裁量トレードと自動売買 裁量トレードの方が優秀に見える理由

裁量トレードと自動売買 裁量トレードの方が優秀に見える理由 MT4EA作成編第35回

今回は、裁量トレードと自動売買のメリットデメリットを整理しておきます。あくまで、裁量トレード中心でやってきた人間からの視点ですが、少しは参考になる部分があればと思います。

見た目は裁量トレードの方が優秀

自動売買のプログラムに真剣に取り組み始めたのは2年ほど前からです。一方、私の裁量トレード歴はもう25年以上になります。自動売買での比較でみると裁量トレードには以下の有利な部分があると感じます。

 

裁量トレードの有利な部分

 

  • 利大損小で高勝率の売買ができる。
  • 損きりも迅速
  • 利益を大きく伸ばせる。
  • 苦手な時期には休める。

 

ここで言う裁量トレードとは、私が20年以上やっているサヤすべり取りの場合です。サヤすべり取りは、基礎部分を亀千人投資術にまとめてあります。

 

参考:亀千人投資術 詳細

 

姉妹運用法でもある「うねり取り」や「リズム取り」などでも同じような傾向があるだろうと思います。

 

メリットだけ並べると裁量トレードのほうが優秀で儲かるような気がしますね。

 

実際、勝率やPF(プロフィットファクター)など表向きの数値だけで見れば、裁量トレードのほうが自動売買よりも優秀な成績が出せます。例えば、「利大損小で高勝率のトレード」を自動売買で長期に渡り実現するのは不可能に近いのですが、裁量トレードではそれができます。

 

これは、自動売買では利益大きく損失少ない「利大損小」EAを作ると売買回数1000回以上のバックテスト結果では、リスクとリターンの原則がそのまま反映してしまうため勝率は基本的に50%を割り込んでしまうためです。

 

なかには30%台というのも珍しくありません。

 

でも、裁量トレードではそこまでは悪化しません。技術を磨いていくことで利大損小の売買でも高勝率を維持していくことは十分可能です。「迅速な損きり」「利益を伸ばす」ということも、技術を磨いていくことで裁量トレードのほうが良い成績がだせるようになっていきます。

 

でも、利益額が裁量トレードのほうがよくなるという訳ではないのです。

 

ここ重要です。

 

利益大きめの売買が出来るんだったら利益額だって当然大きくなると考えるのが普通ですよね。でも、その結論をだすのは早計なのです。

 

まず、売買回数が違いがあります。

 

運用技術を磨き続ければ、裁量トレードは自動売買を超えるといえるかもしれません。でも、これはあくまで表向きの数値だけの話です。自動売買の真骨頂はここにはないからです。表向きの数値だけで自動売買を語ることは出来ません。

自動売買の真骨頂

自動売買と裁量トレードでは、利益の取り方が全く違います。FXでとる利益には2種類あると考えることもできます。

 

  • 確実なところを中心に効率よく取る利益
  • ダマシものみこみ売買回数で確率と優位性で稼ぐ利益

 

前者が裁量トレードが得意とする利益の取り方であり、後者が自動売買が得意とする利益の取り方です。

 

裁量トレードと自動売買では売買回数が全く違うものになります。裁量トレードでは、「ダマシ」と感じるような値動きではポジションを作らないケースも多いのですが、自動売買ではプログラムされたルールに該当する場合はダマシなど気にせずにポジションを作っていきます。

 

ダマシのようで利益になることもよくある訳で、自動売買はそういう売買回数をこなしていくことで利益を積み上げていきます。

 

裁量トレードは、ダマシくさいところいは休んだりしながら、効率よく売買ができる反面、売買回数をこなすことで得られる利益を取り損なっているとも言えます。

 

なので、一定期間のトータル利益額でみると自動売買のほうが稼ぐ可能性は高いという気がします。この辺は、2年後くらいをメドに自動売買と裁量トレードの運用資産を同じにして実験してみたいと思っています。

感情の波に左右されないメリット

裁量トレードは、「感情の波」からは逃れられません。例えば家族に不幸があったり、仕事や恋愛関係のこじれなどFXに関係のないことでも裁量トレードには微妙な影響を与えることがあります。

 

そんなバカなと思うかもしれませんが、後で売買を見直して変な売買をしているときは、精神的に不安定なときがあるものです。こういう時は、大損することも多くなります。これは、裁量トレードで成功するための重要事項として「健康管理」「生活習慣」「精神面を鍛える」ことが挙げられるゆえんでもあります。

 

自動売買は、当然のことながら全くといってよいほど影響を受けません。システムの不具合というものはあるものの、良いEAを選びルールどおりにやる限りにおいては想定以上の大損をすることはまずありません。

両方を使うことで手間無く安定した利益を狙う

私の裁量トレードは、もともと実践時間は一日一分という短時間です。

 

でも、先ほども書いた裁量トレードのデメリットの影響は今でも少なからず受けます。

 

今後は、自動売買も加えていくことで、より安定した運用をしていけるのではないかと期待しているところです。

 

さて、この連載もそろそろ最終回です。

 

最後は自動売買をこれから始めようとする方に一番大事かもしれないことを書かせていただきます。少し、私の苦労談にお付き合い下さいませ。

 

数でこなす自動売買、質でこなす裁量トレード、両方を使いこなすことで全体の運用を安定させていきたいと思っています。

 

MT4EA作成編目次

EAを手軽につくるやり方をまとめました。

 

MT4 自動売買関連記事まとめページへ戻る

2014/07/31 08:16:31
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック