利用しています。FXで保有中のポジションは数年は保有する予定でスワップポイントが受取れるポジションです。株もFXも気長に上昇を待つものをこのマネーパートナーズの代用有価証券制度を利用したポジションとしてあります。配当金と僅かですが発生するスワップポイントを更に複利運用する形で有効利用していきます。

 

安定運用できるように、これからも少しづつ売買しながらやり方とルールをまとめていきます。

 

マネーパートナーズFX 詳細

マネーパートナーズ代用有価証券 保有株

 

参考:現在の代用有価証券保有株

 

銘柄

購入株価

保有株数

配当金

配当予定額

優待券

実質利回

総合メディカル (4775)

1212円

200

27.5円

5500円

16000

8.86%

各項目補足説明

 

  • 購入株価:私の購入株の買い平均値です。
  • 保有株数:保有している株数です。
  • 配当金:1株あたりの配当金です。
  • 配当予定額:実際に受取れる予定の配当額。計算式は配当金×保有株数
  • 優待券:株主優待券を金額換算したものです。
  • 実質利回:優待券も考慮した場合の購入株価に対する実際の利回り。計算式は(配当予定額+優待券)÷(購入株価×株数)

 

株主優待目的でも、長期間保有し続けることにより「配当増」などにより利回りが上昇していくことを確認するための参考資料です。

 

欲しい株主優待が無くなってきたので、2017年以降購入株は配当・優待優先から株価上昇期待の高い株にシフトしています。

開始初期の運用資産推移記録

 

開始数年の売買記録です。

 

売買事由

年月

記事

損益

損益累計

代用有価証券売却

2014年10月

丸和運輸機関売却

253,400円

253,400円

FX決済

2014年10月

直感により決済

1,463,250円

1,716,650円

FX決済

2014年11月

米ドル円売り

950,550円

2,667,200円

配当金受取

2014年12月

株式配当金FX増

58,889円

2,726,089円

FX決済

2014年12月

ちょこまか売買

80,266円

2,806,355円

FX決済

2015年2月

米ドル円買いポジション回転

451,105円

3,257,460円

FX決済

2015年3月

「ゴールデンウィーク天井」

704,610円

3,962,070円

代用有価証券売却

2015年5月

NTT・東京電力売却

833,100円

4,795,170円

FX決済

2015年6月

545,640円

5,340,810円

FX決済

2015年8月

597,270円

5,938,080円

 

こんな感じで売買をしています。株券をFXの代用有価証券とすることで、株式売買とFX売買の両方で利益を出す流れを作れているのが確認できるかと思います。

 

代用有価証券でFX マネーパートナーズ運用記録記事一覧

高スワップポイントlキャンペーン、3ヶ月めに突入しました。3ヶ月も続くということは、このキャンペーンがマネーパートナーズさんにとっても取引量増加に繋がるような良い影響が出ているのだと推測されます。もしかすると、あと数ヶ月継続の可能性もでてきました。そこで、この好環境を両建て運用で活用していくときの留意点についてまとめました。高スワップポイントと代用有価証券 マネーパートナーズFXキャンペーン8月末...

期待していたマネーパートナーズFXnanoの高スワップポイントの高スワップポイントキャンペーンの8月延長告知が遂に登場しています。スワップポイントサヤ取りで両建て運用していた方などにとっては相当な朗報ではないかと思います。このキャンペーンは、他FX口座への影響も大きいため、8月はFX業界全体で高水準のスワップポイントが期待できそうです。

2018年5月開始マネーパートナーズFXnano口座 強力スワップポイントキャンペーン詳細でも紹介させていただいた高スワップポイントキャンペーンの6月末までの延長が決まりました。口座保有者にはメールが届いているので、既にご存知の方も多いと思います。好評であれば延長はありそうだと思っていたのですが、期待通りの展開になってくれました。まだ5月ですので、6月末までは1ヶ月以上あります。このチャンス、有効...

マネーパートナーズFXnanoのスワップポイント祭りが熱いです。正確には「マネパ二刀流キャンペーン」という名前で取引高に応じて賞品やキャッシュバックもある内容になっています。スワップ派にとってうれしいのでがほぼ全主要通貨でダントツの最高水準で提供されているスワップポイントです。マネーパートナーズFXnano口座は、マネパカードと連携させて元手ゼロからのFX運用口座としても利用中です。

マネーパートナーズFXで始まった二刀流キャンペーン、スワップポイントが凄いんです。二刀流というのは「取引高」と「高スワップポイント」の意味合いになっているようです。取引高の入賞ハードルはちょっと高目な気がするのですが、高スワップポイントはどのユーザーにも恩恵がある有難い部分です。5月7日から始まったのですが、なかなか気合いの入ったスワップポイントが提供されているので紹介させていただきます。7月31...

FXで代用有価証券としている株が着実に上昇中です。ここで代用有価証券として保有中の株は、株主優待や高配当に魅力を感じて買ったものです。運がよかっただけなのですが、この上昇力は凄いです。高スワップポイントと代用有価証券 マネーパートナーズFX

マネーパートナーズFX口座は、証拠金として株券を充当できる制度をもっています。この制度を使って、数年前より長期保有株券をFX証拠金として運用を続けています。このやり方は、FXの売買益+スワップポイントの他に株価上昇による利益も狙えます。保有株の中には、長期保有しているせいか、結構大きく上昇する株もあります。今回も3倍まで上昇した株がでていますので、紹介させていただきます。

マネーパートナーズは、株券を代用有価証券としてFX取引に活用できる数少ない業者の一つでもあります。私もこの制度を活用して3年になります。1000万円で開始してから、最初の2年で株・FX合計で600万円くらいの利益を出しています(参考:マネーパートナーズ運用記録。その後も、配当金やスワップポイントなどで着実に増やすことが出来ています。ただ、メリットばかりではありませんので、ここで記事にまとめさせて頂...

FX取引をすると普段の買物のカード還元率がアップする。FX投資家ならだれもが想像したことがありそうなカードが遂に登場しました。マネーパートナーズのマネパカードです。12月末まではキャンペーンで更に有利になっています。マネーパートナーズは、株券有効活用の口座としても利用中です。

マネーパートナーズで新制度「キャッシュバックプログラム」が6月より始まっています。これは、証券口座も開設している方を対象としてFXの取引高と保有ポジションに応じてキャッシュバックをするという制度です。中身がかなり斬新ですので紹介させていただきます。

マネーパートナーズでFX証拠金としている株券を一部入れ替えました。JT200株を売却して東京電力1100株を購入しています。これで、この口座での東京電力保有は、1500株となりました。

ここのところ半自動売買の使い方の研究をしています。円高相場が一服して往来相場が続きそうなときに、余裕資金を使って利益を増やしていこうという発想です。マネーパートナーズnanoの連続注文もその一つです。連続注文は無料で使える半自動売買系注文であり、是非とも使いこなしていきたいと思っています。3月の売買状況についてまとめてみました。マネーパートナーズnanoでの連続注文運用は、代用有価証券で頂いた配当...

マネーパートナーズ口座での配当金受取額+連続注文の利益合計が20万円を超えてきました。本日は、この20万円で東京電力株を買っています。購入した株券も代用有価証券としてFX証拠金に充当していきます。小さな売買ですが、こういう事を繰り返していくことで、いずれ資産増加が加速していくことになります。地道ですが、ここからは資金を固定してFXと株のダブル運用の歯車を少しづつ回していきます。

円高相場で半自動売買的に使えそうな注文方法を探していたところ、マネーパートナーズの連続注文という機能をみつけたので試してみることにしました。マネーパートナーズは、株券を証拠金として使えるという特徴があり、私も2年くらい前より株券を預けたまま長期保有ポジション中心口座として利用しています。連続注文機能は、配当金の有効活用にも使えそうです。

FX運用用の代用有価証券としてあった株券の一部を売却しています。日本株もそろそろ天井感がでてきていて、そろそろ一休みしそうな気がするので現金部分を増やしておくつもりでいます。他の証券会社口座で新たに買っている株もあります。それらは、いずれマネーパートナーズ口座に代用有価証券として入庫する予定にしています。

現物株式売買の手数料を無料でやる小技をご紹介します。最初に申しあげておきますが、売買回数が多い方はこの方法を使わないでください。多頻度で利用されると証券会社の負担が大きくなり、これまで無料だった制度が改悪されてしまう恐れがあるためです。長期保有前提の株式投資をされている方向けということで記事を書かせていただきます。

マネーパートナーズ口座の米ドル円買いポジションに再び含み益が乗り始めました。本日一旦全ポジションを決済して含み益を現金に換えておきましたその後に、すぐに同数量買いポジションを作ったので、基本的状況は昨日と変わってはいません。。これは、株式市場で機関投資家がよくやるクロス取引の個人版のようなものです。これは株券担保でFXをやる場合に使える小技のようなものでもあります。

