株式サヤ取り・IPOブログ

株式投資とIPO取組についてまとめてあります。株式投資は株式サヤ取りが中心です。株式サヤ取りは、栗山先生の株式サヤ取り教室をお手本にしています。FXでもサヤ取りをしており、レポートとしてまとめてあります。

 

為替サヤ取り教室タイアッププレゼント中

株式投資記事記事一覧

2018年IPO方針妻と私の2名で行う使う口座はマネックス証券IPOは、たまたま当たったことがあるのですがそれ以降良いものは全然当たっていません。口座を沢山増やしてやった時期もあるのですが、上がりそうな人気の高い銘柄をあてることはできませんでした。でも、IPOは手堅く儲ける手段であるということは間違いありません。あまり口座数が多いと、「疲れてしまう」という弊害もあることもわかりました。沢山のIPO...

米国株の運用カテゴリーです。今後の日本経済と米国経済の状況を考慮してやっています。米国株売買にはマネックス証券とSBI証券の2社を使っています。マネックス証券は手数料が安いことがメリット、SBI証券は取扱い銘柄や情報が充実しているというメリットがあり、使い分けています。長期円安傾向・米国経済は長期的には成長傾向続くという2つの傾向を合わせて考えると、米国株保有によって2つの効果が見込めます。私の米...

NISA口座を2014年より夫婦で開設しています。2016年からは息子のジュニアNISA枠も活用しています。投資の基本は、米国株投資による「高配当+株価上昇」狙いです。私がNISAで使っているのは、SBI証券です。外国株でも取扱い銘柄が多いのがSBI証券のメリットでもあります。

マネーパートナーズには、「パートナーズFX」と「パートナーズFX nano口座」の2種類があります。この2つは、強力な約定力は共通するものの、いくつかの違いがあります。100通貨売買が可能で小回りが効くのがパートナーズFX nano口座です。初心者や外貨旅行向け外貨運用をお考えの方におすすめできる口座です。

立会外分売に関する記事です。私のルール基本一口座(人気がなく利益が出ないときほど数口座よく当たる。1口座に絞ってやる)。2017年7月20日 追記立会外分売には、業績かさ上げなど手を出すべきでないものもある。そこで基準を「指定替え予定銘柄狙い」とすることにした。暫定的基準を以下に定める。立会外分売を通して「指定替え予定企業を探す」形で投資する企業を見つける。株式分割実施:コーポレートアクション欄で...

TOPへ