為替相場の崩れに警戒 念のための売りポジション

豪ドル円・米ドル円ともにさらに崩れそうな感じが出てきています。警戒のため、8万通貨の売りポジションを入れています。

 

リピート系自動売買口座「トライオートFX」「ループイフダン」の両方で入れているのですが、記事を分けずに一つでまとめさせていただきます。

 

どちらの口座も、自動売買「買い」を主力としながら時折手動売買での「売り」を入れることで安定した運用を続けています。

【手動売買】豪ドル円売り8万通貨(トライオート5万+ループイフダン3万) 

 

トライオートFX口座 豪ドル円5万通貨売り

 

トライオートFX ループイフダン 豪ドル円売り

 

ループイフダン口座 豪ドル円3万通貨売り

 

トライオートFX ループイフダン 豪ドル円売り 2

 

合計8万通貨の豪ドル円売りポジションです。

 

2週間ほど前まで、米ドル円・豪ドル円ともに良い感じで上昇していました。

 

どこまで伸びていくかを見ていたのですが、それほど伸びません。

 

それも、そのはずなんですよね。

 

豪ドルは利下げに続き「追加利下げ」の可能性もでてきています。

 

中国に大きく依存する経済も低迷気味で推移しているので、追加利下げの可能性は高いです。

 

豪ドル円の高金利通貨という魅力も薄くなっている(現状ほどない?)ので、大きく買い上げられる材料が減っています。

 

値動き的にも弱いままなので、私としては今後も弱目に推移するだろうとみています。

 

先進国で断トツの高金利通貨となっている米ドルもトランプさんの「金利低下圧力」に加えて、実体経済の悪化がそろそろ始まりそうです。

 

実際に金利低下となってくれば、米ドル円も円高気味に推移せざるをえない気がします。

 

とはいっても、米国・豪国ともに深刻な状況ではないので、下げても大きくはならないだろうとみています。

 

私としては、ここで豪ドル円売りポジションを入れておいて、当面の不安定な値動きに対応しておく方針です。

 

今後大きく崩れる局面があれば、この売りポジションの利益確定をします。

 

不安定な時期ではありますが、利益を上乗せするチャンスにしておきたいところです。

 

私のリピート系自動売買主力口座です。設定自由度の高さが大きな魅力です。

 

 

ループイフダンは、2018年度80%の方が資産を増やしています。

 

 

トライオートFXの関連ページ

 

トライオートFX運用の主要ページ

 

 

ループイフダン運用の主要ページ

 

ループイフダンの特徴など

 

 

サイト内他記事

 

2019/10/04


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2500回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