NTT株が活躍中です。マネーパートナーズFX口座に代用有価証券として入っているNTTが、買値から2割くらい上昇してきています。3月には、待ちに待った配当金権利も確定します。株とFXの両方を長期保有で増やしていく目的でやっている株とFXのハブリット運用の歯車が良い感じで回っています。

マネーパートナーズのFX証拠金で株を買いました。この株は、代用有価証券として掛目70%でFX証拠金としても活用していきます。株式ならではの配当金や株主優待も受け取りながらFX証拠金にもできる代用有価証券制度を活用するために必要な2つの手続きをまとめてみました。

円安対策ポジションをちょこちょこと増やしています。現在USDJPY10万買いという状況になっています。この間、買い値よりも10円ほど上昇したので10万米ドル円売り決済で一旦決済した後に買い直しのタイミングを狙っていたのですが、そのまま上昇し続けているため買い直す場所がなかなかなく恐る恐る買いポジションを増やしているところです。しかし、よく上がりますね。このまま更に大きく円安になってしまいそうな錯覚...

今年から始めた代用有価証券でのFXの最初の配当金を頂きました。過去記事ドクターシーラボ(4924) 実質配当利回り4.67%で購入した株の配当金です。マネパートナーズ口座で放置系ポジションを保有しながら余裕証拠金で株を購入して配当金などを受取り資金効率を上げていくという当初の目論見が動き出しました。高スワップポイントと代用有価証券 マネーパートナーズFX

円安デメリット対策として保有している米ドル円102円台の買いポジションがあります。この買いポジションの証拠金には株券を充ててあります。マネーパートナーズFX口座の代用有価証券制度を利用しているのですが、その保有株のひとつ丸和運輸機関株を金曜日と月曜日の2日にかけて売却しました。暫く保有するつもりだったのですが、ちょいと不安な要素があったので念のために利益確定しています。

代用有価証券でポジション保有したままにしてあるマネーパートナーズFXの資産の含み益が250万円まであと一歩のところまで増加してきました。日本の長期円安傾向デメリット対策ととして始めたこの運用ですが、円安による日本円資産の目減りを補うという当初想定した役割を果たしてくれています。マネーパートナーズ 代用有価証券FX

代用有価証券運用をしているマネーパートナーズの口座状況です。今のところ好調に推移していて、代用有価証券・FXポジションともに含み益となっています。来月9月はこの代用有価証券運用の楽しみが到来する月です。配当金と株主優待の権利確定月なのです。このままいってくれるといいんですけどねぇ。

FX証拠金の含み益が増加中です。この口座は、FX証拠金で株式購入し代用有価証券として運用しています。この代用有価証券でのFX運用はSBI証券(SBIFXではなくSBI証券)ととマネーパートナーズFXの3社ででlきます。私が使っているのはマネーパートナーズFXです。マネーパートナーズ 代用有価証券FX

本日マネーパートナーズの代用有価証券用にドクターシーラボ(4924)株を購入しました。ドクターシーラボ(4924)は、配当金が高いだけでなく、株主優待も魅力的な会社です。購入したドクターシーラボ(4924)株は、そのまま代用有価証券に入り、マネーパートナーズのFX用証拠金に充当されます。高スワップポイントと代用有価証券 マネーパートナーズFX

マネーパートナーズは、株券を担保にしてFXが出来る数少ない業者のひとつです。一般に代用有価証券制度と言われているのですが、仕組みがちょっと変わっています。信用取引と似ているけどちょっと違うFX業者によって代用有価証券制度の中身が違う株式投資で代用有価証券での信用取引の経験があっても、代用有価証券でのFX運用には戸惑うことがあります。ここでは、株券担保の代用有価証券でFXをやる場合に注意すべき事項を...

長期保有前提の株式をいくらか保有しているのですが、いろんな証券会社に分散しています。どこかに集約したいと考えているところでした。ついでに、その株券を代用有価証券の形でFX運用をできる先も探していてマネーパートナーズを使うことに決めました。マネーパートナーズ 代用有価証券FXマネーパートナーズの代用有価証券制度は、昔はいろいろと使いにくい部分があったのですがいろんなところが改善されていました。

昨日、マネーパートナーズFXで米ドル円買いポジションを作成しました。自分の日本円資産防衛のための円安対策です。貿易収支悪化が定着しつつある現状を直視すると長期での円安傾向定着の可能性が濃厚となったと判断したので対策を打つことにしました。この買いポジションは、今後の状況次第では、そのまま外貨両替をして保有する予定にしています。この売買にはマネーパートナーズFXを使っています。マネーパートナーズFXは...

サイトマップ Copyright © 2019 お気楽FX 相場生活入門編 All Rights Reserved.